スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暑い夏を吹き飛ばせ!!夏の大型アップデート!!

こんにちは。


お久しぶりです。


台風による降雨が連日続いたかと思えば、本日のように暑く過ごしにくい日曜日。


そんな日は部屋で冷房を付けて、ゲームに限りますね!☆


各種オンラインゲームでは、夏の大型アップデートの告知、実装により盛り上がりを見せる、7月中旬。


私がプレイしている、メイプルストーリーや黒い砂漠でも大型アップデートで盛り上がりを見せております。



メイプルぶろぐ413


メイプルストーリーでは「クロスアップデート」と称し、ユーザーからの意見を多くゲーム中に反映させていくものにするとか。


すでに現在までに寄せられているモノの中から随時、実装されていくようです。


ただこれまで夏休み前のメイプルストーリーにおける大型アップデートでは「新職祭りだ!やっほい!」とかやってたのが、こうも落ち着いたアップデートを持ってくるのは拍子抜け・・・。


「降魔の十字旅団」や「フレンズストーリー」なども改変されていくみたいですから、既存コンテンツに満足いっていないプレイヤーには楽しみなのだろうか。



以前記事にした「ザ・シード」の難易度も緩和されたり、システム面でも「キャラクースロット追加」などの変更もあったようですが、


これを大型アップデートと呼んでいいのか・・・。


これからもまだまだユーザーの意見を取り入れていくのだろうか・・・だったらレベルアップの緩和をしていただきたい・・・。


私のモチベーションが下がり気味なのも、このレベルアップの壁なわけだが、ぜひとも必要経験値を下げて欲しい。


この手の「プレイヤーの意見大事にするよ!だからあんまり愚痴言うなよ?な?」みたいなアップデートって、どこまで要望を汲み取るか、これによって是非が決まるわけですが、


世界大戦大敗後のドイツ並にインフレしたゲーム内通貨やら、もはや火力(課金)が前提クエストになっているボス、等々。


シビアなところですが、せっかく「プレイヤーの意見を聞く!」と銘打っているわけですがから、このへんの普段触りにくいところまでテコ入れをしてくださると好感が持てますね。


メイプルぶろぐ1


大型アップデートの割には、イベントも派手なものではなくゆっくりと自分のやりたいことを消化できそうな、夏のメイプルライフになりそうですので・・・


私もモチベーションを上げるため、目標を立てて置かないと・・・



・クリティアスに美味しい狩場があるらしいので前提クエストを進める。

・140装備(愛用中)を能力そのままで、160装備に変えることができるシステムがあるらしい。

・経験値2倍イベント・サクサクチケット販売があるらしいから200レベルを真剣に考える。




っと、どれもギルドの方から教えていただいた情報ですが、頑張りたいところ。


私的に思うに、こういう美味しい狩場の情報や、強化システムに直結する情報なんかも、システム的に案内できるようなものが欲しいですね。


ここまで、あたかもプレイしているかのように記事を書いてますが、「放置」しかしていません(´・ω・`)


復帰して戻ってきたお友達も何人かいらっしゃったりするのですが、未だ会えず。


過去ログ・チャットを見返すと、拡声器や内緒やらがあったりするのですが・・・うーん。




・・・




・・・




・・・



さて、メイプルも大型アップデートで盛り上がっていますが、黒い砂漠も負けていません。


新規クラスの追加、またメディア地方の追加。


さらに各種便利システムの追加、システムの変更などなど、盛りだくさん。


黒い砂漠1


私も15日に実装された、新規クラス「ツバキ」を堪能しています。


すでに以前のカンストレベル50に達し、現在のカンストレベル「55」を目指そうかなぁ、と考えているところです。


「ツバキ」の感想等はまた次回にさせていただきますが、結構楽しんでいます。


リトルサマナーよりは攻撃アクションの連携というかコンボがなくて戸惑ってはおりますが、二刀流モードなんかはほぼ無敵状態でサクサク敵が狩れる爽快感はいいですね。



また新しく追加されたマップですが、昨日初めて訪れましたが・・・


広い・・・ただ広い・・・、本当にそれだけだ。


本日より少しずつ散策していこうかなぁ。


現在、馬の調教師として広大なマップを走り回っているので、今回のオートランの経路設定やニンジンの自動化などは嬉しい仕様変更。


交配したときに次世代のお馬さんが生まれる確率も上がったとかで、馬のレベル上げにもやる気が出てきます。


くろさば16


またニコ生で発表されたらしい、「浴衣アバター」の実装も楽しみです。


韓国から直接輸入されていた、お世辞にもセンスが良いとはいえないアバターとは違い、こちらは日本独自のアバター。


いつくるのか・・・待ち遠しい。




・・・




・・・




・・・




さてはて。


簡易ではありますが、今日はこのへんで。


最近は自炊しているので、いまから夕飯の支度です。


先月、外食、コンビニや惣菜だと食費がバカにならないことがわかりました。


今流行の料理男子です。


フライパン振ってると、「一生独り身のほうが楽だよなぁ」と感慨にふけることが多々ある。


そんな物思いに今日も浸りながら、ジャガイモの皮を剥くんだろう。


またね!
[ 2015/07/19 17:00 ] ブログ | TB(0) | CM(1)

パソコンを買いに秋葉原へ!!「メ、メイプルできるパソコンってありますか・・・?」

こんにちは。


しばらく更新するのが億劫になっていました、こんにちは。


時間も余裕のある土曜日なので更新がんばります(´・ω・`)



と、いってもここ数日、メイプルストーリーのほうでは前回更新よりとくに目新しい活動はしていないので・・・ネタがないです。


そもそも釣りしかしていない気がするぞ。


約1ヶ月半、毎日のように釣りをしてきた私ですが、なんとか性向タイトル「カリスマ」・「洞察力」の2つがレベル100になりました


なんだか感慨深いものがありますが、1日の釣り放置時間の平均が12時間程度。


それが50日続けているとすれば・・・600時間もパソコンつけっぱなし・・・。


電気代を口座引き落としにしている私は先月、今月と引き落とされているのだろう・・・。


メイプルぶろぐ412


先日、「ザ・シード」の記事を挙げているので、私自身シードにてその鮮やかなプレイヤースキルを駆使して、ランキング上位を狙いたいところですが、


いかんせんやる気が湧かなくなってきています。


だって・・・忍耐が・・・忍耐が・・・。


レベルアップのほうも200レベルを目指して狩りはしようと思ってはいますが・・・なかなか意欲が出てこない・・・。


あと5レベルなのに・・・


ポイントショップでインナーアビリティの開放ができるアイテムが売られており、開放すれば私のキャラクターの秘められた力が開放されるのでしょうけど、


果たして6000円近く払って、開放したところで私はどのくらい今のキャラクターに愛着を持ってプレイが出来るのだろう・・・


などと考えていると課金も渋ってしまっている・・・。


これはダメな循環だ・・・これはだめなやつだ・・・これは飽きるヤツだ・・・。


わかるぞ、私にはわかるぞ・・・この感じ・・・


・・・原因を考えてみよう。




・・・



・・・



・・・



そうだ、狩りにしろ、なんかコンテンツで遊ぶにしろ・・・


今の私のパソコンでは「◯◯しながらメイプル!」ができなくなってきている。




ながらメイプル】意味:メイプルストーリーをプレイしつつ、他の作業をすることの意。

例:①希志あいののAVを見ながら、メイプルで狩りをする。

例:②エロゲをオートモードで進めながら、メイプルをする。







そうなんだ・・・。


たしかにそうだ・・・。


横スクロールで操作もカンタンなメイプルストーリーにおいて、そこに魅力は詰まっているとはいえど、


レベルアップにおける狩りはいつしか単調な作業と化している。


それ故、この作業からの脱却のために違うことで気を紛らわせながら、狩りをするわけである


だが、私の10年間使い続けてきたパーソナルコンピュータもそろそろ複数のタスクを同時に処理することができなくなってきている。


エロゲくらいならなんとかなるが・・・


これがニコニコ動画とか動画サイト見ながらはちょっときつくなってきている。


ながら作業


もはや、メイプルストーリーのメインプレイの1つである「狩り」で、


平行して大人のサイトで動画見ながらプレイしようとしている時点で私の底が知れてしまっているのだが!!


