スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いつか…じゃなくて、いますぐ…そう、いますぐ伝えたい。この気持を。

こんにちは。


ご無沙汰しております。


毎回似たような挨拶で申し訳ない。


今月、9月の当ブログの更新がついに「3」記事という、

だんだん管理人のやる気の無さが数字に出てきているのですが

読者の皆様はどうおもわれているのか、ぜひ聞いてみたいものです。


ただ不思議なもので、更新していないのにもかかわらず、

管理人のやる気のないブログには毎日数百人来ているという。


ありがたいような、申し訳ないようなフクザツな気分ですが、

とりあえず訪問ありがとうございます。



さて。


本日は、やる気のない管理人ではありますが、

無情な人間ではないので、アクセスカウンターの数字を見れば

心が軋んでしかたがないので、贖罪のつもりで更新です。



ヤル気はあるんですけどね?



最近自分でも思うんですが、自分で口にするジョークというか…

冗談というか、ウケを狙ったモノがことごとく自分で口走ったあとに

後悔するという、俗にいう、「スベってる」状態が続くのですが…


お酒の席でもなかなか気の利いたセリフも出てこないので困ったものです。


今日はとくにコレについて書くんだ!伝えるんだ!

ということがあるわけではなくてですね・・・


ただただ駄文をダラダラと書き綴っていこうかな、とか考えてるんですが。


「ネトゲやら、エロゲやらのこと書けばいいじゃない」

っていう声が聞こえそうなのですが、

どうも最近、何年間もそんな生活してると飽きというか、

マンネリ期がくるわけです。

まぁ、『期』っていうくらいですから、また元の生活の戻る可能性が

大アリなんですけども、それはまた別の話にしておいて…。



ネトゲに関しても、もう4年以上やってきたメイプルストーリーは

ここ1ヶ月ログインしておらず。


ただ最近アップデートがあったようなので久しぶりにログインしてみたら

友達登録していた方にも、ギルドの方にもお会いすることはないという。

友達、ギルドの知り合い合わせると50人はいるはずなんですけど…


ネトゲの1ヶ月ってなんだか短いようで、

ネトゲの中の世界は大きく動いているようです。


特にメイプルストーリーにおいて「これやろう!」

とかは考えていないのですがアップデート情報を眺めてると

どうも面白うそうなシステムが導入されているので、

少しは顔出してみようかな、とか漠然と考えております。



最近、私がやり始めたモンスターハンターフロンティアの方ですが

プレイを始めて1ヶ月経たず仕舞いであっけなく幕を下ろしそうです。

さようなら、私のハンターライフ。

なんでも、ここのところ楽しくデッカイ怪獣を殴っていると

いきなりですね、

「サーバーと通信が切れました。」

と、ブラウザが強制終了してしまう現象が連発しておりまして…。

俗にいう、"通信エラー"という問題のようですが…。

こちらのほうでもいろいろと試行錯誤してみたのですが…

どうも原因が私のパソコンや、ファイアウォールにあるわけではなくて

私が契約している光通信のプロバイダーのほうに問題があるようです。

きっと。たぶん。

モンハンFに関しては、月額制ということで既に3ヶ月分の金払ってるので

なんだかとてもいたたまれない気持ちになってますが、

ネトゲではよく「通信エラー」という事故を事前に想定していなかった私の

落ち度も十分あるのでここは大人しくカプコンが

なんとか、どうにかしてくれるまで待つことにします。


ただ単に私がプロバイダーに連絡し、

通信速度でも見なおしてみればいいだけの話なのですが…。



上記の私の潔い諦めから、

「ああ、この管理人は面倒くさがりなんだ」

という解釈は微妙に間違っているので、その認識を改めてください。


私はわざわざネトゲ1つの通信が不調だからって、

プロバイダーに苦情入れるほど、小さくないのです。寛大なのです。



さて。

ここまでいつもの私が書くような記事とは違った文調で書いてますが

中身が変わったわけではありません、仕様です。


というのも、普段通りにフォントを変えたり、文字色変えたりするのって

結構しんどい作業なんですよね。


タグをいちいち挿入しないといけなかったりと…

ここは強調したいから…こんな風にしようとか…。

ウケを狙ったところを、妙に冷静に編集している自分がなんだか、

惨めに感じられるので、今回は終始シラケた管理人を気取って

綴って行きたいと思います。



