スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜の新宿、街の灯に妖しく照らされる。



その日の午前、雨が降っていた。



午後になり、雨がやんだ。




私は少し遅い、昼食を食べ終え、家を出る支度をした。




午後6時。




小田急に乗る。





経堂で降り、急行へ乗り換える。




これで数分、新宿へ早く着くはずだ。





下北沢・・・




代々木上原・・・・




さぁ、次だ。




終点、新宿。




これまで乗っていた多くの人がここで降りる。





私も人ごみ流されるように、電車を降り、改札を目指した。






改札をくぐり、出口を目指す。




ここから一番近いのは、西口か・・・。




既に、7時近い時間になっている。




日はほとんど沈み、当たりは暗くなり始めている。






ビルの光・・・自動車のテールランプ・・・






私はおもむろに、カバンより数キロあるソレを取り出し、構えた。




新宿1a


                                 photo by 千紀





シャッターを押した瞬間、「一瞬、時が止まる」というのは、




アマチュアであろうが、プロであろうが味わえる、写真家にとって至高の時間なのかもしれない。





一体、どんな写真が撮れているのか、そんなことを想像するだけでも胸がいっぱいになる。






しばらく、見晴らしがいいポイントで夜景を楽しむことにした。






橋の上、階段の踊場。







新宿の夜景は、人や車、ビル・・・人が作った“光”で満ち溢れている。








しばらく新宿の街を歩くことにする。







午後7時を迎えたが、まだ人は多い。






むしろ、6時台に比べれば、増えたくらいだ。






信号を待てば、すぐに回りは人でいっぱいになる。






こんなに人がいるのに、私は1人。





だれか1人くらい知り合いが混じっていてもおかしくないのではないだろうか。






ふ、とそんなことも考えるが、再び、私はカメラを構えた。




新宿2a


                                 photo by 千紀




信号が青になれば、ものすごい数の人が歩き出す。





当たり前の光景ではあるが、こうして遠目に見てみると面白い。






一体、あれだけの人がどこから来て、どこへ行くのだろう。






ましてや、あちらは駅とは反対方向である。







不思議だ。









午後8時。









私もきっと道行く人には同じようなことを思われてるに違いない。









先程、写真を撮った、歩道橋の上に戻ってきた。








私は歩道橋の上で辺りを見回した。






さっきここで写真を撮ったばかりであるから、とくにこれといったものが目に写ったわけではない。












ただそこに人がいた。













ただそこに、女性がいた。














彼女は何をしているのだろう。













いや。














何を見ているのだろう。
















黒い衣服に身を纏う、彼女。

















スカートから覗く足が、光に照らされて、妖美に映る。













声をかけようか。














誰かを待っているのだろうか。
















友達を待っているのだろうか・・・それとも彼氏を待っているのだろうか。


















気がつけば、シャッター切っていた。















街(待)人
















カメラから視線を上げれば、彼女は携帯を取り出し、電話をかけていた。
















そして、数分して彼女は、橋の上から去っていった。

















私は彼女の立っていたところと同じ位置に立つ。























どんな景色を見ていたんだろう。
















新宿の夜は始まったばかり。

















そこには8時を過ぎても、横断歩道を行き交う人の群れ、自動車が走り抜ける忙しい道路。













歩道橋の下を先ほどの女性が歩いている。















隣にいるのは、彼氏なのだろうか。
















力強く手が握られていた。

















彼女は、新宿という街の街人であり
















同時に、新宿という街で、待人であった。
















 2012 5/13



 新宿にて。





【以下追記です】


お疲れ様です。


記事としては、わずか数分で読めてしまうようなものですけど、

書いてる此方は編集や、文章を考えてるのに戸惑いまして1時間弱。



今回、いつものように記事という形を取るのではなくて、


実際の撮影してる雰囲気を味わってもらえるように工夫してみました。



結構、味があっていい気もしてるんですけど、どうでしょう?


ちょっと臭いですけどね。笑


しかし、新宿っていう街は広いです。笑


気がつけば、数時間カメラ持って歩いてますから・・・。


新宿駅って未だに私迷うんですよ(;・∀・)


出てきたプラットフォームによって、「おい、ここどこだよ」みたいな。


なんとなく歩いてれば、見覚えのあるところに着くからいいんですけど。



さて。


今回、あまり私、人は撮らないんですけど、撮ってしまいました。


というか、それくらいあの女性の後ろ姿が絵になっていたのです。



ほんと。



よく見ていただいたら分かるんですけど、立ち方1つ取っても片方の足が理想的に曲がってるんです。



あとは夜に合わせたかのような、黒の服。



年齢のほどは20代にも見えましたし、30代にも見えました。



お顔は拝見してませんけど、綺麗な方なんでしょうね。




さて。


次回はどこへ写真を取りに行きましょうかね。



希望があれば取りに向かうのでコメントいただければ幸いです。出来れば撮影ポイントとかくださると◎です。



ではでは、久しぶりにいい雰囲気で終われる記事がかけたので今日はこの辺で。



では、またね。
関連記事
[ 2012/05/28 14:00 ] 写真記 | TB(0) | CM(3)

はじめまして!
夜景いいですね!!
新宿の夜景は明るくてきれいなんだけどなにか寂しい気持ちになります。
[ 2012/05/28 20:57 ] [ 編集 ]

コメント返信!