メイプルストーリーは「狩り」だけじゃないと思うんだ。


そりゃ私も友達やギルドの人とボスやクエストをするときはメイプルストーリーしか開いてないからな。


たまにエロゲしてるときもあるけど、たまにだ!



そんなメイプルストーリーにおいて「ながら作業」をするためにいろいろ駆使してみた。


これでも数年前は、メイプルストーリー開きながら、モンスターハンターフロンティアでガツガツ狩れてたんだ。


それなり私のデスクトップパソコンはデキる子のはずなんだ。


とりあえず、余計なファイルが多くありすぎると思うんだ。


やらなくなったエロゲとかはアンインストールだ、オラオラオラオラ。


80ギガもエロゲが入ってるなんて誰にも言えない。


しかしあまり改善されない、私のパソコン。


ディスククリーンアップやら最適化やら、なぞのログを消してたりするものの、


正直ちょっと軽くなったかも、くらいの感覚なので・・・


なんだかめんどくさくなってきたわたしは・・・




秋葉原にパソコンを買いに行った。






・・・





・・・





・・・




今日は千紀さんが秋葉原にパソコンを買いに行った模様をお送りするぞ。



・・・




・・・




・・・




さて、ここは秋葉原。


この街には個性豊かな人たちが集まる。


電気関連のもの、ことパソコン関連のものを購入しようと思ったら、日本で最もモノが集まっているところだ。


そんなわけで私は約1年ぶりに秋葉原にやってきた。


以前はよく18禁PCゲームを買いに来ていたが、最近はプレイする量も減り、通販で済ませたりすることも多く、お店で買うことが無くなっていた。


というか、最近は面白いモノがでないのが原因ですっかり飽きてしまった感が否めない。


そんな話は置いておいて・・・


秋葉原 ガイドブック


実は、以前記事にてゲーム用のパソコンの購入を考えていたがことを記事にしたものの、


・・・半分冗談だった。


ドスパラやパソコン工房、G-TUNEなどオーダーメイドのパソコンを販売するメーカーサイトにて、いろいろカスタマイズをしていたが、


やっぱりハードの知識などニワカで素人の私が組んだところで、ほんとにこんなのでいいのか、という不安がつきまとう。


数十万円の買い物を通販で済ませてしまう、もし間違えでもしたら・・・


という不安がつきまとい結局、そのときは購入を見送った。


だが、いま秋葉原の地に足をつけている私は本気だ、本気でパソコンを買いに来た。


実際にオーダーメイドパソコン販売をするメーカーが店舗を構える秋葉原へとやってきた。


やっぱり直に店員さんの話を聞いて吟味したいところだ。


今回は数あるゲーム用パソコンを販売するメーカーの中から、「ドスパラ」を選択した。


理由はサイトで同じ性能で見積もりをとった際に「安い」というのが決め手だった。


あとはサイトデザインなどの工夫に好感を持てたのもひとつ。


ネットで評判なんかを聞いていると「壊れやすいwwww」、「ここで買う奴は無知ワロスwww」など散々なことを書かれているが、


とりあえず目を背けることにした。


正直どのメーカーの2ちゃんねるのスレッドを見ていても同じことを書かれているので・・・レビューが参考にならなかった、というのが正しい・・・。


さて、ここからは実際に私が秋葉原のドスパラの店舗にてパソコンを購入するまでをリアルタイムで表記する。


注意: ()の中は私の心の叫び

ドスパラ 秋葉原


やってきたのは、秋葉原に店舗を置く「ドスパラ 本店」。


秋葉原の駅から、迷わず来れば徒歩5分程度。


実は駅から順当に来ると、おそらく先に本店ではなく「パーツ館」が見えてくる。


わざわざ店の「◯◯館」などの看板を見ない私はいきなりパーツ館に入店していた。


こういったお店にくるのは始めてなので、なんだかよくわからない高揚感と、


俺はお前らにだまされないからな!」、「俺は自作PCマスターだぞ?」みたいな空気をまとい、店内を見て回る私。


てっきり入店したら、店員さんが手もみしながら擦り寄ってくるのかと思えばそんなことはない。


このパソコンショップの店員という生物は、店内をグルグル回り、客とすれ違うと小さい声で「いらっしゃいませ・・・」と言う。


とくに「今日はなにをお探しでしょうか」などと声をかけてこない・・・。


そして「パーツ館」に入店していることも知らない私は、



(・・・ここはパソコン本体は置いてないのか・・・?・・・俺には一から組み立てるとかムリっすよ・・・)



だが、「パソコンマスター」のオーラをまとう私は店員さんに「ええっと・・・本体は売ってないんですか・・・?」とか聞けない。


とりあえずグルグル店内を見て回ると、「本館はこちらから!」という通路を見つける。



(そうか!ここはパーツ館なのか。本館で本体が売ってるのか!探せばあるじゃねえか!)



周りは連れできているお客さんが多く、専門的な会話が飛び交い、盗み聞きをしてもよくわからない。


とてつもない取り残されている感が襲う、パーツ館。


そんな思いから一刻も早く立ち去りたく、意気揚々と本館へ行こうとする前に、足を止める。



(・・・待て!・・・もし・・・もしもだ・・・俺がパーツ館から本館へ入店したところを・・・本館の店員に見られたとしよう。)



(・・・店員はこう思うんじゃないだろうか。「コイツはできるやつだ」、と。)



(たしかに私はこうして「パソコンマスター」のオーラもまとい、パーツ館から入店してくれば・・・さらに箔がつく・・・)



(・・・しかし・・・しかしだ。私はおそらく・・・たぶん・・・いや必ず・・・最終的に店員さんに救いの手を求めるだろう・・・)


(そんなときにだ、店員はなんと思うだろう・・・「こいつwwwwwパーツ館からきたクセにニワカ野郎かよwwww」と思うんじゃないだろうか・・・。)


(そうだ、そう思うに決まっている・・・。そして素人だからきっと足元見られて変なもの買わされるかもしれない・・・。)



(ここはプライドを捨てて、本館の入り口から入店するのが正解な気がする・・・。正直者にはきっと真摯に対応してくれるはずだ・・・。)



そんな見栄とプライドの葛藤を心のなかでした私は一旦パーツ館を退店し、隣にあるパソコン本体を販売する「本館」の入り口に足を運ぶ。


すごい・・・。


これはすごい量のパソコンが並んでいる・・・。


ドスパラ


入店すれば、並ぶのはほとんどがゲーム用パソコン。


やっぱりネットで見るより、実物を見ながら吟味できるほうが安心できる・・・。


それにしてもこんなに大きいのか・・・。


私が今使っているデスクトップよりもさらに一回り大きい・・・、やはり性能の良さは大きさに出るのか・・・。


ゲーム用パソコンの販売だけあって、


推奨パソコンとして置いてあるパソコンが多くある。


「ファンタシースターオンライン」や「ファイナルファンタジー」、さらには「黒い砂漠」。


私の現状のパソコンではプレイができないようなスペックを要求されるゲームの動作を保証するパソコンが並ぶ。


とてもじゃないが、


「メイプルストーリーが快適にできるパソコン探してます。」なんて言える雰囲気じゃないぞ。


そんなこと言ったら、


隣のソフマップで安いパソコン買ってこいやカスがwwww」とか言われそうだ。


とりあえず店員には足元見られないように「パソコンマスター」とはいかずとも、そこそこデキるオーラを出しておこう。


オーラもとい個々人を形成する雰囲気というのは行動に出る。


ゆえに私は、見ても大してわからない性能表をあたかもわかってるような顔をしながら見る作戦に出よう!