なんだか昔、といっても1年前なんですが、もう少し駄文を重ねると言っても

結構長く書けた気がするんですが…

今はあんまり、書きたいと思ってることがうまく字となって出て来ません。


ただ世の中にはあまり脈絡の文章を無意味に書き連ねるようなものを

忌み嫌う高貴な方々もいますから、

今書いてる私のこの駄文、もとい脈絡もなく、意味もない文章の塊となった

記事を、書くことがなくなった時点で早急に編集をやめるべきなのでしょうが

そうはいきません。

私は今日は無意味に、ただただシラケた管理人を演じなければいけないのですから。


そう、言うならば道化。


自分が思っていること、感じていることとは、

相反する行動をする。


それが何を成すのかなど、それが結果としてどうなるかなど私には

興味はない。

なぜなら、ピエロ、もとい道化である私は、結果よりも

その結果への過程を楽しむのだから。


観客が笑おうが、泣こうが、驚こうが、私には関係がない。

私がピエロを演じるとき、私がピエロとして行動するとき、

観客がそこに期待を浮かばせた目を向けていればそれでいいのである。



…などとシラケた管理人を、小説チックに書いてみたが

イマイチぱっとしないのでボツにさせていただく。


ただここのところ、自分でも小説書きたい願望があったりするので

これはこれで今後のこのブログに期待していただきたい。


ただそれを書いているだけの時間がないのと、アイディアがなかなか

まとまらないのがネックであり、致命的であるような気がする。




ここまでのところ、ざーっと5分もかけずに書けたのは早いのだろうか、

それともここ数週間、いやこの1ヶ月もの間、

このブログをほうっておいた私の中に溜まりに溜まったネタというネタを

一度に出せただけなのか、

正直、自分でもわかりかねますが…。



しかし早いもので本日9月30日で、9月も終わりのようです。



私がどんなふうに過ごしても、明日は来て。



君がどんなふうに過ごしても、明日は来て。



24時間が経てば、明日が来て。



でも、私が過ごす24時間と、君かが過ごす24時間は違うもので。



そのどれもが同じであって、違うもの。



今、君は何を思って、何をして過ごしているのだろう。



どんなことを思っても、どんなことをしてても明日がくるなら、



少しもでも素敵な明日に出会えるように、



君には希望を持っていて欲しい。






っと、柄にもなくポエムっぽく閉めようと思ったが

柄ではないのでやめておくことにした。

やっぱり今日は終始一貫、このシラケた管理人を演じることにする。



ちなみに今日はもうしばらくこのダラダラとした記事に付き合って頂く。

ここまで律儀に無駄に改行し、見づらい字面だけの記事を追ってきた読者はいかほどか。

おそらく100人の閲覧者がいれば、10人もいないんじゃないだろうか。

いや、最早5人いればいいほどだ。

そしてそんな人間はきっと活字中毒なのだろう、私と一緒である。


ただ誤解しないでいただきたいのは、私は読書やADVと言われるノベルゲームも好きで、

つまり字を追うことは好きなのだが、

文系の人間というわけではない。


私は自他共に認める、バリバリの理系の人間である。

そして合理主義な人間である、と信じている。

ただ合理主義な人間は、きっとブログなどやりはしないだろう。

また合理主義な人間は、生産性も、将来性も見いだせないネットゲームに勤しみはしないだろう。


だから私は合理主義な人間ではないのかもしれない。

けれども私は常に物事の最短を知ろうとし、また行動に移そうとも思っている。

思っているだけで実際、行動に移さなければただの理想に終わるのだが。


さて。

長々とやはり脈絡もない駄文を重ねてきてしまった。

私は今回の記事を自分でも読み返すことはないのだろう。

普段ならば、誤字がなかったりだとか、

強調したいところ、などを探すために1,2度は書いた記事を読みなおすのだが、

今回はそんなことはまず間違いなくしないだろう。


なぜか。

それはわからない。

なぜか、と問われて完璧に理由が答えられることなど世界にはどれくらい存在するんだろう。

そして世界には明確に理由が説明できる事象が、

今現在でも認知されている事象全てに対して明らかに少ないことも私は知っている。

だから、私がここで、この記事を決して読み返さない、

その理由が答えられなくても不思議ではないだろう。


むしろ世界の全事象に対する比率から考えれば、

自然の成り行きだとも言えるのだろう。



