スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メイプルワールドに「メタルギア」が運び込まれた?!

こんにちは。


実は9月あたりから新しくキャラクターを作成し遊んでいた。


正直、新鮮さがあまりなくなってしまったメイプルストーリーだが、ゆっくりと遊んでいくことにした。


レベルが上がるごとに発生するクエストをちまちまとこなしていく。


久しぶりにゆっくりとメイプルストーリーをプレイすることでなんとなく昔感じていた楽しさを再発見できた。


そこで遊んでいたあるクエストにて、実にくだらない創作物が頭のなかに浮かんだ。


9月辺りから書き始めていたが、なんだかんだ忙しかったり、グダグダしていたら完成にいつのまにか1ヶ月かかっていた。


ぶっちゃけ、文章よりもスクリーンショットの加工のほうに時間がかかっていた気がするけども・・・(´・ω・`)



そんなわけで・・・



本日はダンディーでメタルギアな私のメイプルストーリーをお送り!



・・・




・・・




・・・




9月2日にKONAMIが誇る名作「メタルギアシリーズ」の最新作が発売された。


「メタルギアソリッド5・ファントムペイン」、シリーズ5作目となる今作は「メタルギアソリッド5・グランドゼロズ」をプロローグとした2作品で構成される。


今作はオープンワールドで時間経過や天候変化もあり、非常にリアルなスニーキングミッションをプレイできる。


私も昔からプレイしていたシリーズであることもあり、早くプレイしてみたいところだ。


そもそも「メタルギア」とはなんなのか。


金属の歯車」と訳される、それはソ連の秘密設計局の局長アレクサンドル・レオノヴィッチ・グラーニンが「兵器は時代を動かす歯車である」ということに由来されるらしい。


その実態は、地形から核ミサイルを発射することができる二足歩行型の戦車であり、単独での作戦行動が可能なもの。


そう、核搭載二足歩行型戦車の総称である。


「メタルギアシリーズ」の主人公はその兵器を破壊しに行ったり、奪取しに行ったり・・・。



メタルギア




「メタルギアソリッド5・ファントムペイン」が発売されて、数日後。


メイプルワールドのとある場所に秘密工作員が舞い降りた。


彼はメイプルワールドに密かに運び込まれた「メタルギア」の破壊任務を受けやってきた。


彼の所属する組織は「Six Seven Style」。


頭文字をとり「トリプルエス」とも呼ばれているが、通称「ろくなな」。


謎の多い秘密組織である。


今回の任務はまったくの未開の地「メイプルワールド」で遂行することもあり、組織より6人の事前潜入作戦を行った。


メイプルワールドに侵入後、半日より彼らより連絡が途絶え、組織は二次部隊を7人送った。


しかし、その7人とも2日後連絡が途絶えた。


彼らの最後の通信に残された手がかり「リエン海峡」をもとに、「ろくなな」でも屈指の潜入能力を持つ工作員を投入することになった。




彼のコードネームは「マシンガン(MG)




めいぷるぶろぐ10



潜入工作はいかに現地に溶け込めるかが鍵となる。


メタルギア」に繋がるものは、事前潜入隊の掴んだ手がかりによれば「リエン海峡」だ。


リエン海峡はリエンの村より東に行ったところにある、氷塊が浮かぶ海だ。


リエン地方はその全土が雪に覆われ、一年を通して気温が非常に低い。


海峡には「観測所」が設置されている。


メタルギアを保有している組織は謎に包まれているが、やつらが身を隠すにはうってつけの場所であるのも確かだ。


すでに核弾頭ミサイルを搭載し終わっている、との情報もあり事態は一刻も争う。


やつらの企みがまだ定かでない以上、事は大きくせず遂行するほかない。


メタルギア、つまり「核搭載二足歩行型戦車」の存在が公になれば、



世界の「核バランス」が根底から覆される。


世界は核の炎に包まれることになる。


そんなことは絶対に阻止しなければならない。


言うまでもなく、


このミッションは「ステルス・ミッション」だ。


さぁ、仕事を始めよう。



(【ろくななミッション】スクリーンショットに隠れているMGを見つけよう!)