(・・・あぁ・・・なるほどね・・・こ、これはこんな感じなんだ・・・へぇー・・・ふ、ふーん、ま、まぁ、そこそこだよね・・・。うん)



こんなことを並ぶパソコン一台一台にして、「俺につまらねえもんを買わせるんじゃねえぞ」オーラを身にまとう。


見てわかってきたのが、どのパソコンにもCPUはインテルのi7を必ず積んでいたり、グラフィックボードは900台など性能はかなり良さそうなものばかり・・・。


繰り返すが私はパソコンのハードの知識は殆ど無い。


グラフィックボードの、GTX970と980の性能の違いがどのくらいあるのか・・・どっちも同じじゃねえの・・・。


そんな格闘をすること1時間。


ここまで店員とは一切会話なし。パーツ館同様、店員からのアクションはない。


そろそろ見飽きてきた。


このへんで救いの手を・・・求めるべきだろう・・・。


でもなんて声をかければいいんだ・・・?


この声の掛け方がすべてを決めると言っても過言ではないはずだ・・・。


いかに店員に「この客は…デキる…きっと変なもの買わせたらクレームつけてくるぞ…」みたいな感じが理想だ。


当然だ、並んでるのは15万円超えてるモノばかりだ・・・ここでこっちが店員のペースに飲まれてしまっては・・・


積極


(・・・そもそもだ・・・。ここは「普通」、「日常」とは切り離されている空間、秋葉原だっ!)


(だから店員も私に声をかけてこない・・・いや単にコミュしょ・・・いや、違う、ここは異次元空間!)


(とりあえず第一声は・・・スマートに!「あ、このお客さんはパソコン知識ある人だ!」と思わせるようなヤツだ!)





・・・そんなセリフあるのか・・・。


とりあえず、「グラボ重視で見てるんですけどオススメってありますか?」とか・・・か?なんかイケてるぞ・・・。


いや、しかしグラボがそもそも具体的になにがよくてどんなものなのかすらあやふやな私は店員の返しに答えられる自信がない。


「グラボは何しようか検討はついてますか?」とかきたらアウトだ、アウト。


そもそもだ。


よく見る、「GT-X970」。これはなんて読めばいいんだ?


「じーてぃー えっくす きゅうひゃくななじゅう」なのか、それとも「じーてぃー えっくす きゅう なな まる 」なのか?


たぶん読み方間違えたら顔真っ赤は必須だ・・・。


グラボで声をかけるのはやめよう。


いや、そもそもゲーム用パソコン売ってんだからやりたいゲームをもとに声をかければいいんだろ?


メイプルストーリー・・・?だめだろ・・・恥ずかしくて言えねえよ。


でも家電量販店で買うようなパソコンじゃなくてゲーム用のパソコンでサクサクとメイプルはやりたいのだ。


正直、CPUもグラフィックボードもメモリもそんなに必要じゃないから・・・


そこはたぶん恥ずかしくても・・・正直に伝えるべきところなんだろう・・・。


メイプルストーリー・・・たしかにこんな大人がプレイしているよ宣言は恥ずかしい物があるが・・・


そこは恥を忍んで店員さんにちゃんと見合ったパソコンを組んでもらうのがいいはずだ!



だからメイプルストーリーが快適に出来るようなパソコンってどんなものになるんでしょうか。と聞けばいいんだ。



そうだ、どうせ購入してしまえば一生会わないんだ。


よし、声をかけよう。


ちょうど店員さんも近くにきたし・・・。







ぼく  「・・・あの!!



店員  「はい、いらっしゃいませ。どうかしましたか?



ぼく  「パソコンをドスパラさんで購入しようと思ってまして・・・



店員  「ありがとうございます!どういったものをお探しでしょうか?







よし、言うぞ!





メイプルストーリーができるパソコンを探してるって!!










ぼく  「・・・えっと、”黒い砂漠”ができるデスクトップパソコンを!!



黒い砂漠



私には言えなかったよ。


恥とか捨てようと思ったけどムリだよ。


いい年こいた大人が「ぷるぷる」言えねえよ。



思わず「黒い砂漠」って言ってしまったよ。


そして実際に推奨スペックを積んでいるパソコンを紹介してくれ、さらにおすすめのカスタマイズも目の前で組んでくれる。


そして出てきた金額が・・・



23万っ!!!( ´゚д゚`)!!



いやいやいやいやいやいや・・・。


見栄はった私も悪いけどさ、ムリだよ、買わねえよ?


さすがに予算オーバーだよ。




5万円程度で済ませようと思ってた人間だよ?いきなり4倍?5倍の値段とかムリだよ。


そりゃ、たしかに黒い砂漠は興味あるよ?やってみたいよ?


でもさ、そこまでどうしてもやりたいほどじゃねえよ?モニター一緒に買ったら25万だよ?


そこで一生懸命カスタマイズしてくれた店員さんに一声。



ぼく  「・・・ちょ、ちょっと高い・・・かな・・・?じゅ,15万くらいにならないっすかね・・・?



店員  「そうですね、黒い砂漠ってMMOの中で一番スペック要求されるんですよ。最高画質の環境でプレイするとなると・・・このへんは外せませんね。



ぼく  「・・・へ、へぇ・・・。まだプレイもしたことないですし・・・どのくらいのめり込めるかもわからないので・・・



店員  「ではグラフィックボードのランクを下げましょうか?





ここからせっかく店員さんがカスタマイズしてくれたものをはがしにかかる私。



ぼく  「そうですね。あと電源もこの標準のモデルにして、CPUもランク下げてもらって・・・



店員  「あ・・・はい・・・。





表示された値段は17万円・・・。


よしこれならなんとかいけるぞ。(錯乱中)






店員  「このスペックですと最高画質でプレイすることは難しいかもしれませんが、ハイ~ノーマルでしたらプレイできるはずです。


ぼく  「そうなんですね。このゲームそんなにすごいんですか・・・?


店員  「そうですね、私はテストサーバーのときからプレイしてたんですけどね、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ


店員  「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・レベルが上がると進める沼地のエリアがあるんですけどね?そこの水面の表現ですとか・・・



店員  「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・私はもう少しでレベルがカンストするんですけど・・・ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・・



店員  「レベルがカンストすると侵攻戦に参加できるようになってですね、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・



店員  「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ・・・っと思うわけですよ。



店員  「だから私はせっかくやるなら最高の環境でやってほしいと思うんです。



ぼく  「・・・え?あ、はい。



熱弁2



と、ひたすら店員さんの黒い砂漠にかける思いを聞く私。


そうか、ドスパラってこういう店なのか・・・こういう店員さんしかいないのか・・・。


こいつらみんなネトゲやってるんだよな・・・。


結局、CPUは最新のものを積み、グラフィックボードは2つランク下げたもの、そこにSSD250GBを積んだり、冷却ファン等などのカスタマイズを施し、17万円のデスクトップが出来上がった。


さらにせっかくだし、大きめのモニターがほしいということで24型のゲーム用のモニターも同時に購入することにした。


なんだかんだで20万円もかかってしまっているが、まぁこんなもんだろう。


そんなわけで会計を済ませ、私のメイプルストーリーのためのパソコン購入は終わった。






あれ・・・?




なんか・・・違う・・・ぞ?







