スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【18禁】 「DEMONION ~魔王の地下要塞~」感想&レビュー





            ―――― 200年の時を経て ――――







                 アイツが復活した







                 戦いが再び始まった






                 ヤルかヤラれるか






            今ココに激戦の火蓋は切って落とされた









DEMONIONトップ

      『DEMONION ~魔王の地下要塞~』 




ブランド : Astoronauts SIRIUS (アストロノーツ・シリウス)



原画 : M&M



ジャンル : 迷宮防衛&侵略SLG



シナリオ :涼雅 朝凪軽 霧島へるん すまっしゅぱんだ なかぢ 真心 ヤマガミユウ






                     ※ネタバレ注意!!



本日のレビューというか、感想というか、攻略というか、コツというか・・・。


2012年4月27日に発売された、「DEMONION」ですよ!


エロゲ界においてSLGというジャンルは結構、目立つものであり、それでいてユーザーからの評価が結構厳しい。


ゲーム性はもちろん、エッチなシーンも普通のエロゲの上を要求するので、辛口レビューが後を絶たないのです。


もちろん、ゲーム性がオワコンな作品については、辛口レビューを通り過ぎ、放置プレイされちゃうという。


さて。


そんなエロゲ界において新規ブランドである「アストロノーツ」が、一発目からSLGで勝負してきた「DEMONION」ですが、どうだったんでしょうか。



そもそも、アストロノーツというブランド自体は、「アトリエかぐや」さんの元スタッフさんが移籍し、設立したブランド。


それも「アトリエかぐや」の看板絵師さんである、M&M氏、企画の桐生タツヒコ氏・・・等々



「 さようなら、姉汁(かぐやの代表作) 」とは言わずにはいられない・・・。


おつかれ、かぐやさん。


がんばれ、アストロノーツ。



・・・


・・・


・・・



では、ざっと薄っぺらい物語のあらすじを。




200年くらい前に、勇者に封印された魔王が復活した。


詳しいくだりもなく、いきなり復活した魔王は封印された恨みを晴らすべく、人間たちに復讐を。


魔王の復活に慌てふためく人間たち。


かつて魔王を封印した勇者が建国した国の末裔とされる女王は、魔王の住まう地下要塞へ冒険者達を送り込む。


あなたは、魔王となって、魔物をダンジョンに召喚し、冒険者たちを殴り殺します。


たまに魔物の巣窟に1人でやってくる馬鹿なヒロインを捕獲して、調教して配下に加えましょう。


魔王は無事、かつての力を取り戻し、人間たちの世界に復讐を果たすことが出来るのか!?




という、ストーリー。


ストーリーというか、なんというか・・・。


冒頭でも書きましたけどもそこまでシナリオに期待してはいけないのがSLG。


所詮は、侵略ゲームですから。今作は防衛要素も入ってますけども。


まぁ、詳しいことはおいおいと。



では、あまりSLGのレビューというのはみかけませんけども書いてみたいと思いまする。







【キャラクター】



レイリス(CV:花南)・・・魔王の地下要塞へと教会から送り込まれる「聖女」。プライドが高く純潔な彼女が堕ちていく様は必見です。



ジュリアン(CV:楠田兎)・・・大剣を振り回す男みたいな女。パンツ一丁で行動するその様はアホ丸出しである。



ネージュ(CV:香澄りょう)・・・淫乱エルフ。戦闘じゃ使えないのでマジでただの年増のエロエルフ。



オリビア(CV:紫怨みやび)・・・人妻枠。お、夫の前でっ!!こ、子供の前でっ!!あぁ…お母さんは淫乱だったの…。



アーウィン(CV:佐倉ももか)・・・レイリスと同じくらい千紀さんが推すヒロインの一人。純粋無垢な子が堕ちていく様はやっぱり…ムフフ。



オボロ(CV:大波こなみ)・・・ロリ枠。千紀さんが好きなロリっ子は明るい元気な子なのだが、根暗の忍者ロリだった。



ヒミカ(CV:春日アン)・・・巫女枠。黒髪に赤と白の巫女服。素敵です、解ってますネ、アストロノーツ。



マイア(CV:中家志穂)・・・メガネっ娘枠。ぶっちゃけいらなかったんじゃね?正直どうでもよかったよ┐(´∀`)┌



ヴァネッサ(CV:ももぞの薫)・・・女王に絶対的な忠誠が捧げる騎士隊長。彼女の忠誠が崩れていく様は見ていて…グフフ。



ミスか(CV:三十三七)・・・魔王の侍女その1。かわいい。どうしてユニットとして出してくれなかったんですかっ!(切実)