めいぷるぶろぐ3



リエン村に到着した。


ここまでの潜入はとくに困難もなく進んだ。


メタルギアがあるのであれば、村に監視役が1人2人いてもいいはずなのだが・・・。


この村には俺がこれまでの任務で感じた緊張感がない。


漁で捉えた魚を焼き、談笑をする。


とくにおかしい部分はない。


しかし油断は禁物だ、村人がメタルギアと関わっている可能性はゼロではない。


まずは村で情報を収集する。


村の図書館にはそれらしいものは見当たらない。


ここは村長の家を当たってみるか。



めいぷるぶろぐ4



村長の家に到着した。


村の中心にあることもあり、村人の往来も多く潜入には少々時間がかかりそうだ。


時間がかかる理由は村人の存在だけではない。


この村長の住居には窓がない。


つまり、侵入経路は正面の1つのみ。


村長の家の中から気配は感じられない、おそらく村長は外出中だろう。


村長の家を影に周りを見渡すと、村人と一風変わった娘がいる。


村長の娘か・・・。


しかし、なんだあの気配・・・。


「村長!」


先ほど村の図書館に行く道中で見かけた、魚を焼いていた村人がたしかに「村長」と言った。


そしてその掛け声に反応したのは目の前の娘。


そうか・・・この娘が村長か。


この若さで村長、つまりこの村は一族支配、血の繋がりを重視する村か。


これまでの経験で血族が絡む土地は、なにかと厄介だ。


たいてい村人は妄信的にその土地を治める者を崇める。


やはり、今回の任務も一筋縄ではいかないみたいだ。


とりあえず今は、村長が村人の掛け声であちらに注意がいっている間に侵入をする。



めいぷるぶろぐ5



家の中は単純な造りで、机がありシングルのベット。


円形の家の構造上、書籍等は生活空間を囲むように並んでいる。


また窓がないと思っていたが、どうやら天窓らしい。


家の真上に窓がある。


光がそこから差し込んでくるため円形の建物は部屋全体が照らされる。


ちょうど昼時で助かった、これで探しものがしやすくなった。


いまこの部屋で見つけておきたい情報は「リエン海峡」の実態。


村人に直接聞けない以上、その類の書類を見つけたいところだ。


・・・どこだ、リエン海峡のレポートは・・・。


ベットの横には備え付けの引き出しがある・・・この中か・・・。


こ、これは・・・


オカ◯ト製の天然ゴムラテックスを素材とした、薄くて付けた感じが全くしないアレじゃないか・・・。


しかもビックサイズだと・・・むぅ・・・。


1つ拝借して書類の捜索を続けよう。


タンスの中、本の間、台所の棚・・・なかなか見つからない・・・


このベットを借りて横になって考えようか・・・。


ベットはふかふかだ。


まくらも頭にフィットして寝心地がいい。


しかも良い匂いがする。


寝返りをうつ・・・ん・・・なにか違和感が・・・。


まくらの中か!!


・・・あった・・・これがリエン海峡の資料。


めいぷるぶろぐ11


・・・ふむ・・・村人からの調査レポートに加え、正体不明の組織からのレポートもファイリングされている。


これらのレポートから読み取ると・・・


リエンでは漁業が盛んであり、それとリエン海峡での低温海域が作る、氷河つまり上質な「」が輸出されている


かつて海峡で取られていた「魚」や「氷」はリエンにとって大きな収益になっていたが、ここ最近の温暖化の影響で海域の環境が変化した。


魚は減り、氷もできなくなった。


いまはかつての氷山が溶けていくのをただ待っているだけ。


それゆえ、魚や氷山を観測する目的で建てられた観測所もいまや閉鎖されている。


そしてもう1つ。


氷を輸出するための「氷河輸送船」も廃棄された。


だが観測所や氷河輸送船の廃棄には大金がかかるために、現在はそのまま放置されている


そして氷河輸送船が放置されている地域は現在、その一帯を買い取った組織がある。


それが「ブラックウィング」。


そしてこの氷河輸送船が停泊されている地域での水質検査・・・。


異常なほどの放射線および有害物質が検出されている・・・。


メタルギア」は核搭載の二足歩行型戦車。


放射線は核兵器。


有害物質はここで兵器の開発をしていたからだ。


行くべき場所は決まった。


この氷河輸送船停泊地域に向かう・・・。


めいぷるぶろぐ7


現在乗り込んだ定期船は、どうやら氷河輸送船停泊地域に物資を届けているようだ。


食料や金属部品が主だ。


これだけではメタルギア製造の証拠にはならないが、廃棄された輸送船地域に物資を輸送する必要性はなんだ・・・。


やはり製造の疑いはゼロではない。


そうこう考えを巡らせている間に到着したようだ。


一見、本当に捨てられた地域に見える。


だが定期船の荷物はここで降ろされている。


誰かが、何かが、ここにあるはずだ。


・・・さぁ、潜入ミッションの開始だ。


少し進むと何かが動いているのが見えた。


どうやら人ではない・・・。


めいぷるぶろぐ9


なんだ・・・コイツは・・・。


歩いている・・・。


偵察機か・・・・?!