・・・




・・・




・・・




さてはて。


本日、土曜日。


実は今日、私の部屋に工場にて組み立てられたデスクトップパソコンが届くことになっている。


5万円のパソコンを買う程度のつもりだったが、かなりハイスペックなパソコンを購入してしまったことになる。


ゲーミングパソコンといえど、私は仕事に使ったりしたいのでこのあとオフィス等をいれないといけないのでさらに金がかかる模様。


ただ家電量販店で同性能のパソコンを買おうと思ったら、もっと値段がかかる。


また◯◯電気とか◯◯カメラなどの量販店で買うと、必ずメーカーさんの「これあったら便利だよ!」っていう求めてもないソフトが入ってたりするのだが、


こういったBTOのパソコンはそういったものがない、ただOSがはいってるだけ。


そういった意味ではメモリ的には将来的に優しいので、後々のアンスコの作業とか考えれば・・・こういったメーカーで購入したほうが楽だ。


また増設ができるのも強みだ。


正直私はフタ開けたら戻せる気がしないのでするつもりはないが、こわれた箇所を部分的に取り替えればわざわざ新品を買わなくて済む。


パソコンの買い換えを考えてる人は、実際にこういったオーダメイド製のメーカも視野に入れてみるといいかもしれない。


記事には載せていないが、店員さんとも結構お話をした。


私の知らない基本的な知識など、ちょっとした豆知識などハードに関わるお話を2時間程度話し込んでしまったほどだ。


家電量販店では売りたい製品のいいことしか言わないけど、今回立ち寄ったドスパラさんは個々のパーツの優劣を的確にアドバイスしてくれる。


「ぶっちゃけ、これは必要ないですね」などの「ぶっちゃけ」発言が多いの特徴。



そして、今夜から私はAV見ながら、エロゲしながら、ニコニコ動画見つつ、メイプルストーリーにて狩りができる。


これは大きい。


店員さんに「Windows8ですけど大丈夫ですか?」と言われたのが気にかかるが、たぶん慣れるだろう・・・。


いままでWindows Vistaを愛用してきた私にとってインターフェイスがまったく違うWindows8は未知数だが・・・。


使い心地などのレビューに関してはまたおいおい記事にしたいと思っているので購入検討中の人は注目していてほしい。


そしてメイプルストーリー勢の諸君。


黒い砂漠にハマって帰ってこなかったらゴメンな?( ^ω^)


ちなみにファイナルファンタジーもやってみたいぞ?( ^ω^)


せっかくのハイスペックなんだから、とことんきれいな画質のゲームをやってみたいところ・・・。


パソコン新調に伴い、サクサク動くなら、ブログの更新もサクサクといきたいところだ。


ではでは、今日はこのへんで。


またね!


(追記にて反省会と小言)
[ 2015/06/13 10:20 ] ブログ | TB(0) | CM(1)

「ろくなな」の日!!「67スタイル!」誕生秘話に迫る!!

こんにちは。



本日、6月7日。



「ろくななの日!」




幸い日曜日ということもあって余裕を持って更新ができます。


そしていきなり本題ですが、しばらくお休みをしていたイラストに着手いたしました


ろくななの日ということで、ブログのトップ画像を1ヶ月ぶりくらいに描きます


いまだに自分で1から描くというところまでレベルが達していませんので今作も”模写”という形で描かせて頂きました。


出展を載せたいところではありますが、出処がわからないためにこの場を借りてお礼申し上げます。



今回は線を引くのは慣れてきたので、(とはいってもまだまだですが・・・)色塗りを頑張ってみました。


いままでおまけ程度に影をつければそれなりに見栄えが良くなるからそれでいいんじゃないか、とか思ってましたが、模写させていただいた絵を観察したり、ネットで調べているうちに、


「光」と「影」を加えるともっと見栄えが良くなるらしい、ことが判明。


今作には、髪や服に光と影の明暗を入れてより立体感が出ている気がします。


百聞は一見にしかず。


ブログトップ お絵かき その4


すでにトップ画像には取り込んでいるので、すでに見ている方はいらっしゃるかもしれませんが、


模写すら満足にできなかった1ヶ月前に比べたらかなり色使いも上達してきているような気がします。


というよりは、ペンタブの使い方に慣れてきた、といったほうが正確なんでしょうけど、


じゃじゃ馬を乗りこなしたきたイメージです。


起動するたびにペンがブレまくっていたり、


ポインターが付いてこなかったり、


線がヨレヨレになっていたり、


色がはみ出ていたり、


死んだ魚の眼を描いていたり
、相当な絵を1ヶ月前は描いていましたが・・・


ようやくそれらしい感じになってきた気がする。


とくに袴の下の影に関しては結構うまくできたんじゃないか、かなり立体感というか、服の質感が出ている気がする。


どうして他の部分でも同じくらいの労力を割けなかったのか、見返してみて疑問ですが次の課題になりそうです。


あとはみなさんに見て頂いてるのは圧縮しているサイズになるので、小さくするとマシに見えるわけです。


ただ自分では原寸大の画像があるのでそれを見てみると塗り残しが多々あったり、線がふにゃふにゃしているところはやっぱりまだあるので・・・


いろんなイラストを見たりしていますが、どうしてあんな細い線を綺麗に引けるんだろうとか、あんな小さい領域にどうやって色を塗っているんだとか・・・


いろいろ疑問が付きません。


ネットで「イラスト ペンタブ 描き方」とかで調べても上手く検索できないので、そろそろ教本を買うべきなんだろうか。



と、そんな次回はオリジナルを描きたい私がお送りした、


「ろくなな」の新しいトップ画像でした。





・・・






・・・






・・・



さて。



トップ画像の紹介を終えたところで、ネタがなくなりました。



イラストのネタで1つの記事を作る予定でしたが、私がイラストに関して無知であるのと模写させていただいたものをそこまで雄弁に語るのもアレかなと思い自重します。


そんなわけで、「ろくななの日」ということで・・・。


私のブログのタイトルのルーツについてお話します。


当ブログのタイトルは「6×7スタイル!」。


先日もギルドの方から、「(管理人は)42歳なんだ!」とかコメントをいただきましたが違います。


ちなみに、昔に友達から言われた「(管理人は)掛け算ができない。」というのも違います。



開設当初の当ブログは方針で「メイプルストーリー」のことと「写真」のことを扱おうと思っていました。


最近はめっきり記事を挙げなくなりましたが、数年前はよく当ブログでも私の撮影した写真をあげていました。


また時間があれば撮りに行きたいと思うのですがなかなか時間が取れないので「撮る撮る詐欺」を連発中です。



そんな「写真」が由来のブログタイトルです。


正確には「写真」ではなくて「カメラ」が由来です。



いまではデジタルカメラが一般ですが、


私が過ごした高校生活での部活動はデジタルカメラも流行り始めた頃だったので、いまだにフィルムカメラを扱う部員が多かったです。


父親や祖父からの貰い物があったから写真部に入部したという部員が圧倒的でしたが、


私と、後に部長になる同級生は「フィルムカメラ」を自分で買い、自分で現像するカメラ小僧でした。


いまのデジタルカメラのメーカーだと、ニコンやキャノン、富士フィルム、ソニーが有名ですが、


ほかにもペンタックスやリコー、ミノルタ、エプソンなど多くのメーカーがあります。


これらのカメラメーカーの多くはデジタルカメラを生産する前は、「フィルムカメラ」を作っていたメーカーです。


いまではそのほとんどが「フィルムカメラ」から撤退をして、残っているのは富士フィルムくらいでしょうか。


コダックもたしか撤退したはずです。


このご時世、フィルムを使い撮影する人も減り、フィルムなんぞ作っても利益は出ませんが、


富士フィルムは利益を無視して、「文化を残すため」という理由でフィルム生産を終了させない、といった話をどこかで聞き感動した覚えがあります。



話がそれましたが、


私は昔からフィルムカメラが好きで、とくにペンタックスというカメラメーカーのフィルムカメラが大好きでした。



みなさんはフィルムの種類が、大きさで分けた時に、3つあるのはご存知でしょうか。



一般に「フィルム」というのが指すのが親指くらいの大きさの「35mm」のフィルムです。


富士フィルムの「写ルンです」に使われているのは35mmのフィルムですね。


フィルムカメラ フィルム


今の子は見たこと無いのかなぁ・・・。


「写ルンです」すら知らないヤツとかいないだろ?堀北真希ちゃんがCM出てたし!



