スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エロゲやってたらお盆休みが終わってた(#・∀・)

こんにちは。


どうも。


ご無沙汰してます(;^ω^)


先週から「更新するぞ!更新するんだ!」と息込んでいたわけでございますが…


当ブログはお盆休暇を頂いております。



さて。


そんな「お盆もそろそろ終わりじゃね?」的な本日は、8月2回目の更新です。


まず言い訳からさせていただくとですね。


今月の更新率の低さの原因は、もう言わずもがな、なんですけども、エロゲなんですけど


特にお盆休暇中は、酷かった(;^ω^)







 14時 : 起床


 15時 : エロゲ


        ~


 21時 : エロゲ


 22時 : 朝昼晩御飯


 23時 : エロゲ


        ~
 

 6時  : エロゲ


 8時  : 就寝







 こ  れ  は  酷  い  wwwww



もうすでに、起床時間から健全とは言いがたいのですが


なによりもまず、自分でここ最近の日課を、こうして書きだしてみて思ったのが



起きてすぐエロゲやってるのは我ながら気持ち悪いな。



まぁ、最近のエロゲはどこも作りが幾分、ひと昔前よりも凝ってまして。


どうしても夢中になってしまうんですよね( ・∀・)


どうも最近ですね、エロゲに対する誤解というか、どうも間違えて捉えられてる部分をですね、私のようなユーザーと、


エロゲをまったくプレイしない方との間で激しい激論を繰り広げる機会が多くてですね。



どうも、プレイしない方の「エロゲ」のイメージ、また「エロゲ」と聞けば、


年端もいかない金髪ツインテールのランドセル背負ってる幼女を陵辱してヨダレ垂らすゲーム


のように、理解してる方がいるようで?( ・∀・)


全く違いますよ(ヾノ・∀・`)


いや私もそんな夢の様なジャンルも大好きなんですけど


そんなのばっかりじゃないですから(;^ω^)


創刻のアテリアル


さて。


ここ最近、つい一昨日くらいまでは、この「創刻のアテリアル」ばっかやってましたよ。


エウシュリーから今年3月だか、4月に発売された新作。


エウシュリー・アナスタシアというブランドといえば、SLG専であり、


つまるところの『遊べるエロゲ』を第一に考えた素晴らしい北海道のメーカーさんです。


「ゲームなんだから遊ぶのなんて当たり前だろ?」と思ってるそこの方。


ところがどっこい。


ここ最近、いやもう何年も前からエロゲというのは、「美少女ゲーム」とは言われるものの、「ADV」というジャンルであり、


ぶっちゃけ、パソコンをインターフェイスにした電子書籍でありまして。


ただちょっと、綺麗な声でキャンキャンと鳴いてるだけで?笑


ほんとにエロゲって、「読み物」としての色合いが強いんですよ。


「ゲーム要素」ってほんとにタマに出てくる「選択肢」クリックするだけですから。




ですから、エウシュリーさんから発売されるような、「RPG」・「育成」・「シュミレーション」なんかをメインに置いてるエロゲって、全然新鮮なんですよ。


「普通のRPGやれば?」って話なんですけどね?


「ファイナルファンタジー」?「ドラゴンクエスト」?


「モンスターハンター」?「バイオハザード」? 


エロシーンねえじゃん?(#・∀・)


もうこういう発言が出てくる次点で、だいぶ私の頭のぶっ壊れ具合がわかると思うんですけども。


ちょっとお話がズレましたが、エウシュリーです。


SLGです。「創刻のアテリアル」です。


ぶっちゃけ、なかなかプレイする時間が取れず、購入してから4ヶ月経ってやっとプレイし始めるという。


アマゾンのレビューや、ほかの販売サイトでのレビューやらを見ているとあんまり評価がよろしくなかったので、プレイするのも見送っていたんですよ。

創刻のアテリアルCG


私は、いまのところ3周しましたけども、全然おもしろいじゃないですか?( ・∀・)


いやぁ、いままでのエウシュリーの作品とは打って変わってですね、


現代世界が舞台だったっていうのが、私の中で高ポイントでした。


今まで、「現代世界」を舞台にするのはアナスタシアだったんですけども、最近はアナスタシアが奮わないのでいよいよってところだったのでしょうか。


今年はもう新作は発売あるかどうか微妙なところですけども…。


やっぱり安心してブランド買いできるブランドさんです。



・・・



・・・



・・・


紅神楽


こちら、でぼの製作所から発売された「神楽シリーズ」の最新作。


「紅神楽」。


ジャンルは、「巫女さんタクティカルSRPG 」。


もうわけわかんねぇジャンルですけど、RPGが伝わればいいんだと思います。


私は、この神楽シリーズに関しては、初期からプレイはしているので思い入れは強いはずなんですけども。


どうも今作、コケたな、と。笑


ちょっと、自由度が切り捨てられた、というか・・・今まではダンジョン散策とか結構面白かったんですけど、今作はミッションモノになってしまっていて…。


さらには、道具7個しか持っていけないとか、どういう仕様だよ、とか思わず突っ込んでしまいました。笑


回復薬と霊力回復薬持って行ったら、持ち物パンパンじゃねえか。



致命的なのは、シナリオがもうなんだか、いつも通りでいいのに、背伸びしたもんだから…┐(´д`)┌やれやれってところです。


ちょっと私の中では、今回レビュー書くとしたら、総合☆5個あるとしたら、☆2個もあげられないかもしれない。


あ、でも、CGやシーンは抜かりなかったので、まぁ…いいか。



話は若干ズレますが、


私が、巫女にハマったのが、高校のときの彼女が、正月にやっていたバイトが巫女だっただけですから。


人間不思議なものです。



未練タラタラなんでしょうか。いや、女、そのものにあったかというよりも、(たとえバイトでも)リアル巫女に未練タラタラなんでしょう、今でも。笑



巫女好きには、外せない作品に仕上がってるかと存じます。



・・・



・・・



・・・



さて。


気づけば、エロゲの感想を述べてる記事が最近多くてですね…。



書いてる本人としても、困ってるのですよ(#・∀・)


2012年の下半期は、1年前みたく少し知的な記事を書いていこうかな、とか考えてるんですけどね。


そもそも、下半期が夏終わりだと、捉えてる私の頭はだいぶ知的とはかけ離れてるんですがヽ(・∀・ )ノ



今日も本当は、本日がアップデートであり、新職業が実装される無料オンラインゲーム「メイプルストーリー」についてご高説垂れ流してやろうかな、とか考えてたんですけども…。


気づけば、エロゲのレビューやってました(;^ω^)


まぁ、次だ次。



書きたいことはたくさんあるんですが、なかなか昔みたく、「時間掛けて記事書いてやろう」とは思えなくなってきてしまっていて…。


モチベーションの低下とでもいいましょうかヽ(°▽、°)ノ



コミックマーケット82に行ってきた時の感想なんか2記事くらいにしてもいいくらいのネタなんですけどね。



これは一度、自分の中でブログというものを見つめなおして行かないといけないかもしれません。



という真面目っぽいことを、巫女さんが陵辱されるエロゲのレビューの直下に書く私のイカレポンチ具合


まだまだこのブログは健在かもしれません(;^ω^)



では、本日はこれにて。


またね。






関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/16 15:10 ] 大人の時間 | TB(0) | CM(1)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。