スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

花火ね…あぁ、近所迷惑だよね。

こんにちは。


まだまだ暑い日が続いていますが、8月も既に半分が経とうと。
私の場合、今年8月は特に何も残らないような寂しい夏を過ごしているんですけど、なにかイベントが欲しいですね。
いや、勿論一人で楽しめるようなイベントでお願いします…。
もうご一緒していただける相手とか特に望まないので…えぇ…

花火大会とかどうです?

今年はまだ見てないですね、花火。
見たいような見たくないような…

パクヨンハ



花火大会を開いてくれるのはいいんですけど、勿論花火上げてくれるのも見てる側としては嬉しいんですけどね、もう少し観覧席とか工夫したほうがいいと思うんですよ。
私のため、強いてや日本の未来の為に。

「カップル」はカップル用のスペース作ってですね、「独り身」用のスペースを作るべきなんです。
むしろそのためなら屋台なんていらない。笑

そんなスペースあったら喜んで、お金払って入らせて頂きますよ。


花火ね…
皆さんはなんで花火が赤や青や緑…紫、橙なんかの綺麗な色を夜空に残すことができているのか知っています?
よくよく考えてみれば解る話なんですね。

まず導火線に火をつけて…

おそらく筒から勢い良く火薬の詰まった花火の玉が飛び出るんでしょう。
ヒュ~ってな具合に。

そしてある程度の高さで、点火するんでしょうね。
そして…ドォーーンっと。

この一瞬のドーンの時には既に色がついてますから、
だって、音より光のほうが早く伝わるからね。
だからそれなりに速い速度で、玉の中のモロモロが燃えるんでしょうね。


つまり花火の色の正体はこの玉の中のモロモロです。
まぁ分かりきっていることですけど。でも中身は何が入っているんでしょう。
"燃えると色がつく"んですね。

普通物が燃える時って、煌々とオレンジ色の火がつくでしょう。
ガスバーナーやガスコンロを見慣れた人なら青色の火を想像できるでしょう。

でも、緑色の火ですよ?

紫ですよ?

あるんですね。燃えると、黄色や緑。さらに赤に橙、桃色、青色。
中学校くらいでお勉強したと思うんですけどね。


男と女



「炎色剤」なんて呼ばれてます。そうです、炎色反応。
時の通りなんですけどね、炎の色の反応を見るというものです。この反応で観察できた色によってどんな物質であったかが解るという物質の識別をする上でで非常に有効な手段です。

じゃか、どんな物を燃やすと色がつくのか。

ではでは、なるべく有名どころから。
「ナトリウム」って聞いたことありますよね。塩化ナトリウムとか、あのナトリウムです。
私の生活のいたるところで見つけることの出来る原子ですね。
金属元素です。ちなみにこのナトリウム、我々の人体になくてはならない生体必須元素なんですよ。
では、そんな「ナトリウム」を燃やすとどんな炎色反応が見られるのか。
これはですね、"黄色"の炎色反応が観察できます。



他にも「リチウム」なんか聴いたことがないですか?
リチウム電池とかね。軽くて起電力の大きいのが特徴ですね。ペースメーカーとかに使われているはずです。そうですね、あと他にメジャーな線で行くとすると…水素爆弾とかですね。
リチウムの同素体、説明は省きますが、リチウムに中性子というものを照射してあげるとですね、トリチウムっていう重水素ができます。
その重水素の核融合を利用した核兵器が水素爆弾です。
まぁ、そんなリチウムさんをですね、燃やしてあげると…深紅色。
深い紅色に。爆弾の話をした後にあまり聞きたくない色ですが、深紅色です。

他にもバリウムの炎色反応は緑色ですし、
花火で見ることの出来る"色"はこういった金属元素が燃えているものなんですね。

だから、本来の花火の楽しみ方はこう、なんです。


彼女「わぁ…キレーイ。見て見て、あの赤と黄色で出来た花の形!」


あなた「あぁ…。ナトリウム…バリウムか。いい色だね。知ってるかい?花火の火薬が詰まったあの玉の中にはだね、点火の速度を促進させるための可燃剤、酸化剤とさらには発煙、発音剤。もうこれでもかっていうくらい入っているんだ。色に感動する前に、僕としては花火玉があぁして点火し、色が付き、音を出して消えるという一連の流れに感動したいものだね。」


あ。
いいですよ?使っても。私しばらくこのセリフ使う予定がないので。笑
まぁ、しかしこんな技術が江戸時代には形になっていたっていうのがスゴイですよね。
元々はヨーロッパだったか中国から伝わってきたそうなんですけど。


花一時、人一盛り

私の大好きなことわざです。

花は美しく咲き誇るのがほんの数日でしかないように、人の盛んなのも短いですよっていう凄くいいことわです。
え?
そんなに妬むなって?いや、別にそんなつもりじゃ。
ただ、そんなに花火なんか見に行ってはしゃいだって、花火も君らカップルもね一瞬ですから。
えぇ。

さてさて。
またも醜い記事になっているのですが許してください。
ではでは。
あ、土日に実家に帰れそうですね。って言ってもこの記事が挙がる頃にはすでに私はもとの住まいに戻っていると思うんですが。

それでは、またね。


こんばんは。
一応ここまで挙げておけば…
この記事が一応、区切りです。
私が貯めておいた記事を挙げまくっている、今日は8月14日です。
一応、2日に1記事ペースで予約投稿しておきました。

8月24日ですね。
きちんと予約投稿できていればの話しですが。
一応ちょこちょこっと画像も入れることが出来たので、そこそこ見栄えはマシになった気がします…。
うーん。
しかし…いまは実家だからいいものの…

これがネットカフェだと大分記事が寂しくなりそうですね…。
うーん。
まぁ、その時はその時考えますか…。

それでは…。
次はいつ会えるのかわかりませんが…お元気で。

またね。
               
                            8月14日 千紀 
関連記事
[ 2011/08/24 13:00 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/123-6e8c398d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。