スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寄り道その97

こんにちは!

最近は何時間寝ても疲れが取れなくて…

翌日、なかなか起き上がれな日が続いております(;´∀`)

辛いですね、朝。

なんでこんな苦痛な思いして起き上がらないといけないんだろうとか思いつつ、朝からブルーな今日この頃。


今週、来週はちょっと忙しそうで…ブログの方もメイプルの方もどのくらいできるか…わかりませんが、開いている時間を有効に使いつつ、

乗り切ろうかと思います。

どうやら、メイプルストーリーでは、公式サイトで"散歩道"が更新されたようで。

私のブログでもあの企画をさっさとやってしまおうということでありまして。








折角メイプルの記事を書くのでまず最近の活動をちょこっとご報告。

せっせとバトルメイジの育成に時間を費やしております。

メイプルぶろぐ85b

うーん。

お城という狩場に4次してからお邪魔したんですが…すぐレベルあがっちゃうんですね(´・ω・`)

120から130はあっという間という…

お城が実装される前は、ちょうど120から130の4次転職してからの、スキルが揃っていないのでレベルが上がりにくいという…

言葉で言い表せないもどかしさの中…挫折というパターンもナキニシモアラズ。

また4次転職まで全力で上げたのに、4次転職してからは熱が冷めた、なんてこともナキニシモアラズ。

しかし…

「獅子王の城」

改めて狩場として利用すると、その効率の良さに…もう他の狩場には行けない。なんてことも考えられるんじゃないだろうか。

人間はどうしたって楽な道にいこうとする動物ですので、私もその効率の良さについつい負けるのですが…

なんか感じてしまいますね。


2011 6/7 "効率化" メイプルのこれから抱えるであろう問題とは。

詳しくはこちらで。

さてはて…そんな話題がしたいわけではなくてですね。

いやぁ…強いですね、バトルメイジ。BTMなんて略されるようですが。

わたしはちょっとお財布というか…これ以上お金をつぎ込むと孤独死とかありうるのでなかなか課金が難しいのですが…

最近はそんなことも考慮してくれて?、大分、"それなりの課金"でも満足して(?)遊べるようなゲーム仕様になっており、

ワタクシといたしましても大変助かっている次第で御座いまして…

"火力"のほうは追々…頑張るとしましても、冒険者じゃ出ないような火力が出るので…もうお城同様、私戻れません。笑


おや…

もう時間ですか。

そうですか、ではそろそろ行くとしましょうか。










コツコツコツ(革靴でコンクリートを歩く音)…

あぁ…ひょっとして、「MEVANTI(メヴァンティ)」をお探しですか?

あぁ、良かったらご案内しましょうか?

あ、いぇね、私もあの店に行く途中なんですよ。

ご覧のとおり、元麻布のこのあたりは古くからの屋敷町。

こんな静かな住宅街の奥にイタリアンレストランがあるなんて意外でしょう。

あ、そうそう。最初に教えておきますがね。

MEVANTIは店に入ってすぐ右手にウェイティングバーの長いカウンターがあって、その中に背の高い青い目のバーテンダーが立っています。

名前は、スタン。

いや、はっはー。ちょっと無愛想ですがね、気のいい男なんですよ。


アップデートの一週間前の夕方の常連客が織り成すメイプル 一の日常会話。

聴き逃したくないばっかりについ足が向いてしまうんです。


さ、着きました。

私が扉をお開けしましょう。


ギィィィ…


スタン「イラッシャイマセ」


管理人「やぁ、スタン。冷たいビールを。」


スタン「カシコマリマシタ。」


プレミアムモルツ


Mapliy Waiting Bar "MEVANTI"


スタン「オマチドウサマ。」


管理人「ありがとう」


管理人「アレ…あなたそういえば一度お会いしましたね。いやぁ、あの節はどうも。」


管理人「またここへお見えになったところを見ると…どうやら気になっているみたいですね。あなたも私も。」


スタン「マタ アップデートデスカ?」


管理人「そうみたいですねぇ、公式では"散歩道"が更新されていたみたいですから。」


スタン「ソウイエバ 今日ハ オ客サン 多イデス。」


管理人「そうみたいですね。はは、繁盛していいじゃないですか。」


管理人「おや…あちらの席で冷たいビールジョッキ片手に楽しそうにお話ししているのは…自称、公式サイトのアイドル、すもも公さんと、最近いろいろと記事でチヤホヤされている千キキさんじゃないですか…」


管理人「どうやら…来週のアップデートについて早速お話をしているようです…。いいですか…?ここでのルールは覚えていますね。では、聞き耳を立てましょうか…」


カランカランカラン…(グラスに氷が当たって鳴った時のあの音。)