思えば、こうしてただ字だけの記事を書き、

思ったことを飾らずに記事にしたことを私はブログを開設して以来、

したことがないように思われる。


普段は、くだらないことばかり書いている私だが

たまにはこういう違った趣にある記事もいいのかもしれない。


そもそも、記事、とはなんなのか。

記事…漢字から読み取るならば、「事の記し」だろうか。

記事と聞いて、メディア情報系のものを連想してしまうが、

結局は、「事の記し」。

「事」に対する認識は、おそらく100人いれば100人の解釈があるはずだ。

まぁ、つまり記事は「自由」であることが、

自由に書き綴られることが求められるのが、記事である。


では「自由」とはなんなのか。

自由、それは…なんなのだろうか。

果たして自由とは、どんなものなのか。


そしていま私は本当に自由なのだろうか。


自由とは、自我が、己が、縛られていないことを指すのだろうか。

勿論、身体的にも、精神的にも、である。

そして、精神的の縛りの開放の中には、思考の縛りの開放も含まれているのだろうか。


そしてその思考の果ての行動における縛りは、本当にないと言い切れるだろうか。


答えは、否、である。

勿論、記事がいくら自由であるからといって、

この記事には、私が、己が思ったことを、書き連ねるという行動に移すときには、


なんらかの制約が付くのである。


勿論、それは社会に属する、人間の宿命であり、

その世界に属するための最低限のルールである。


ルール、つまり法律、人によって作られた決まり。


明文化された法律によって、

私の記事の文は自由には、表に出てこれないのである。


文が、文によって縛られてしまった。


自分の、自由な、文が、書けると思ったのに。

   
私の、自文 はどこへいってしまったんだろう。
   




さて。

ここまで読んでいただけた読者は今画面の前でどんなことを思い、

記事を書いた私に対し、どんな思いを抱いているのだろう。

「気でも狂っているのか」「頭がおかしいのだろうか」

きっとそんなことを思っている人間もいるだろう。

別に構わない。


むしろそう思ってくれているのならば、今日書いた記事は成功だといえるだろう。


誘導尋問、というものがあるように、意識したのは事実だ。

私も今回は、自分で書いていてこれはどうかと思っていたのだが、

うまいこと、「管理人はおかしいな人間である」という方向に持っていけた気がする。


言葉に情は乗る、言葉に霊が宿る、など言われるが、

文にはどうなのであろうか、文にはなにかが乗ったり、宿ったりするのだろうか。


残念ながら私は前述したように、理系の人間であるので、

そのような非科学的なことをあまり受けれ入れられるはずもない。


文に情が乗るかどうかならば、なんとか調べられそうではあるが…

文になにかが宿ることなどは調べようがない。



さて。


またも話がいくつも脱線してしまっている。

きっと頭がいい人が読んだならば、幻滅するに違いない。

いや幻滅する前に読む気もなくすのかもしれない。


それでも構わないのだが、ここまで懲りずに読んだ方には素直にお礼を述べよう。

ありがとう。

そして、おめでとう。

そろそろ当記事も終わりが来ようとしている。

書いている私が、そろそろ書くことがないことに気づき始めているのだから。

コレは間違いがないだろう。

きっと私はまたもや脈絡もない話題に逸れ、そして唐突に記事を書き終えるのだろう。


ただ最後くらいは脈絡もない話題に逸れるのはやめておきたい。

だったらここで無理矢理にでも終わらせてやるのが、

ここまで長く書き連ねてきたこの記事への、せめてもの情けとも言わないが、誠意というものなのだろうか。


では、私とて名残惜しいものがあるのだが、

コレ以上、自分のここ1ヶ月を吐露できた記事をコレ以上脈絡もない駄文で汚すのももったいない話である。




最後にはなるのだが、




私は今、とても

















































可愛い妹が欲しい
いますぐお兄ちゃんに妹だって言いたい


結局最後はこう終わるのでした。

えぇ、いつもそうです。

では最後までありがとう。


きっと来月からは本気出せる、うん。きっと。


では、あでゅ!



関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/09/30 03:00 ] ブログ | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。