そのフィルムの種類ですが、有名なのが今挙げた「35mm」という種類に分けられるフィルム。135フィルムとも言ったりしますね。


これがフィルムのサイズでもっとも小さいものであり、これにサイズ中、サイズ大といったような感じで残り2種類存在します。


すこしマニアックな話になるのでこのへんでやめますが、私が高校時代から愛用していたのは、


このフィルムサイズが「中」に分類されている「120フィルム(別名:ブローニーフィルム)」でした。



ちなみにサイズの違いはなんなのか、一言で言えば「画質」の違いです。


目に見える風景を写真に収めるときに、フィルムという限られた面積に縮小するわけですから、縮小した時にどうしても画質がオチてしまうわけだ。


そこでフィルム自体が大きければ画質の低下もそこそこ防げる、ということでカメラ好きな人は好んで大きいカメラを使うわけだ。


いまでも高価なデジタルカメラが無駄にデカイのはそういう理由です。



そんな理由もあってか、私は35mmフィルムという小さいサイズのフィルムよりも、もう1段階大きいフィルムサイズの「120フィルム」を使いたく、それに合わせてカメラも買い替えました。


そのときに出会ったのが、ペンタックス645というカメラです。


ペンタックス645


実際のサイズは、レンズ込みだとティッシュ箱より少し小さい程度だろうか・・・。


かなり大きいです。


ちなみに撮影した後はガシャコーンという音がして、いかにも写真撮ってるなぁという気分になれる一台です。


三脚必須がほぼ必須で、三脚なしだとシャッタースピードが早くない限り必ずブレるカメラです


でも画質はいまの30万円くらいするデジタルカメラにも劣りません。


フィルムサイズが中くらいのサイズなので「中判カメラ」とか言われたりするカメラの代表格です。


いまでも有名な風景写真家も好んでペンタックスの中判カメラを愛用していたのはカメラ雑誌読んでいた私はおぼろげながら覚えています。


そして高校生1年生にして「中判カメラ」の魅力に囚われて、徐々に「中判カメラ」の良さを知っていた私が次に出会ったのが、高校3年生の春、


ペンタックス67、というカメラでした。


ペンタックス67


画像は、ペンタックス67Ⅱですが、私が所持していたのはペンタックス67の初期の初期型です。


結構レアらしい。


出会いは、高校の近くでおじいさんが趣味でやってるフィルムの現像している店でした。


高校1年生の時から出入りしており、サービスしてくれたりなど懇意にしていただいたのは今でも覚えていますが、


3年生の春にフラッと世間話がてら入店すると、ペンタックス67の初期型が佇んでいました。


「じいさん!これどうしたんだ?!」


と問い詰める私に、その店主は、



「2万で売ってやる」



と、いきなり売りつけてきました。


いまでこそカメラの通販やオークションは盛んですが、私のころはあまり出回っていませんでした。


それゆえに相場がわからなかったのですが、ペンタックス645を8万円近くで購入していた私はその安さに惹かれて即購入しました。


判断的には正解で、相場がだいたい5万円程度。


中古という形ですが、かなり綺麗で状態も良かったのは印象的でした。


私の高校最後の文化祭までの写真生活はペンタックス67を持って県内を歩き回っていました。



ここで「数字」について。


645とか67とかでてきましたが、これは「中判カメラ」で使用する「120フィルム」、いわゆる中くらいのサイズのフィルムを、


6cm : 4.5cm で分けるのか、 6cm : 7cm で分けるのかの違いです。


なんだかややこしくなってきましたが、同じフィルムでもカメラによって使用するフィルムの面積が違うんですよ。


私はさらに大きいサイズで撮れる67に惚れてましたが、645の比率は案外好きでしたね。構図的な意味で。



さて。


そんなわけで、私のブログタイトルの由来は、このペンタックス67というカメラからきています。


使いこなすのにかなり苦労したのも愛着の湧いた理由でしょうか。


いまのデジタルカメラはシャッター押せばきれいな写真が撮れますよね。


カメラが自動で、露光してくれたりするから自分で調整しなくていいわけです。


ただ私がもっていた67にしろ645にしろ、全部自分で設定しないといけない


まぁ、全部っていっても絞りとシャッタースピードだけなんだけどね。


けど逆光の時、直射日光のとき、日陰のところ、雨の日、夜の時など、場所や時間帯によってその組み合わせをうまくしないと、真っ白な写真ができたり、真っ黒な写真ができたりする。



シャッタースピードが早すぎても遅すぎても、ダメ。


それにくわえて、レンズの絞りも広げすぎても狭すぎても、ダメ。


ほぼ完璧に調整しないと写真として認識できない。


このシビアな調整が好きで写真が好きというのもありました。


ただどうしても外せないような写真を取るときは、一眼のデジタルカメラを同時に持参して、シャッタースピードと絞りを確認してからフィルムカメラで撮影してましたね。


たぶん露光計を持っていなかった写真家のあるあるです。


1枚の写真を撮影するのに相当な苦戦を強いられるわけです。


いままで雲で光が少なかったのに、雲が動いて光が漏れたら、調整をやり直す。


「光」との闘いでした。


最初の頃は、撮影したフィルムに写っている写真全部が真っ黒って時がありましたね。



でも段々と慣れてきて、印画紙に拡大してみれば、35mmでは表現しきれない、中判カメラのアジのある表現力


撮れば撮るほど、中判カメラのクセがわかってきて、でてくる写真もクセがあって、ダイナミックなものになる。




話が長くなりそうなのでこのへんで切りますが、私のブログもそんなクセがあってアジのあるブログにしたい、そんな思いからこのブログタイトルにした経緯があります。


それでいて中判カメラならではの、大きさ、表現力というのをブログに出していきたい


そんな愛器ペンタックス67から名前をいただき、「6×7スタイル!」となりました。


2010 乗鞍高原
(photo by 千紀 「乗鞍高原より」)



・・・




・・・




・・・




さてはて、


とてもブログタイトルの由来なんて、


いま考えたなんて言えない


開設当初は好きなカメラから名前とっただけ





とか口が裂けても言えない状況に自分を追い込んでいますが、


あのころの私はたぶん根底にはあんな理由があったんだ、ということであのころの自分を美化して書かせていただきました。


カメラのついて記事を挙げると、写真を撮りに行きたくなりますね。


ただフィルムカメラで撮影するのは高校で終わっていて、いまではめっきりデジタルですね・・・。


やっぱり編集が楽ですし、ブログとかにもすぐにアップできるのはデジタルの魅力ですね。


紙に実際に出すならフィルムカメラのほうが好きなんですけど、データとして見るくらいだったらデジタルカメラのほうがお手軽で楽なわけです。


最近は、富士フィルムのx100を購入して、そのフィルムカメラに似たボディに惚れ惚れしながら撮影しています。


ただ撮影しているのは、「作品写真」のようなものではなくて「記念写真」がもっぱらなのでブログに挙げるに挙げられずといったところでしょうか。

夏にでも撮影旅行に出かけよう。


そうだ、そうしよう。



そんな新たな目標もできた本日は、「ろくなな」の日にちなんで、誕生秘話(?)をメインにお送りしました。


社会人になると趣味にかける時間がなくなる、とは言われますが私の場合は、


趣味が増え続けているので困ったもんです。


メイプルストーリーが大好きな諸君は、なにかネトゲ以外に打ち込んでいる趣味ってありますか?


長く続けている趣味って以外に大人になるととても大事に思えてくるので、学生メイプラーはなにか一生モノの趣味を探すのも一興かもしれません。


興味を持ったものにはとことん手を出してみよう!


