スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月灯物語 第6話 とよ美さん、出会いと別れの季節です

とよ美です。


前回、ペン桜さんに私の今後のことを相談して、


またこのメイプルワールドことについて教えてもらったり…


私、大学まで勉強をそれなりにしてきたつもりだけど


まだまだ知らない世界がたくさんあります。


けれど、やっぱりピンと来ないのは


どこかでこれが、採用試験なのかもしれないと…思ったり…


とりあえず、レベルをあげないと先へは進めないみたいです。


情報も仲間も…。


メイプル月灯物語28


そんなわけで今日もエリニアを中心にお仕事を引き受けたり


スライムの駆除?妖精さんの宿題を手伝ったり(;´∀`)


エリニアという街、私大好きです。


静かで、巨大な樹木に囲まれた神秘的で、ちょっぴり大人な雰囲気な街。


私の世界でいうスターバックスみたいなところです(*´∀`*)!


妖精さん最初は冷たかったけど、


お仕事を引き受けて、最後までやり遂げると


少しだけ心をひらいてくれたり…(人´∀`)


これが仕事の喜びなのかな…いけない、いけない。


ここはネットゲームの世界であって…私はなぜかここへ飛ばされてきてしまった。


ただそれだけ…。家族の顔が浮かぶ…。


一人暮らしをしてからもう2年以上あっていない。私って親不孝だ。


こんなときにわかっちゃうなんてだめだね、私(ノД`)









メイプル月灯物語29


よし、今日エリニアで受けれるお仕事は全部やったかなヽ(*´∀`)ノ


おつかれさま、自分(^^♪


そして今日もエリニアで、1日頑張った自分へのご褒美として


今私のハマリまっくてるエリニア限定なのかな?


メイプル月灯物語30


『獣の肉』!いや、野蛮ですって?┐(´д`)┌


私も最初は思ったんです、


「なんのお肉なんだろう…」、「獣の肉ってもうちょっと商品名工夫しようよ…」


「太らないかなあ…」、「せめてカロリー表示…」、「10メル…安い…スーパーだったら即買だよ」


でも、定員さんに薦められたんです。


定員さん「美味しいわよ!私なんか毎日食べてるわ!(゚∀゚*)」








イメージ大切にしてっ


そんな言葉は心の奥にしまって、


妖精さんって嘘はつかないって聞いたことがある(´・ω・`)


そんなことを思い出して、1つ買って試しに食べてみることに…



(゚д゚)ウマー



おいしいんです。骨付き肉なんですが回りからぱくぱく。


焼き加減も絶妙で…一体どこで焼いたんだろう…いつもできたてをいただけます(^o^)丿。








そんなお腹がいっぱいになってちょっと街で


散歩をしていると…


メイプル月灯物語31


ペン桜さん以外のプレイヤーだと思われる人と遭遇( ´∀`)σ)∀`)


それも女の子( ´∀`)σ)∀`)


これは絶対友達にっ


けど、どうやって友だちになればいいんだろう…


「こんにちは」って言ってみるのがいいのかな…


でも…なんか恥ずかしいし…もし返してくれなかったら悲しいな…


そうだ、そういうときは、おじぎm(__)m


ん…?


返してくれた( ´∀`)σ)∀`)


コレはいける


ていうか、性別偽しょッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )


なにか私から知らない声が…。おっとこれは独り言。


F2を押すところが、F6を押す私(;´Д`)


ミスが致命的すぎて笑えないΣ(´∀`;)


けど…


メイプル月灯物語32


友達になってくれました・゚・(つД`)・゚・


私のスマフォに赤外線で送ってくれました(´・ω・`)


とよ美「あの、私なんかでいいんですか?」


美保さん「ええ(*´∀`*)!」


とよ美「私、始めたばかりで…(;´∀`)」


美保さん「いろいろ、教えてあ・げ・る( 'ー`)」


とよ美「ヽ(°▽、°)ノ」




なんと美保さん…レベル17!この時わたし12レベル


先輩です\(^o^)/


このあと少しおはなしをして、私と美保さんは別れて


それぞれ狩りへ(* ̄▽ ̄)ノ~~












メイプル月灯物語33


そして、ハインズ様の最後の修行が終わり、


私はとうとう…エリニアから旅立つ許可を得ました(*´∀`*)!


え?前から別に出ていっても良かったって?


そんな、ハインズ様…もっと私修行つけてもらいたい(ノД`)


もっと…


とよ美「ハインズ様…私まだまだ教えてもらいたいことがっ」


ハインズ様「ふ…わしのもとで学ぶことはすべて教えた。早く行くが良い。」


とよ美「でも私…私…魔法もまだ4つしか習ってないですし…」


ハインズ様「♪シャランラ シャランラ ヘイヘイ ヘーイ シャランラーン♪♪」




とよ美「ハッ!(゚Д゚ υ) その特徴ある始まりかた…私が子供の頃再放送でなんども見てた…」




ハインズ様「♪子供じゃなーいって思ったら!大間違いよー♪お・ん・な・こ!♪」


とよ美「魔女っ子メグちゃんのオープニング!!!!!!!!!!」


ブログネタ 魔女っ子メグ



ハインズ様「♪二つの胸のー膨らみはー」



とよ美「♪なんでもできるー」















とよ美&ハインズ様「♪証拠なのっ!













ハインズ様「わかったなら、ゆきなさい…」


とよ美「(ノД`)♪魔女っ子とよ美は~魔女っ子とよ美は~・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン」

















そうして私は…



エリニアをあとにした。




次会えるのは私がもう少し成長したら…



少しの辛抱だよね。゚(゚´Д`゚)゚。





いってきます
メイプル月灯物語34








月灯物語:第6話「とよ美さん、出会いと別れの季節です」の巻おわり












こんばんは。

やっと6話目ですね。
お陰さまで少し進みました。
とよ美さんはとうとうエリニアをでましたね。
ついでにいうと現在21レベル。
ゆっくりしてますね。ごめんなさい。

狩り・クエスト→記事

これだともう、どうしても記事書いてる時間のほうが長いという。
まあ、今はレベル上げるのは簡単ですから頑張れば2日で70までいけそうですよね。


途中で出させていただきました、美保さんですが
本当にエリニアでぽけーっとしてたら、できた友達でして…
当然、あんな会話はしてないんですが…
ブログの出演許可はちゃっかりもらったという…そのときのSSです。笑


最後のネタ意味不明な方は、動画サイトにでも行って
「魔女っ子メグちゃん」のオープニングをどうぞ。
きっと口元緩むこと間違いないです。


それでは、またー
関連記事
[ 2011/04/07 23:13 ] 月灯物語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/45-359295ca










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。