スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乗鞍旅行記 第5話 小さい頃は神様がいて不思議にお金をくれた。

こんばんは。


乗鞍旅行記パート5ということで


やっと完結です。



長い間お付き合いくださってありがとうございました。


それでは今回最終回ですが、最後までお楽しみいただけるように


頑張りますので、ね。


ね!(コメントとか拍手待ってますフラグですよ。)







前回までのあらすじ…2010年秋、大カエデを見ようと乗鞍高原へ。


              大カエデがあると聞いて目指してきた、一ノ瀬に到着。

              
              ああ、広いなー。どこだろう。







【乗鞍高原】…飛騨山脈(北アルプス)南部東側に位置する高原。

観光利用が盛んであり、夏は避暑、夏から秋にかけては登山、

冬はスキーを目的とする観光客が多く訪れる。

また複数の温泉が湧出しているほか、他所(湯川源泉)からの引湯もなされている。

標高1600m付近には「休暇村乗鞍高原」がある。





ちがう…


現代人の知恵の結晶であるwikiにもロクな情報は載っていない。


というより、山の中で携帯の通信速度が異様に遅い。


というより、


乗鞍ブログネタ14


歩いても歩いても


こんなきれいな景色が続く。


いいんだよ。たしかにきれいで素敵なんだけど…


ここがどこで、どこに向かっているか、わからないワタシにとって


コレは…














砂漠を歩くみたいなもの
ブログネタ 砂漠





しかしいまは水より


情報がほしい。


そう、情報。現代の計画的な旅をする上でお金の次に必要になってくるもの。



もはや、家をでた時点で、


わたしがこの乗鞍高原に負けるのは決まっていた。



例えるならば、

















裸でボス戦に突入

ブログネタ ボス




負けたよ。


降参です。ハイ。











そんなわけで、とりあえず人の気配がありそうな道へ


引き返し…


再び、歩く歩く。


バスの時間が刻々と迫る。


正直、こんなところで宿かりて一泊するはいやだ。


というより、思いつきの旅行で一泊するというのはバカげてる;;


いくらかけるつもりだよ;;


いや、間に合えばいい。


バスの時間に間に合えば良い。





乗鞍ブログネタ15



あ、人だ;






助かった。




千紀「すみません;; 観光センターはどっち行ったらいいですか?;;」



おじさん「あそこの道、ずーっと辿ってくと着くよ^^結構遠いけどね^^;」



千紀「ありがとうございます;;;」




ていう、観光客的な会話を交わしたあとに


帰りのバスが来る観光センターへ…。



やっぱり、旅は事前に準備してから行かないと


無駄に歩いたり、余計な心配をしたり…。


そして、行きたいところに付けないという…。


小さいころは、親だったり、回りの大人が


なんとかしてくれた。


しかし、やっぱりこういうところで


まだまだ自分の未熟さを感じる。












そんな勝手に落ち込んでると、


いつのまにか、広いところ出て…


思わず「あっ」っと声が出た。



そして、なんとも幸せいっぱいな光景を見た。


赤く紅葉した木のしたで、


僕は見た。





楽しそうに乗鞍の秋を楽しむ家族を



乗鞍ブログネタ16






思わず、シャッターを切っていた。


そして、


わかった。




わたしが大カエデまで辿りつけなかった理由が。



旅って楽しむものだった



途中から、本当に大事なモノを見失っていたみたいだ。



この家族に感謝である。




旅は、別に事前のしっかりした準備は要らない。


そんな気難しいものじゃない。



そして思い返してみる…。


もし、わたしが事前に準備し完全な状態で乗鞍行ったとする。


無論、大カエデの位置も把握し、


乗鞍の観光スポットはすべてマークする。




たぶん、その旅が終わったあとは達成感で溢れているかもしてない。


けど、たぶん楽しくないだろう。


そしてその撮った写真もきっとただの記録写真になってしまうだろう。




今回、準備をしなかったから、


いや、たぶん純粋に旅を楽しもうとしていたから


ここまで来る間に、


いろんな人と、話せて


いろんなところを見て歩き、


迷っては、進み、喜怒哀楽をだせて


この家族を見て、なにか感じることができたんだと思う。








どうやら、乗鞍にはまた来ないといけないようだ。



そう思えたから、


今回の旅は成功なのかもしれない。



また、来年、乗鞍の木々が紅葉したら…。






バスの時間だ。そろそろ行かなくちゃ。








お疲れさまでした。


最後は、こんな締め方でいいのかしら。


くささが残っていいよね。笑



肝心の大カエデは見えなかったわけですが


まあ、いいんじゃないですかね。


どうやら、大カエデを見るには


まだまだ進まないといけないらしいんです。。





みなさんもちょっと旅に出てはみませんか?


きっと、なにか見つけられるはずです。




それじゃ、またね!







関連記事
[ 2011/03/31 18:16 ] 乗鞍旅行記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/28-5a4720ef










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。