それが願わくばとことんハマれる趣味になるといいですね。


では今日はこのへんで。


またね。


(追記でボヤキ)






[ 2015/06/07 19:50 ] ブログ | TB(0) | CM(2)

5月後半戦のオススメ記事 ~5月のコメントも返信いたします~

こんにちは。


休みの日って以上に時間の流れが早いですよね。


もう明日から平日ですよ・・・。


日本は月曜日も休みにすればいいんですよ・・・。


私の場合こうやってブログの更新しようとすると数時間もってかれるので、なんだかその間にメイプルでも狩りとかしてれば普通にレベルアップできるんですよ・・・。


ただ最近はメイプルブログもアップデート直後ということもあり、旬なワード入れとくと結構見に来てくれる方が増えるのは事実。


せっかくブログ運営するならたくさんの人に見てもらいたいっていうのはブログ運営者なら誰もが思ってるんじゃないでしょうか。


さてはて、本日は5月の終わりということで、5月の下旬のオススメ記事を紹介しつつ、5月にいただいたコメントを返していきます



5月上旬のオススメ記事の一覧はこちらからどうぞ。





2015年 5月18日 5月前半戦のオススメ記事!! ~ブルーマンデーもこれで乗り切れ!~







・・・



・・・



・・・






ブログ


fc2blog_20150519141035592.jpg



私の雑記にも似たこちらの「ブログ」のカテゴリでは、5月下旬はおとなしかった。


5月上旬は毎日のように描いていた絵もいまや1週間以上ペンタブに触れていません。


おかしいな・・・、きっとメイプルばっかやってたからなんでしょう。



【5月19日】

にゃー!にゃー!うるせぇんだよ!あーよしよし!



あなたはペットを飼っていますか?

私は飼ったことがないのでとてもペットというものに憧れがあります。

とくにネコ

なんでペットショップとかネットで見るネコはみんな可愛いんだろう。

でも私が飼うと、どうせブサイクなネコになりそうでなんだか怖い。

そんな犬よりは猫派の人たちにお送りしつつ、犬派の人にも見て欲しい、そんな記事。


あの国民的アニメのマ◯オさんが飼い猫に及ぼす影響とは・・・?!



【5月21日】

ボクとキミの「価値観」。きっと違うけど、少しでも理解したい。


「67スタイル」管理人の書く、久しぶりの自己完結型哲学系記事

進学、就職、結婚と自分の周りの環境が変わるとき、自分と付き合う人間が変わるとき、私たちの価値観は変わっていく。

人生においての「価値観」とはなんなのか。

人よりうまく生きていくためには「価値観」を支配する。

でもそれじゃだめなんだ。

自分を型にはめずに、ありのままの自分を受け止めてもらう。

そして同じくらい相手のことも受け止める。



当たり前のようなことで、以外に難しい。


でも理解できた時に本当の「出会い」が待っている。


そこから本当の「付き合い」が始まる、といま私は考えている。
 (記事より)


価値観 出会い











メイプルストーリー

メイプルストーリー


私のブログの5月下旬はメイプルストーリーだった。


なによりアップデートがあったことも大きいが、当ブログで扱ってきた「メイプルブログ」のこれからについて動きがあったことも特徴的だ。


バカみたいな記事があると思えば、次の日にはすごい真面目な記事を書いている。


実はブログ運営者は2人以上いるんじゃないかと疑いをかけられることもしばしば。


そんな記事によって変わる器用な管理人の5月のメイプル事情をとくとご覧あれ。




【5月22日】

獅子王の皮肉に表れる悲しすぎる「ネクソン社員の実態」。


ヴァンレオン。

実装されたときはえらい強かった。こんなの勝てないよ。

ただの死にゲーじゃん。

だが時は満ちた。あれから数年の時が経過し、私も強くなっている。

いまこそ、獅子王を倒す!!

そんな管理人の獅子王討伐の様子と、ネクソンの社員の実態を絡めた、

「風刺的」記事をお送り。


・・・ネクソン社員になりたいの?

・・・年収を聞いて驚くなよ?




【5月23日】

メイプルブログの「ミシュランガイド」現る!?あなたのブログは星いくつ?!


メイプルブロガーさんも結構私のブログに来てくれているのは知っている。

たまに私のブログへリンクがされていると嬉しい思いになる。

こうしたブログ同士の繋がりがもっと強固なものになれば、もっとメイプルブログって盛り上がると思う。

そんなわけでメイプルブログで気になった記事や面白い記事にはコメントしている私。


当記事は私が考える、メイプルブログの価値観。

そしていまいち盛り上がりに欠けていたメイプルブログ界をなんとかしようと立ち上がった人たちを紹介する。

メイプルブロガーは必見。

一緒にメイプルブログを盛り上げよう!




【5月24日】

メイプルニコ生?!タイアップ・カレーを食し見守るサタデーナイト!!


メイプルプレイヤーのみなさんはご存知だろうか。

公式サイトでも告知しているから知っている人は多いと思うのだが、いまいちぱっとしないタイアップ。

それが、「雪国まいたけ」とのコラボカレーだ。

メイプル 雪国きのこカレー

当記事では、このコラボカレーのレビューをした。

そしてそのコラボカレーを食べながら見ていた「メイプルニコ生」の情報もお送り。

果たしてコラボカレーの味は?!


え?!ちょ?!


このカレー値段高いよ!?




【5月26日】

プレイヤー減少から考える、僕たち《ブログ》のこれから。


5月をかけて当ブログで扱ってきた「メイプルブログ」についての記事の完結編

「情報」・「プレイヤー減少」・「メイプルブログ」を絡めた、推察(考察)記事になっている。

キミが感じた、メイプルへのその想い、ブログにして発信してみませんか?

きっと想いは運営・開発スタッフに届いてる。

メイプルストーリーを活かすも殺すもプレイヤー次第。

プレイヤーが減ってしまっている今だから、求められるメイプルの「情報」。



メイプルストーリーの未来は僕たちブロガーにかかっている?!



【5月28日】

アップデート!誰よりも金をかけ、楽しんだ「ネカマ」がここにいた!!


ネカマ、それは一種の「愛」の形。

自らの望む異性を作り出す、一つの愛の表現。



アップデートをしたメイプルストーリーで「67スタイル」が提案する、

「ネカマ」の本当の姿をご覧あれ。


5000ポイント以上を真のネカマを作り出すために費やした管理人の金と意地をかけた、そんな記事。


ネットゲームでネカマを操作する方は必見。


ネカマの進化・・・それはゲームの進化なのではないだろうか。



【5月30日】

いつくる?!メイプルストーリー2!!おまいらパソコンの準備はできたか?


当記事を見に来た人の数を知った時に、

「やっぱりみんな興味はあるんだなぁ」と感じた。

メイプルストーリー2。

日本ではまだまだ息を潜めているが、私たちの知らないところでプロジェクトは動いている。

韓国の正式サービスが7月に控えた今、

日本での正式サービス開始はいつになるのか。

管理人が株式情報から割り出し、メイプルストーリー2のサービス開始を大胆予想。


元祖メイプルと、新メイプルは共存できるのか。


メイプル2









5月のコメント返信


さて、オススメ記事の紹介が終わったところで5月の各記事に頂いたコメント等の返信をしていこうと思う。


以前は結構マメにコメント返信していた私なんですけど、ほぼ毎日更新していた5月は記事ごとに返信していたら埋もれちゃうなぁと思い、


こうしてまとめて返信させていただくことにします。


ブログ拍手 コメント


そして最近気付いたのですが、FC2にはコメントとは違ったフォームでブログ運営者にコメントできる機能があります。


「ブログ拍手」と言われるものでこちらで拍手しつつ、メッセージを残すことができる機能のようですが、


FC2では拍手管理ページを開かないと見えないのでいままで気付いていませんでした。ごめんなさいね。


そして拍手した頂いた方から、ほぼメッセージが付いていてこちらも無視するのは私の良心が痛むので、カンタンに返信させていただきます。


なお返信は順不同です(´・ω・`)






To 泥井戸 さん

ゼノンの考察記事でコメントをいただきました。

スキルのセリフまで考慮していなかった!!