コメント返信!!

ここのところ忙しくてコメント返信してる時間が取れずじまいで・・・

えぇ、誠に恐縮ではありますけど・・・

いままでに頂いたコメントはこの記事で返させて頂きますよ!!!( ´∀`)

とりあえず、日付の古い順に・・・では!



 >名無し様(5月27日の11頃の方。)


えっと。

返信が2日ほどおまたせしてしまい申し訳ない・・・(;・∀・)


私も男です。


言い訳は・・・します。


ここのところ忙しくてですねぇ、ほんと。

ブログもそうですけど、ネトゲなんてやってるヒマなんてなくて・・・┐(´∀`)┌


「もう2万課金」だと・・・。

実はローソンで2万円にするか、2万5千円にするか、悩んだんですよ(´・ω・`)

私の予想は、たぶんあと5千円かけてれば出てたはずなんですよ。

えぇ。

何が言いたいかというと、


せっかく2万円ドブに捨てたこと忘れてたのに


記事を挙げた3日後にコメントいただけるなんて・・・


まるで狙って古傷を開いてもらってるようにしか思えません。



Sですね、あたな。うん。


私は一生「負け犬」の十字架を背負って・・・


悩むなぁ・・・だよなぁ・・・もう2万・・・もう2万な・・・


検討しておきます・・・。




 >凛さま(5月28日10時ころ)


私も平日の10時からブログにコメントいただける、その生活にツッコミを入れてあげたいところです。


おっと、聞くのも野暮ってもんですか?(・∀・)


AKBって実際かわいいじゃないですか?(;・∀・)

いやね、実際ですよ?

私の周りの友達は「あれのどこが…」とか言うんですけどね?

足細いし、顔も締まってるし…

歌って踊れて…

かわいいじゃないですか?

私の高校時代にはあんなチェックのスカートが似合う女の子は学年に1人や2人しかいませんでしたよ。

えぇ。

もうゆきりんみたいなのが廊下歩いてたら、喜んで靴舐めますね。


・・・。


いや・・・冗談ですよ。

そして!

そんな子たちが卒業して、売れなくなったら・・・脱ぐんですから。

えぇ、もう歌って、踊って、脱ぐんですよ!


・・・コレ以上、書くとさすがになにかまずい気がするので控えますけど・・・。


メイプルのほうは、そうですよね。

横に然り、詐欺にしかり。

もう結局、この世界、どこまで関わろうが「他人」の域を出れませんから。

信用も、期待もしてはいけないということなのかもしれないです。

ちょっぴり寂しいですけどね。

ただ、そんな現状を「昔はよかったのに・・・」ってわざわざ言うのもなんだかなぁって感じなのは私だけなのかしら。

凛さまもぜひ、200レベルというちょっと原点回帰できるところに差し掛かったわけですから、

昔のように考察してみるというのはいかがでしょうか?( ´∀`)b


楽しみにしてますよっ( ´∀`)b





 >九十夜


はじめまして!

なんだか、お名前から「夜」に精通しているような雰囲気が漂って、ワタクシ、びびっております。笑


あえて、メジャーな


『八十八夜』を使わず、



 『九十夜』を使うデキる奴
というレッテル貼らせて下さい。



夜景はいいですよね~。

ただ都会の夜景っていうのは近くにある割にはあまり撮りに行こうとは思わないので・・・

私の写真の腕では・・・夜景をまだまだ表現しきれず悔しいばかりです。


「寂しい」・・・。

そうなんですよね、撮ってる時もふっとそんなこと思ってました。

勿論、休日の夜8時に男一人で新宿ででっかいカメラ持ってパチパチやってるのも寂しいんですけど。笑


ソレ以上に、あんなに人がたくさんいるのに・・・自分は残されてる感。とでもいうのでしょうか。


忙しく動く街に、ポツンと佇む自分が「寂しい」というのはとても思い当たりますます。



・・・


・・・


・・・



っと。


なんだか、無駄にコメントの返信が、頂いたコメントの10倍以上になって返ってくる・・・


という、ありがたいのか、迷惑なのかよくわからないですな・・・。


っと、今回もお三方、コメントありがとうございました。

またのご来店オマチシテオリマス。

[ 2012/05/29 00:32 ] [ 編集 ]

(・∀・)


更新お疲れ様です。


新宿、最近行ってないのですが
やっぱり人が、たえないところですね。

そして綺麗です

写真に映る女性の様なオーラが欲しいものです。




千茶さんと日付変わる前から呑みたいですほんと。
今週、仕事とか予定が増えてしまったので
日付変わる前にログインはできなそうです…

前あんなに一緒に呑む時間があったのに
急にそれがなくなると、やっぱり寂しく感じます。


。・゚・(ノД`)うあああああん


千茶さんもお仕事、教研など頑張ってください
写真好きなので、また撮った時は楽しみにしております。


では、また!

[ 2012/05/30 02:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/221-c7293354










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。