先に進めば進むほど警備が厳重になっている。


やはりきな臭い・・・。


この先に何があるというんだ。


いや、わかっている。


自分の中で答えは出ている。


この先には「アレ」がある。




そしていよいよ氷河輸送船が見えてきた。


ガタン


大きな音がする。


金属と金属がぶつかり合う音だ。


さぁ、でてこい。


決着をつけよう、メタルギア!!!


めいぷるぶろぐ12


・・・なんだ、こいつは・・・。


これは・・・メタルギア・・・なのか・・・?!


たしかに「戦車」だ・・・。


しかし二足歩行型の戦車ではない。


むしろ1輪だ。


2輪キャタピラならともかく、なんて非効率的な造りなんだ・・・。


あれでは旋回が上手くできないのでは・・・。


搭載兵器は・・・ドリル・・・そしてなにかの噴射口・・・。


噴射口の周りを観察すると・・・あれは黒ずんでいる。


・・・火か・・・あれは火炎放射器だ。


メタルギアではないのか・・・?


核兵器が搭載されている様子はない・・・。


なんてお粗末な兵器だ・・・。


私は怒りとやりきれない気持ちで飛び出した。



MG 「潰れろ!スクラップめ!!」



そう言い放ち、敵兵にマシンガンを構えた。



敵兵 「なんだ、貴様は!?」



MG  「そのスクラップを潰しにきた、このニセモノめ!」



敵兵 「ニセモノだと・・・?なんのこ・・・と・・・ハッハハハハ!!!」



MG  「・・・なんだ?!」



敵兵  「貴様が探しているのは『メタルギア』だな?」



MG  「っ!?!?」



敵兵  「ふっ・・・それならばいいことを教えてやろう。この兵器はメタルギアであってメタルギアではない



MG  「どういうことだ・・・?」



敵兵  「コイツはメタルギアの設計を元に造った模造品だ」



MG  「コピー・・・・だと?どこがメタルギアなんだ、そのポンコツの」



敵兵  「コイツは量産型だよ、この規模の戦車でも大量生産が軌道に乗ったんだよ、メタルギアのおかげでね」



MG  「ホンモノはどこにあるんだ」



敵兵  「さぁな。しかしメタルギアの量産計画もすでに始まっている。」



MG  「なにっ!?」



敵兵  「このメイプルワールドにメタルギアで溢れるのも時間の問題だよ。」




そして敵兵が動いた。


ドリルが回転し始め、火炎放射器がいまにも火を噴き出そうとしている。



敵兵  「おしゃべりはここまでだ。冥土の土産はできたはずだ、ここで永遠に眠れ!!」



MG  「いい度胸だ!!」




火炎放射器からが吹き出した。


私はとっさに身をかわした。


しかし、そこに猛回転するキャタピラの音とともに、ドリルが目の前に突っ込んできた。


私は咄嗟にマシンガンを構え、敵兵を狙い撃った。


何十発と敵兵に向かう銃弾


思わず操縦桿を切る敵兵。



私の寸分先で戦車が消えた。


間一髪だった。


振り向くと腕から血を流しうずくまる敵兵。



私はまよわずその眉間めがけて引き金を引いた。




めいぷるぶろぐ13



兵器は破壊した。


どうやらこのリエン海峡にはあの一台のようだ。


氷河輸送船のなかではあの兵器の生産ラインがあった。


私は船を爆破し、このリエンの地から脱出した。


今回の作戦の目標は「メタルギア」であり、それは叶わなかったが手がかりは掴んだ。


どうやらリエンの地で作られていた兵器はメタルギアの模造品で、オリジナルのメタルギアがこのメイプルワールドにあることがわかった。


ひとまず本部に報告をしよう。




また近いうちにメタルギアに、その開発者に出会えるはずだ。



めいぷるぶろぐ14



・・・to be Continue?





・・・





・・・





・・・




お見苦しい物をまた勢いだけで書いてしまった。


とくにオチもないが9月にメタルギアが発売されて、買おうか悩んでいるうちにメイプルをやっていたら、


リエン海峡にてメタルギアに似たアレに出会った。


そのためだけにアバターを買い、続きを匂わせるためだけに2体目も作っているという(´・ω・`)


いまはメカニックをプレイしていますが、アップデートでスキル改変があったようでなかなかに面白い。


私は海賊メインでキャラクターを作っていたことが良い方向にころんだのか、キャプテンやキャノンシューター、ゼノンから装備を移して結構快適に育成できている。


そういった育成の面ではサクサク進んで面白い。


次の記事ではメカニックの近況をお知らせできる記事でもお送りしたい。


それでは今日はこの辺で。


またね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/10/25 21:45 ] メイプル成長記録 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。