私はスキルボイスたるものが鬱陶しかったのでオフにしていましたが・・・

今度聞いてみよう。

そしてゼノンのハイパースキルで「限界突破!」なんて台詞があるんですね・・・。

たしかに・・・これはますますゼノンが臨界限界で動いていることの証拠なのかもしれない。

私もはやく200レベルにしてそのセリフを聞きたい!!

メイプル ゼノン






To あーかーつーきー さん


私のお絵かき記事にてコメントいただきました。

そのコメントの書き方を伺うと・・・あーかーつーきー さんも絵をお描きになるんですね。

ぜひ今度拝見したいものです。

たしかに最初に描いたピカチュウは目も当てられないですが、自分でもブログのトップ画像を描ける成長具合には驚いております。


最近お休みしている絵描きですが、6月はなんとか描く時間を取りたいものです。

お絵かき2





To もえ さん

ネコの記事にコメントいただきました。


こんなところにもネコ派の方がいらっしゃった。

ぜひ、一緒にネコを飼いましょう、そして猫友になりましょう。

そして私とにゃんにゃんしましょう。

ただペット可の賃貸物件ってだけで都内は結構賃貸料が高いのが困りモノです。

もえさんが猫ちゃん飼えることを心より祈っております。

fc2blog_20150519134807df3.jpg




To しるびあ さん

鍛高譚を紹介させていただいた記事にコメントいただきました。


これは一緒にお酒を飲みたい人がいる!!

私のブログを見ながら、お酒飲んでるとかなんという贅沢!(「・ω・)「

酒の肴ブログ」に転身しようかしら・・・。

私の周りにはあまり鍛高譚の「しそ」の匂いの良さをわかってくれない人が多く、

こうしたコメントは嬉しい限り。

ぜひ今度一杯引っ掛けに行きましょう。

鍛高譚





To [非公開] のむよー◯る◯ さん

プレイヤー減少から考える、メイプルブログのこれからについての記事にコメントいただきました。


あいかわらずのクオリティー」。

なんとも嬉しいコメント。

書いてる本人、つまり私も記事を書き終えた後に「今日の記事はいいこと書けたかも」みたいな手応えはあるものの、

やっぱり「理解されなかったらどうしよう」などの不安が残るものです。

そうしたときに、このようなコメントをいただけると自信につながるとともに次も頑張ろうという気分になりますので、

応援、賞賛のコメントを有難うございました。




To (・∀・)  さん

上の方と同じ記事にコメントいただきました。


ほう・・・、私にブログは読み終わると、「頭が良くなる」効能があるんですね。

私もブログ読者のターゲットを「女子高生」とかにすれば、

『偏差値30の女子高生がこのブログを読んで早稲田大学に受かった本』とかで紹介されるかもしれない。


6月はメイプルブログもやりつつ、ちょっと違うカテゴリでも書きたいな、と思ってるので引き続き応援の程よろしく!

メイプルストーリー





To  名前が空欄だったよ さん

当記事で紹介しているオススメ記事の1つ、真のネカマの記事にコメントいただきました。


とてもおもしろい記事」とお褒めいただき、

さらには「またやってみようかな」と至るところまで考えてくださった、

私のメイプルブログとしての存在価値が認められたようでとても嬉しく思います。

ぜひ、メイプルに復帰されましたら、一緒に遊びましょう。

変わってしまった部分も大きいですが、その分新しく楽しい物を見つける楽しさがあると私は考えています。

ただ「つまらなくなった」と悲観するよりは、「あ、こんなこともできるんだ」と自らで楽しさを発見する。

子どもはそこにあるもので楽しもうと工夫する力を持っていると言いますし、私はいい歳ですが中身は子どもですので・・・

まだ知らないメイプルストーリーの隠れた楽しさを発見したいと考えています。


メイプルぶろぐ389





To [非公開] る◯わ◯ さん

メイプル2の記事にてコメントいただきました。


RMTは即アカウント停止なんですね・・・。

それは本来あるオンラインゲームの姿なんでしょうけど・・・なんだか今まで放任していた運営がこうもスタンスをころっと帰ると驚きを隠せない・・・。

最近ブログで装備販売なども見ないというのはそういう事情があったんですね・・・。

ただブログ経由でアカウント停止がなされるということは、

運営などのメイプルストーリースタッフがファンサイトを閲覧しているということなんでしょうね。


私のブログにも来てくれているのかな・・・。

そして新サイトの運営を応援していますので、ぜひスタッフに「おっ」言わせられるような盛り上がりを期待しています!


メイプルストーリー2はみなさん期待しているのか、こういう記事を書くとポーンっと閲覧数が増えるので注意して書かないと怖いところではありますが、

このようなコメントいただけるのはとても嬉しいです。


今後ともよろしくお願いします。

メイプル2




To へっ◯こ◯ぐ太郎 さん

私がレベルアップに励んだ記事にコメントいただきました。


お祝いありがとうございました!

メイプル初の200レベル達成も視野に入ってきたので、まだまだガンバルつもりです!

さくらサーバーに遊びに来た際には、ぜひ声かけてくださいね!(´・ω・`)

奈須きのこ氏はFateシリーズの執筆が忙しいので・・・きっと他の作品に手がまわらないんでしょうね・・・。

おそるべし、セイバー・・・。

個人的には「魔法使いの夜」が面白かった。ネットじゃ評判は普通ですが、落ち着いた雰囲気と、品のある文体が印象的でした。

ぜひともこちらの続編も頑張って欲しいところ。

このへんの話もメイプルでできたら素敵ですね。

フェイト ステイナイト




To ご◯箱  さん

私が神話ブースターパックを買った記事にて、コメントいただきました。


そうなんですよ。

私のブログは「体を張る」にも似た「リアルマネーを犠牲にして」、ネタに走るブログなんですよ。

だからいつまで経っても強くなれない。

でもだからこそ、「なにやってんだコイツ」という面白さがある、と考えています。

「頑張ってください」と言われると、またお金使わないといけないんですね・・・。

ブログ運営するのもなかなか大変です(´・ω・`)

これからもよろしくお願いしますね。

メイプルぶろぐ353






おそらく、これでひと通りコメント・ブログ拍手における返信は完了したはず。


非公開コメント、ブログ拍手などはお名前を一部伏せておきました。


私が思っていたより、かなりの数のコメント・拍手をいただき、とても嬉しく思います。


これからも頑張りますので6月の「ろくなな」もよろしくお願いします。


それでは本日はこのへんで。


またね。
[ 2015/05/31 19:40 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

ボクとキミの「価値観」。きっと違うけど、少しでも理解したい。

こんにちは。



最近は雨やら台風やら雷雨やらで、天気が不安定でしたが、



昨日より回復し始め、夏に向けて徐々に暑くなってきました。



私は断然冬より夏派なのです。




暦を重ねるにつれて、



女性の服装が薄くなっていくのに目が離せません。




大人になると価値観が変わるとは言われますが、



私の価値観は子供の時からあまり変わっていません。



そんなあなたの忘れかけてた子供の頃の価値観を再発見!



大人のためのプレイバックブログ、『ろくなな』今日も始まります。


価値観1



・・・




・・・




・・・




さて、前述した「価値観」。



これって言葉の意味はわかるけどいったいなんなの?



(すでにメイプルの話ではなさそうな予感満載!)




でもこの「価値観」を理解することにより、



オンラインゲームのなかでも「友達」ができるかも!



