スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

節電から伺えるメディアの実態

こんにちは!

暑いですね。

今日も予報よりも気温は高くなりー、私のいるところじゃぁ、30度越え(;´∀`)

いや、しかし暑い。

最近の私のブログは何かと付けては二言目に「暑い」って来てますが、今日は格段と暑いんです。


テレビじゃ、節電!節電!なんて頑張って特集組んでますよね。

そうなんですよ。

私も節電をどうやって実行しようかと、昨日もクーラーつけながら、パソコンして、テレビ見ながら考えてたんですね。

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

ごめんなさい。

扇風機も点けてました。

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

失敬、失敬。

で、考えても出てこなさそうなんで、文明の利器を( ・`ω・´)

インターネットがあるみたい♪(ノ´∀`*)

よしよし、「節電の方法」っと…

エアコンに関しては…こりゃ有名の冷房28度推し!!

冷房28度。

いやぁ、しかしこれはテレビ見てて思うんですが28度だったらつけなくてもいいでしょう。笑

30度越えの部屋の空気を、20度に下げることにエアコンの存在意義あるといっても良いのにこれではただの箱です。えぇ。

だから、私はエアコンで他にできる節電方法をみなさんにご紹介しましょう。

勿論、ネットから拾ってきたものですけどね?(´・ω:;.:...


壱 こまめにエアコンフィルターを掃除しよう!

弐 室内から冷たい空気が逃げないように出入口に工夫しよう!

参 エアコン室外機を風通しの良い涼しいところへ!!


どうです!エアコンだけでも設定温度を変えなくても(勿論、設定温度を挙げるに越したことはないですが。)、これだけの節電方法があるんです!

調べればもっとあるんです!

というわけで、早速私はフィルターの掃除をしますよ!

やっぱり、土日にしましょう…(´・ω・`)







さて、私が使っているパソコンの節電方法はないものかと。調べてみたんですね。

(使うなよ!っていう意見は不要です。)

いやー、確かに調べてみると専門的なことも書かれてはいるんですよ?

CPUを冷やすファンを掃除してあげるとか、Windowsが提供している節電ソフトを導入してみるとか。

けどですね、そんなこと我々はしないわけですよ(´・ω・`)

だって、めんどくさいし、時間かかるんだよ。

あのね、手軽にできることが長く続けることの秘訣です。

だから、当たり前のことをやればいいんです。ちょっと人差し指を動かせばできるようなことを。


画面から離れるときはディスプレイの切るとかね。

デスクトップからノートに替えてみるとかね。

画面の明るさを変えてみるとかね。

あるんですよ。うん。

ノートパソコン

しかしですよ…

巷では…いや私の周りでもですね。

「なぜ、俺らが節電せんといけんばい?」なんて文句垂れるやつがいるんですね。

まぁ、正直私が住んでいる地域は節電しても電力元が東北、関東とは違いますから電力供給には心配ないんですよ。

ただ、テレビをつければ節電、節電。

だったら放送自重しろよとか思うのは私だけでしょうか。笑

番組が潰れたら潰れたらで、お金のめぐりが悪くなるんですかね。広告って怖いですよね。CMって。

節電に有効な手段って、エアコンだったりパソコンだったり、いろいろメディアは紹介してくれますよね?

でも、節電に有効な手段って一番身近なところにあったんですよ。

それは節電方法を紹介してる、お前だよお前、テレビだよテレビ!


しかし、メディアが「節電に最も有効なのは今や、ほぼ100%の家庭に復旧されたテレビを消すことです」なんて紹介しないのは実はカラクリがあったんです。

いや、実に簡単なことなんですけど、

電力会社とテレビ会社は、スポンサーの関係なんですね。いや、勿論電力会社がスポンサーなんですよ。テレビ局の。

だから行き過ぎた放送はしないんです。特に「テレビ消せ」だなんてね。

勿論、今回の東電の原発事故に関してもそうらしいです。

各テレビ番組には、スポンサー様の鋭い監視のもと放送がなされていたようです。

うぬ…これは…って感じですよね。

さらにゾッとすることには、電力会社って官僚の天下り先なんですね、典型的な。

いやもうこれは…前々から解っていたことですけども…テレビ局、電力会社、官僚といや~なドロドロしたお金の結びつきがあったんですよね。


ヒトラー


いいんでしょか…?日本はこのままで。 

そして、今回被災された東北の方々を番組のトップに持ってきて、次に節電を乞うという、テレビ局の嫌らしい放送の仕方。

我々は果たして安々と、コヤツらに協力すべきなのか。

調べてみれば出てくると思いますが、東電から出されているデータだって信用していいものかどうなのか。
 
本当にこの夏に日本は電力がなくなってしまうのか。


日本の電力供給が止まってしまうのか。

その前に、行き過ぎたテレビ局、電力会社、官僚の暴走を止めるべきだと思うのは何人いるだろう。

今や、巧みに情報操作された世の中で何を頼っていいかは解らないでいる人がほとんど。

特にテレビの内容を鵜呑みにしては終わりであることが今回のことで解ったのではないだろうか。


頼っていいのは、己の知識である。

そして困ったときは教養のある友達、先生といった知識人を頼るのも手である。


情報の「受身」は身を滅ぼします。

みなさんもぜひ一度、いやこの機会に、情報を「積極的」に集め、吸収し、利用する賢い現代人になりませんか。








久しぶりにシリアスな記事になってしまいましたが、これはやっぱりテレビなんかでは扱われないことなので、

テレビを見るなとは言いませんが、まず疑ってかかるという姿勢から入ることをね。

本当に、ネットってすごいと思うんですよ。

いや、ネットのサイトだって情報操作されているのはあるはずですから全部が全部というわけではないですが、

本当に何十、何百、何百と存在するサイトの中に必ずとは言い切れないですけど、

まともな事書いてあるサイトってありますから。


なんか冒頭の節電の話から、メディアに対する疑惑にするりと変わっていくという…(;´∀`)

書きながらついつい熱くなってしまうんですよね。私。

反省したいので、冷たいクーラーの風に当たりますね!

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )


えぇ。それでは、お後もよろしいようなのでそろそろ失礼させていただきます。

またね!



関連記事
[ 2011/07/06 23:30 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/95-7e16aff2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。