スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世は御湯殿に入るでおじゃるよ?良い湯じゃ、良い湯じゃ♨

こんにちは。


最近は本当に更新の頻度多いですね、わたし。


っと、このごろになって記事の冒頭で自分の近況を語っていると記事がダラダラと長くなるという法則を発見したので…

今日はサクサクっと本題に。


けどけど、その前に少しだけ(;^ω^)

昨日、3月22日は、「メイプルストーリー」に「シエルブルー」に「モンハンF」にと、多くのオンラインゲームでアップデートおよび、メンテナンスがあったんですよ。

メイプルストーリーに関しては、私はまだパッチすら当てていない状態で…イベントは公式サイトのほうでチラッと見ました。

なんでも「春のイベント」だとかで。

ポイントショップにて、ペットの装備アイテムに始まり、髪型や整形の美容券と…ネクソンが稼ぐようです。


私にはホットイベントと語り、ただ単にログインさせようとするようにしか思えてならないのは気のせいなのでしょうか。


本当にホットなのはネクソンの懐であることは間違いない。


シエルブルーでは、毎週水曜日にある定期メンテナンス。

今回はガシャ袋のリニューアル。

前回の更新より幾分、中身が変わるのが早かったわりには、あまり中身のスーツは可愛くない…。

これからも、そのくらいの間隔で中身のリニューアルして欲しいが、システムエラーでポイントだけ吸うのは笑えない。( ^ω^)…。

まぁ、これについてはまた後日、記事を書きましょう。

一応は解決したのですが、私シエルブルーのGM(ゲームマスター)に初めて会いました(; ・`д・´)















皆さんは温泉には行ってことありますか?( ・`д・´)

"温泉"です。

最近は日帰り温泉なんか増えてきて、行きやすいといえば行きやすいレジャースポットのひとつ。


私はいま、実家のある長野のほうにいまして、先日友人らと長野県の温泉街、県内、県外からでも多くの方が訪れる「浅間温泉」に行って来ました。



私のような、ガキの頃から身近に温泉施設があったような人間には、"温泉"といえば・・・



お湯が湧く池





…なんて失礼なことは思っているはずもなく・・・



観光客のたまり場として認識していたり、していなかっったり…


まぁ、年寄りのたまり場ってのが適切なひょうげnッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )


っと、そんなことはでどうでもよくはなさそうですが、今のとことは置いておいてですね…


温泉っと、1口に言っても先ほど私が書いたように、ただお湯が湧くような場所ではなくてですね…

一般ピーポーに、早い話、国に「あ、今日からここ、温泉な?」って認められるには、温泉法並びに、環境省の定める「鉱泉分析法指針」っていうのをパスしないといけないみたいですよ?

いまいち、ピンと来ませんが、まぁ、温泉1つとっても定義の仕方うんぬん、特にこの国はそれが細かいのですよ。

これは日本独自の、入浴文化の賜物かもしれないですね。

なんでも、世界と日本での温泉の在り方というのは、違っているらしくてですね。


日本は、今回我々が行った目的もそうなのですが、温泉浸かって、疲れでも取ろうZE!!てきなノリだったんですが…

この安直なノリでさえ、日本文化に汚染された提案なのです。笑


世界では、温泉とは療養目的で使用することが多いらしいんです。

そりゃ、日本でもそういう目的で入りますよ、肩こりだとか、内臓が良くなるよとか、効果効能目的で入ったりしますがね。

ただ世界の主な国にはそもそも、温泉自体が日本みたいにボンボン湧いてるわけではないようで…

どうしても「療養のみ!そこに娯楽はない!」っていう、ここまで固くはないかもしれないですが、こんな感じですよ。

ヨーロッパなんかじゃ、温泉を飲むみたいですよ。むしろ、「飲泉」が温泉の湯が湧く意味みたいなところがあるみたい。

今となっては、日本の「onsen文化」が広まり、日本式入浴が広まって、温泉を楽しむモノとして徐々に変化はしているようですが。














さて、大分長くなりましたが、温泉です、コレが。


ぶっちゃけ、これから私の記事を読み進めていく上で全くもって無駄な前置きでしたが、しっかり読んでくれたかな!?


