スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法の名前は『fortissimo(フォルテシモ)』。暑い季節に魔法の言葉。

こんにちは。


おひさしぶりです。


一週間ぶりですね( ´ー`)


いやぁ、エロゲやってました。


十分予想できた答えでした。


ごめんなさい、もうブログとか更新してるヒマがございませんでしたΣ(´∀`;)


まぁ、キリがよく今までやっていたのがやっとこさ、終わったのでブログの方を更新しますお( ^∀^)


更新もしないブログに毎日300人来るとかゲロ不味っす。


さて。


英雄戦姫フォルテシモexs


一週間ほど、行方知らずのわたくし、千紀さんはとりあえず、2本ほどエロゲー消化したようです。


天狐より発売された処女作『英雄戦姫』はSLGで、ゲーム要素全開のエロゲ。


原画を担当した、大槍葦人氏は倒産した『Littlewitch』の代表


大槍氏の絵はとても特徴的であり、私も結構好きデス。


Littlewitchから出ている「聖剣フェアリース」「白詰草話」はまずまずの出来たといったところで良かった思い出がありますよ。


さて。


3月30日に発売された「英雄戦姫」も、積み癖がついてる私は、3ヶ月後にプレイし始めるという・・・Σ(´∀`;)


「処女作だし、こんなもんか・・・。」


と、思えれば戦闘パートのキャラ設置やミッションの作業感は我慢できるはず。


・・・


・・・


・・・



対して、曲芸商法として名高い「サーカス」様と、キャラクター開発を行う「ブロッコリー」の共同ブランド


 La'cryma(ラクリマ)
より6月29日に発売された『fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase』。



前々より「fortissimo」は制作サイドが「この作品に終わりはない。」「fortissimoは永遠に未完成なのだ」的なことほざいていたので、私も買う気にもなれなかったんですが、


今作は18禁化ということもあり、購入させていただきました。笑


また、購入の後押しになったのが、声優さんが豪華すぎですね。


18禁に伴い、声優さんもエッチな声が出せる声優さんに代えたようで、これが、また豪華だったんですよ。


民安ともえさん、青葉りんごさん、サトウユキさん、遠野そよぎさん等々・・・。


まぁ、私の好きな声優さんが集まっていただけなんですけども。


サトウユキさんが出演とか、もういろいろ想像しちゃうじゃないですか(U^ω^)


彼女はすげーっすからね。



人語を超えた喘ぎ声を出す声優さん


「いぐぅ」というセリフにおいて右に出るものはおらず。



分かる人だけわかれば良いネタですね。



で。


肝心の中身だったんですけども、スーパー特殊能力の厨二合戦が熱い作品になっております。


私はシリーズ通して初めて、「fortissimo」には触れましたけど、lightの「Dies irae」に似た感じのトンデモ人間のバトルモノになってました。


ストーリーのテンポはまぁ良い感じでして、ルートは3つ。


なんとなく先が予測できてしまう辺りが残念でしたけども、まぁ良かったんじゃないですかね。


うん。


オープニングが3回もあったのは、びっくりでしたけどね。


こちらの2作については、「紅蓮華」同様に、レビューを書こうか・・・どうか悩みどころですね。


今まで書いてきた以上に書くようなことがとくにないので・・・うーん。



まぁ、私にレビューを書くような元気がありましたら・・・書くんじゃないでしょうか。




・・・



・・・



・・・




JOKER-死線の果ての道化師


さて。


千紀さんの今現在進行形でプレイしているのが、あかべえそふとすりぃの新作のコイツ。


「クラスメイト同士が、腹を探りあい、騙し合う」


そんなゲームになっております。


あかべぇさんの原画には欠かせない、目玉が飛び出そうなほどの怯えたヒロインたちのCG健在であり、このCGを見るために購入している、といっても過言ではないと。笑



まだ2時間くらいしか読み進めていませんが、なかなか好調な滑り出しで、おほっと思わず感嘆の声がだだ漏れです。


コイツの出来を見てから、今月末にまた発売されるあかべぇさんの新作の購入を考えておりますので。


「創世アエリアル」でしたっけ?ロボットデザインがエヴァン◯リオンにそっくりなアイツですよね。


pp ピアニッシモ


もう少し、報告はございまして。


上の画像をご覧いただくと懐かしいタイトルが!


先日、6月の新作を買うときに、偶然ソフマップで見つけたイノセントグレイのプレミアムボックス『パラノイア』。


(当然購入でした。)


イノセントグレイといえば、「カルタグラ」や「殻ノ少女」など推理小説の要素が強い、謎解きモノになっており、私の好きなブランドの1つ。


ADVパート中に、選択肢により自らで謎解きが出来るシステムを搭載したりと、東野圭吾の推理小説とか読みあさってる千紀さんは大好きなジャンルです。


さらに、イノセントグレイの特徴として、狂気じみた人物や背景がてんこ盛りなために読んでてワクワクしてくるのも面白さの1つですネ!


そんな、「フォルテシモ(fortissimo)」に対して、「ピアニッシモ」と。笑



こちらもプレイしておりまして、あらかた終わりました。


「カルタグラ~ツキ狂イノ病~」も、8割型片づけました。


1週間で、4タイトルも片付けている私は、端から見ればもう気持ち悪い、以外の言葉では言い表せられないのでしょうね:(;゙゚'ω゚'):


イノセントグレイは、今年の冬に「殻ノ少女」の続編が出るようなので、毎日公式サイト見に行ってますよ。



・・・



・・・



・・・



・・・



・・・



久しぶりの記事がまさかの自分のやっていたエロゲに関して語るとは、アホ丸出しで恥ずかしい限りです。


メイプルのほうは大型アップデートがキタということで、私も先刻ログインしてみました。


またコイン集めるだけのイベントが始まったのか、と思うとどうも最近、同じ事の繰り返ししかしていないな、と思うのは私だけなんでしょうか。


メイプルストーリーの公式サイトには、制作サイドの人間のチョンから時候の挨拶が発表されたりと。


不具合出す気まんまんなんですね。と思わずにはいられない物腰を感じさせてくれる文面でした。


メイプルの話題に関しては、また次回の記事で書くとしましょうかΣ(´∀`;)




7月も中旬。


私も気になるあの子に「そろそろ花火大会へ行こう」という、アポ取りをしようかなと思ってるので7月も忙しいです。


みなさんも、この熱い恋の季節と称される「夏」を、パソコンの前で過ごすという禁忌の行動を起こさないよう心よりお祈り申し上げます。


それでは、また次の機会にお会いしましょう。


またね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/13 13:10 ] 大人の時間 | TB(0) | CM(1)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。