さらに「価値観」の本質を理解し、その力を最大限に利用すれば、



あなたにも現実(リアル)で「恋人」ができるかもしれない。



今日はそんな「価値観」のおはなし。



『出会い』に飢えている、そこのアダルティのみなさん、ごゆっくりどうぞ。





・・・




・・・




・・・




まず価値観とは、



「何が大事で、何が大事ではないか。」


「物事の優先順位の付け方」




そんな意味があります。



私は恋愛なり、人との付き合いにおいて、



「個人」の価値観と「集団(社会)」の価値観の2つを念頭に置く必要があると考えます。



だけどこれは皆さん意識しなくても、できている方が多いのではないだろうか。



自分の価値観ばかりを重視するだけでは、集団に溶け込めません。



「いま」の社会(集団)が据えた価値観に、うまく個人の価値観を合わせていかねば浮いてしまいます。



価値観2





現在、「オタク」と言われ、『魔法少女と結婚するぶひ』などと、



社会の価値観とかけ離れていると、社会から隔離されてしまう。




私が考えるに、社会(集団)の価値観を軸に、自分の価値観を創る(持つ)必要がある。



つまる、社会の価値観という土台の上に、自らの価値観を置くイメージでしょうか。



少し話は変わりますが、皆さん学生時代「社会科」にて『三種の神器』とか『3K』って勉強しませんでした?



戦後の日本において、社会が豊かになり始め、社会(集団)が作った、



「これはいい!これは欲しい!」と感じたモノの代表格であり、社会が求めた価値観であると言えます。



私はその当時に生きていた人間ではないので詳しい事情はわかりませんが、


「カラーテレビ」は当時高価なものであり、教科書などの写真の、それを所持していた家に近所の人が集まる光景はいまでも覚えています。





そして、現代ではこの3Kになぞらい、女性が男性に求める結婚条件として定める『新3K』があるのはご存知でしょうか?





新3Kとは、



『価値観が合うこと。』



『金銭感覚が一致していること。』



『雇用形態が安定していること。』




なんと現在、世の女性が求める男性というのは、以外にもハードルが高くない。


昔の結婚3Kなんていえば、「高学歴」、「高給料」、「高身長」と一部の限られた男性を女性は求めていましたが、それにくらべたら・・・


恋愛、結婚する上でも「価値観」から離れられません。


こと結婚においては、お互いの価値観が合っていれば良いという女性が増えている今、ますます男性諸君はこの「価値観」たるものに敏感にならねばならない。


だから現在、我々男性に必要な能力は、社会の価値観を汲み取る「情報収集能力」が必要不可欠なのではないか。


そして時代、時代にあった価値観に順応していく「適応能力」も必要なのではないか。



世の女性が「価値観の一致」を求める以上、「社会の価値観」をいち早く察知し、その土台のもと、(社会(集団)に認められるような)自らの「価値観」を想像する必要ある。




私のようなオンラインゲーム愛好者で、「課金しなきゃ!」という使命感にかられている金銭感覚の持ち主は残念ながら、社会からは変な目で見られるわけです。


価値観 結婚





・・・





・・・





・・・





「じゃあ、オンラインゲームも好きで、課金も認めてくれるような女性と付き合えばいいんだ!」なんていう、都合のいい女性がそのへんにいらっしゃるか、と言われれば、


私は20数年生きてますが実際に会ったことが無いです。


「存在しないか」と言われれば、「存在はする」んでしょうが、おそらく希少種でしょう。


さらに今度は我々、男性の価値観でその女性を見て、「かわいいのか?」、「やさしいのか?」、「床上手なのか?」とか、その希少種の女性を自らの価値観と擦り合わせていく。


それが合致するような希少種のなかの希少種な女性はほんとうに稀有な存在なんでしょう。


結局、相手の価値観と、自分の価値観を考えながら、恋人なり、結婚相手を探そうとすると、本当に「運命」とやらの言葉が必要なのかもしれない。


業が深い我々人類はどうしても相手の価値観だけに従順になれない以上、難しいところである。



「じゃあ、どうすればいいんだ?」と話になるわけですが、



私は、自らの「価値観」を多く持つことが大事なのではないかと思うわけです。



つまり、出会う人の多くを認められるような「懐の大きさ」というべき、相手の価値観を受け止めれるような人間になればいい。



そんな人間になるためには、自らの価値観の視野を広げる。





・・・




・・・




・・・




友人との付き合いでも、恋人との付き合いでも必ず「価値観」の違いがでてくる。


それは過ごしていた環境が違うのもあるし、国籍、人種が違うからかもしれない。


でもすでに知り合っている、付き合っている以上、「相手のことを知る」。


そして、「相手の大事にしている価値観の理解をするように努力する」。


それが理解できれば良いし、理解できなければ一歩距離を取ればいい。



まずは「対話」。


そして私は少なからず、「相手の価値観を理解しようと努力する」人がいることを知っている。


おそらくそういう人を「性格がいい」とか言ったりするんだろうが、双方で相互理解ができれば円満な関係が築けるのかもしれない。


それが友人であれば長い付き合いができるし、女性であればお付き合いしたいものです。



価値観 始まり




・・・





・・・





・・・





私は、「価値観」というテーマのもと記事を書くにあたって、実はきっかけがあった。


昨日、大学のころの友人と久しぶりにお酒を交わしていた。


彼は「フリーター」。


彼と話す前の私の価値観から言わせてもらうと、「世の中舐めてるんじゃねえ!」な思いがあるわけだ。


だが、彼の話を聞き、互いに話すうちに私の中の価値観が変わってきた。


別に彼は「働きたくない」わけでもなく、「社会の歯車になることを嫌っている」わけでもない。


「やりたくない仕事を無理してやっても仕方がない。だったらフリーターとして、好きな仕事を探したり、アルバイトからの正式雇用を狙いたい。」


大体ニュアンスはこんな感じだが、彼には彼なりの価値観があり、彼のその人生における仕事に対する熱弁を聞き、私はそれを納得できた。


「相手を理解しよう」と思うこと、「対話する」ということで自分の中の価値観が変わる。


「そういう考え方もあるのか」と、自分の価値観の視野が広がる。




今回彼と話をして再会以上に非常に得るものが自分の中にあった。



・・・




・・・




・・・




私が前述した内容に、「社会の価値観に合わせていくこと」が、対人関係を円満に進める、社会に溶け込むのに必要なものであると書いている。


たしかに一般的に見ればその通りだと考えてはいるが、



時に譲れない人には人の価値観というのが存在することを私は知った。



社会で生きていく上では、社会の価値観に則った、自らの価値観の調和は対人関係を円滑に進められるが、



友人や恋人の前では、上辺の価値観で装うのではなく、本当の自分の核をなす価値観を主張して理解してもらうこと、それが人生を楽しむのに大事なことなのかもしれない。



価値観 出会い




・・・




・・・




・・・




記事の中で私の意見は二転三転していますが、「価値観」とはそういうものなのかもしれない。



記事を書く上で、私も自分の大事な核となるモノとはなんなのか、そんなことを考えているうちに、「結局なにがいいたいのか」よくわからない記事になってしまった。



自分を見つめなおす、考えなおすことでさらに自らの価値観を、研いでいく感じだ。


それが社会で、集団で認められるような価値観ならばいいし、もし違ってもそれを理解してもらえるように「対話」する。


当たり前のようなことで、以外に難しい。


でも理解できた時に本当の「出会い」が待っている。


そこから本当の「付き合い」が始まる、といま私は考えている。




みなさんに私の想いを、いまの私の「価値観」を少しでも伝えられたことがあれば嬉しい限りである。


そしてそれがほんの少しでも理解していただけたのならこれ以上嬉しい事はない。




それではこのへんで。


またね!

[ 2015/05/21 11:00 ] ブログ | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。