まぁ、もうくだらない話は良くてですね、先日私らが行ってきた温泉というのは、浅間温泉街にある、とある温泉です。


そもそも「浅間温泉」の、開湯は約1000年前。

江戸時代には歴代松本藩主の御殿湯(浅間御殿)が置かれ、湯守によって厳重に管理されていたようなのです。


そして、勉強熱心な僕らとしては少しでも日本文化というものを学ぼうと、「湯守」が管理していた温泉に入ってきたのです。

それが、ここ。


 枇杷の湯

500殿様の湯
                                          PHOTO BY 千紀


なんでも「湯守」が管理していたとされる、ここ『枇杷の湯』というのは歴史あるところで…。





「湯々庵 枇杷の湯」の主人、小口氏は松本藩主、石川数正の子孫であったそうな。

石川氏が改易した際に、小口という名前に改名し、以後、明治になるまでの間、湯守として浅間温泉、御湯殿である枇杷の湯を守ってきたそうな。

そして、枇杷の湯はその後も、400年の歴史と共に、老舗旅館として営まれ続けたそうな。

97年には営業を終了し、同年の12月より、日帰り温泉施設としてオープンしたそうな。





っと、まぁ、そんな由緒正しき温泉に入ってきたわけではあります(σ・∀・)σ


写真見てよ!

綺麗なとこですよ!

写真にあるところは、「野天風呂」というところでして、建物から離れたところにある露天風呂でございます。


さらに、この野天風呂ですが、ただの野天風呂ではなくて、通称「お殿様の野天風呂」という、かつてここ、長野県にいた殿様が入った野天風呂だとか。

350お殿様の野天風呂
        PHOTO BY 千紀


いまじゃ、日帰り温泉施設ということで、外人さんも訪れることから、標識も英語が入っていたり。

さらには、野天風呂だけでなく、館内では歴史を感じさせる、湯守の歴史や家宝など歴史的価値のありそうなものの展示もあって、楽しめる空間でした。

さらに、さすが老舗旅館!だったというだけもあり、館内は綺麗であり、さらには落ち着けるような空間。

休息場から見る、中庭の景色というのはまた綺麗なもので、思わず見とれて、写真すら撮っていないという…。笑



館内にある、大浴場は結構広くてですね、1階と2階と2つあります。

なんでも毎週、男女で入れ替わるとか。私らが行った時は、2階が男湯になってました。
























っと、ここまでレビューとしてはまずまずの出来だとは思うのですが…


先程紹介した、と言うよりここまで書いてきた中で口うるさく言ってる、"歴史ある"「お殿様の野天風呂」あるじゃないですか?


グダグダ書いてきたけど・・・


私実はね、入ってないんだ^q^



いやぁ、別に入りたくないわけじゃなかったんです。

入れなかったんです(; ・`д・´)


・・・うん、腕には桜吹雪が舞い散り、背には剛気を纏う阿修羅。


って、刺青なんか入れてませんよ。あ、温泉はほとんどの施設で刺青してる人らめー!なんですってね。


ま、恥ずかしながらその経緯を話しますとね…

経緯…いや、理由ですがね…



 ワタシ   カラス    ナンデスヨ


つまるところの、普段湯船とか入らない人間でして…ホントにたまに湯をはって入るくらいで…

だから、温泉の40度近い、温度って私にしてみたら熱湯に近い感覚で…


10分ほどで大浴場の内風呂に入っていたんですが…酔ったか如く、頭がフラフラし始めまして…

「あれ、おれ、おしゃけ、のんだったっけ?えへへー」とかいう状態になってまして。

あろうことか、潰れてまして。

その間に、一緒に入ってた友人は、あろうことか、そんな私を放っておいて露天風呂に行ってたみたいでですね…。

まぁ、私もたしか彼らに生返事はした覚えはあるんです。


友人A 「露天風呂あるから、外行こうぜ!」


友人B 「おお、いいね!」


友人C 「お、千紀も行こうぜ!」


千紀  「あ、おお?」


で、結局立ち上がれなくて行けなかったんですけどね?笑

というわけで、結局30分ちかく、グツグツと大浴場のモンモンとした中で煮られた私は、のぼせまして/(^o^)\

もうふにゃふにゃになるならまだしも、頭がいてぇんですよ。


だから、「これから、野天風呂いこーぜー」っていうノリについて行けなくて…写真撮っていた、なんていうコトナンデスヨ。















っと、そんなわけで大目玉の「お殿様の野天風呂」には入っていない私ですがね、別に十分楽しめたもんっ!