すもも公「芸術が爆発だぁぁぁぁあああ( ・`ω・´)」

せんきき「芸術が爆発しちゃったら、ダメでしょう…。芸術"は"爆発だ。ですよ?」

すもも公「来ましたよ!ルネサンスパッチ第2弾!!( ´∀`)」

せんきき「来ますねー!私も楽しみです。でもどんな感じのものが入ってくるのかイマイチ解らなくて。」

すもも公「しょーがないな!今日は…特別に教えちゃうんだから!!」

せんきき「工エエェェ!!ホントですか!?それは嬉しいなぁ。」

すもも公「任せといて!!だって私はGMの中ではアイドルのすももちゃんだよ!!知らないことは"現実"かな!」

せんきき「アイドル気取りなんですね…。"現実"を知ってください。」

すもも公「じゃ、早速紹介していくね!!Lets Go!!」

せんきき「Goー!」


すもも公「もう私はここへ来るGMとは違ってアイドルなので!!もうズバッと言っちゃうよ!」

せんきき「パチパチパチ」

すもも公「一週間後に迫ったルネサンス第2弾パッチで来る目玉システムのまず最初の1つは…ズヴァリ…"名工の道"!!」

せんきき「名工の道!!凄そうですね…」

すもも公「もうスゴイのなんのって…」

せんきき「この夏が勝負ですからね…是非とも頑張ってもらいたいものです。」

すもも公「…?」

せんきき「やっぱり夏どれだけ頑張ったかのかが秋に出るんですよね。」

すもも公「…!?」

せんきき「私も見習いたいものです。」

すもも公「…えっと…なんのお話を…?」

せんきき「"名工の道"ですよね…?"名古屋工業大学"、略して"名工"ですよねぇ。あそこもなかなか偏差値が高かった気がするのですが…。」

すもも公「…」

せんきき「えっと…どうかされました?」

すもも公「ゴメンナサイ…。私たちネクソンは受験生の敵です。"誘惑"という名の。」

せんきき「…!!」

すもも公「で、では!気を取り直して…"名工の道"の説明をしちゃうね!(´∀`*)」

せんきき「よろしくお願いしますー」

すもも公「まず!皆さんには!!6種類あるスキルの中から自分にあったものを2つ選択してもらいます!!」

せんきき「…(受験科目のことかな?)ふむふむ。」

すもも公「それぞれのスキルには、"熟練度"、"等級(スキルレベル)"が大きく影響するよ!!」

せんきき「…やればやるだけ伸びるっていうことですよね。」

すもも公「そうですね!!(まだ受験ネタ引きずってるのかな…)」

せんきき「6種類のスキルにはどのようなものがあるんですか?」

すもも公「えっとですね、大雑把に言ってしまうと"調教師系"と"匠人系"と"錬金系"に分けられて、これらがさらに2つに細分化されます!」

せんきき「…!!(学部のことかな。名工って工業大学のはずだったような…)…イマイチ理解が出来ません(ノД`)」

すもも公「えっとね…とりあえず、( )の中の考えを捨ててもらえると助かるかな。もう名古屋工業大学は考えなくていいからね?」

せんきき「!!」

すもも公「では話を続けますよ!この6つの中から2つを自由に選択できるんです!」

せんきき「"調教師系"を選ぶとその2つに分かれるもの2つを自動的に選択することになるんですか?」

すもも公「違います!例を挙げるとね、"調教師系"の『狩猟家』と、"錬金系"の『錬金術士』のスキルを選べるっていうこと!」

せんきき「!!それはバリエーション豊富ですね!いろんな組み合わせが出来るっていうことですね。」

すもも公「そうなんです!組み合わせは無限大!!」

せんきき「いや…組み合わせは15通りのはずです。」

すもも公「"現実"は嫌いです。」

せんきき「…アイドルなんだもんね…。アイドルのすもも公ちゃんはどんなスキルを選ぶんですか?」

すもも公「そうだなぁ(人´∀`) 『踊り』と『歌』かな ☆(ゝω・)v」

せんきき「…。さ、次行きましょうよ…。」

すもも公「そうね!!」

せんきき「あれ…すもも公ちゃん…?後ろにいるのは誰ですか…?」

すもも公「え…?あぁ…私のファンなのっ( ´∀`)困っちゃうわ。もうずぅっと付いて来て。」

せんきき「…それってストーカー…。」

すもも公「冗談よ。この子は私の分身みたいなものよ。」

せんきき「え・・・?」

すもも公「あのね、この後ろに見えるのは…自分の性向にあった"もの"が宿るのよ…。」

せんきき「つまり…すもも公ちゃんの後ろに見えるのは…何を示しているの…?」

すもも公「"カ・リ・ス・マ" ☆(ゝω・)v」

せんきき「…。」

すもも公「でも変ね…。わたしのが見えるなんて…コレが見えるのは、あなたも持っているということよ…コレを。」

せんきき「…流石ですね。そうなんですよ。実は私も術者なんですよ。」

すもも公「…やはり、そうでしたか。」

せんきき「わたしの"スタンド"見せてあげましょう!!」

すもも公「!!!!それは…!!スター・プラ○ナ!!!」

せんきき「ザ・ワー○ド!!!」

すもも公「(…う、動けない…これが…)」

せんきき「そして時は動き出す…」

すもも公「…はぁはぁ…。なんてスタンドを…」

せんきき「ジョジョネタはこれくらいにしましょう…。」

すもも公「そうですね…悪乗りし過ぎちゃいました(;´∀`)」

せんきき「で、どうすればスタンド、ぁ、いや"神様"みたいのが見えるようになるんですか?」