ちょっとクラクラしちゃったけど、ぜんぜん楽しめましたもんっ!(; ・`д・´)


このあとは、友人らとですね、「蕎麦」を食べに行きまして。

やっぱりね、こっちの蕎麦は美味しいですよ。

わさびも自分でジュリジュリしながら、刷ってつゆの中に入れるんですがね、わさびも美味いし…(*´∀`*)

東京の蕎麦屋はなんか、言葉じゃ出てこない違和感があったんですがね、やっぱり地元の味ってのはいいですよ。

やっぱり、「水」なのかなぁ。蕎麦は水なんだよねぇ。



ではでは、私は来週には東京へ行くので、長野でブラブラできるのも残り少ないですが…

次も自分で撮った写真でも挙げながら、記事書きますばい。


けども、こっちにいるあいだでもネトゲはやってるので…忙しいのです(; ・`д・´)


どこに行こうかしら。


では、またね。



【以下追記です】

こんにちは。

お疲れ様です。

久しぶりに自分で書いて、自分で写真も撮って…と100%「わたし」純度の記事を書いたのですが…

いかがでした?
写真の腕は、まぁ…久しぶりにカメラ構えたのでかなり落ちてるんですが…。

なんせすぐに露出が合わせられなかった…/(^o^)\

今年からまたしっかり写真もやっていこうとしている私としては…さい先よくないのですが…

最近は私のブログに、私が意識して記事中にホットワード突っ込んでるのでネトゲだとかエロゲだとかブログをもったお客さんよりも、

なんだか、私の記事なんか見せたら失礼極まりない人たちが見に来てくれてるので…

料理だとか、生活の知恵だとか…私のブログに来てくれた方のあしあとをたどるっていうのが最近わたしのブログライフで楽しみのうちの1つなので…

なんだかそういうかたの記事を読んでると…私の肩身がスゴク狭いのですが…








っと。

まぁ、まったくMMOネタが無いというのも悲しいですから…

少しだけ。

ルシエルブルーですが…
最近お友達もSNSのおかげで増え、お声を掛けられることも多くて、すっかり楽しんでる私ですが!

いよいよ、99れべる!
「わたし、転生して、SV型の銃やりたいお( ^ω^)」って言う相談をすると、

「1stキャラで転生はやめておけ」とどの方も口をそろえて言われるので…

白双剣魔王という安牌を選びつつ、2ndキャラの金策と養殖ができるようにしておきます(; ・`д・´)

なんたって、2pcおっおっ( ^ω^)なゲームですから、ボッチでも2つパソコンがあれば問題なす!ぐへへ。

まぁ、近いうちに2ndも作る予定なので、そのときはよろしくお願いします。。








メイプルですが…。

まったくやっておりません/(^o^)\
えへへ。
なんだか、新職の情報がでたみたいですが新職「ミハエル」ってwwwwwwwwww

手抜きもいいところだろ、ネクソン!っていうのは多くの方が言ってるので、

あえて私は「お疲れ様」と声をかけますが。

まさかねぇ。

ゲーム中のNPCを職業にしちまうんですから、こえー世界です。

もう「戦士」とか「魔法使い」とかじゃなくて、ゲーム中のNPCの名前、つまり人名が職業名になってんですよ。
しかも外見もNPCそっくりという(*´∀`*)

ほんと、「8年間お疲れ様です」と私は労いますよ。

確か似たようなNPCはあと4人ほどいましたから、2ヶ月ごとに新職だしても!

もう一年はメイプルストーリーは健在ですよ!!/(^o^)\

なんか、そういうちょっとINしようと思っても残念なお知らせばかり耳に届くので、それもログインしそうにない1つの理由ですがね。。

まぁ、近いうちに。近いうちに。


では、また。

またね!

関連記事
[ 2012/03/25 14:00 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/176-6c4eaa18










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。