すもも公「実は"性向システム"っていうのが導入されるんだけど…、自分がした行動によってパラメーター値が上昇する仕組みなの。」

せんきき「いわゆる…自分の性格がそのまま出るんですね。」

すもも公「簡単に言うとそうね」

せんきき「あれ?何飲んでいるんですか?」

すもも公「お酒ばっかりじゃ体に悪いから、今日はちょっと家で作ったお茶を持ってきたの。よかったらどう?」

せんきき「いただきまーす!」

すもも公「どう?」

せんきき「美味しぃ!!すごいよ!」

すもも公「(*´σー`)えへへー。実は、お茶っ葉から自分で作ってるのよ。」

せんきき「すごい!すもも公ちゃんのお家って畑あったの?」

すもも公「実はね、これも今回のパッチからなんだけど、一人に一つの"農場"そう"ファーム"が与えられるの!!」

せんきき「すごい!今農業女子って流行りだもんね!!!」

すもも公「そうそう!レッツ!ファーミング!!」

せんきき「あ、お料理出てきたよ!!さすがイタリアンレストラン☆彡」

すもも公「うわぁー美味しいねぇー」

せんきき「見て見て、このお魚(人´∀`)もう…」

すもも公「うわぁ(´∀`*)」

せんきき「美味しい!ヾ(*´∀`*)ノ」

すもも公「あ!!魚で思い出したわ!!」

せんきき「え!?」

すもも公「なんと次回のパッチから"釣りシステム"が大きく変わるわ!!」

せんきき「釣った魚は食べれるように??!!」

すもも公「ホイル焼きなんて美味しそうよね。」

せんきき「他にはどんな感じに変わるんですか?」

すもも公「そうね…、いままでは椅子に座って勝手に釣っててくれたけど…なんと…アクション性を取り入れたよ!」

せんきき「アメーバピグでも釣りっていうゲームがあるんですけど意識はしたんですか?」

すもも公「ノーコメントでお願いします(;´∀`)」

せんきき「釣った魚はコレクションに加えられる…これもアメーバからですか?」

すもも公「ノーコメントでお願いします(;´∀`)」

せんきき「え、では…」

すもも公「あぁぁぁ!!もうお時間ですよ!ききちゃん!ほら、酔ってるんですよ。もう私より先に酔っちゃダメっていつも言ってるのに…」

せんきき「酔ってないれす~」

すもも公「第2弾ルネサンスアップデートまで残り6日!!みんな楽しんでね!!」


           メイプルぶろぐ86a
      ※この内容は管理人の予想と妄想であり、パッチ内容を保証するものではありません。
       また登場する人、キャラクターは一部実在しないものも御座います。



管理人「なるほどねぇ…、今回のパッチはノホホンとしてますね。」


スタン「ワタシ キライジャナイデス」


管理人「そうだね。そういったプレイヤー、あらゆるプレイヤーのニーズに応えるというのが今回のパッチの姿勢かもしれないね。」


スタン「来週ガ 待チ遠シイデスネ。」


管理人「あぁ、そうだね。ところで、あなたはどういった感想を持ったんですか?」


管理人「では、あなたの感想にも聞き耳を立てるといたしましょう…。」










今回のパッチの散歩道からの私のブログでの"寄り道"以上です。

楽しみですね、ルネサンス第2弾。

最後のSSですけどね、このためだけにポイントショップで『釣り竿』買いましたから。笑

690ポイントもするんですね…

安くしないと誰も買わないって…。

だって、いま1chで釣りしてる私ですけど、誰もいませんからね。

ということで、アップデートが来るまでの1週間。

わたし…"ひと足お先に、釣り週間!!"やってます( ・`ω・´)

ポイントの使い道がないそこのあなた!!

わたしに会いに来ませんか?笑

ちなみに6chの釣り場にいるんです。ただ、いまのところ経験値と、鯉しか釣れないんです(;´∀`)

これで690Pは高いなぁ。

あ、ちなみ990Pで高級釣り竿が買えるんですよ?わたしを越えたければ是非、そちらお買い求めください。

どうやら散歩道から推察するに、釣った魚は保管できるらしいので、今から釣っておきたいと。

まぁ、パッチ後の魚に限る!とか言われたらそれきりなんですが。笑



それでは、また釣り場でお会いしましょう?

え?しない?

それは残念。

では、また。


 


関連記事
[ 2011/08/05 16:00 ] メイプル成長記録 | TB(0) | CM(2)

>最近はそんなことも考慮してくれて?、大分、"それなりの課金"でも満足して(?)遊べるようなゲーム仕様になっており

それって逆にいうと少し課金しなきゃ満足できないってことですよねw
まぁ実際そうなんですけど←

BTMはLVあがるのはやいし狩りはスピーディーだし結構楽しいいですよね(´・ω・`)

スタン片言ww
[ 2011/08/05 07:54 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございました!

リンクフリーです どうぞ><
[ 2011/08/05 20:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seed2011.blog65.fc2.com/tb.php/113-eafafe41










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。