ジリオラ(CV:野神奈々)・・・魔王の侍女その2。侍女とのエッチシーン見すぎて一周目オワタ\(^o^)/



ダリアン(CV:このかなみ)・・・女王さま。シーンこそ少ないが、すぐ堕ちて、すぐ孕むのウリです。




キャラデザは、さすがM&M氏!ごちそうさまでした!というところでした。


ムチムチとした淫靡な絵はやっぱり素敵ですね!!( ´ー`)☆



キャラクターの属性というか、幅というのもちょうど良くて、シナリオが殆ど無い分、こちらに力入れられたのは素敵だと思います。


声優さんに関しては、ゲームシステムが地下要塞へ突貫してきたヒロインたちを捕獲して、調教し、配下に加えるという流れですから、


隠語連発したりできるような声優さんが揃ってます。


有名ドコロがバンバン出ていらっしゃるので、私としましては満足行くものでした。


やっぱり、キャラクターボイスってしっくりこないと雰囲気でないんですけど、このゲームはどのキャラもすとんっと入って来ましたね。



・キャラデザ・CVとも最高でした。




  ★★★★★ 星5つ!!


DEMONION CG1






【シナリオ】


一応、レビューということでシナリオに関しても触れますが、冒頭から言っているとおりに、期待したらダメです。


そもそも何を持って素敵なシナリオというのかも不明ですけども。


ただ単にここでいうシナリオは、世で言うエロゲのADVというジャンル系のシナリオとは全く違う、ということです。


だって、ヤりたいからヤッたんだもん。みたいなのシナリオだと思ってくれていいと思います。


侵略する背景も、ヒロインを調子し配下にする背景も、すべてヤりたいからヤッた。


さすが、魔王。


「 俺魔王だから、なんか文句ある? 」


そう、これだけでいいのだ。


ただ、調教していくヒロインたちの背景設定はなかなか、ヒロインが多い割にはよくこんなに集めたな、と評価していいところだと思います。


堕ちていく課程が調教ゲームは見所ではありますが、堕ちる前のキャラクターの設定背景というのも大事なポイントです。


こういう境遇だったから、私は快楽に堕ちていった・・・。


そんな雰囲気がどのキャラクターにも使われていたのは、グッドでした。


まぁ、ただワンパターン化が残念でしたけどね。





・ADVパートはただのおまけ。アクセント。



  ★☆☆☆☆ 星1つ!


DEMONION CG2







【システム】


SLGで大事なのはゲームシステムです。


正直な話、シナリオがどうこうよりもですね、ゲームが楽しめりゃいいんじゃね?みたいなところありますから。


DEMONION CG3


これは、魔王の地下要塞へ、攻め込んできた冒険者を撃退するゲームシーン。


こんな風にただの四角い仕切りにモンスターを配置していくだけのゲームである。笑


「勇者のくせになまいきだ。」というゲームをやったことがある方は、それとまったく一緒だと思ってくれて構わない。


ただこのゲームはコスト制限さえ守れば、好きなときにいつでも魔物が召喚できる、結構緩いシステムである。


DEMONIONの防衛パートの攻略だが、前半はとりあえずオーガ系を召喚してれば十分である。


あとはWIKIでも見てもらって、ヒロインの確保条件を満たし、捕まえて調教して、仲間にしたら、ヒロインを入り口の次のマスに設置し育ててまくって下さい。


ヒロインのレベルが10越え始めると、もう魔物いらない子と化すのでヒロイン様様です。


オリビアとレイリスを捕獲して設置できるようになる設置物をヒロインのいるマップに効果が出るように重ねてやればもうただのボタン推すだけのゲームになります。



ヒロインの調教ですが・・・


私最初、調教コマンドでも出ると思っていたんですけども、ただ調教シーンという名のエロシーンを見せられるだけでした。3回くらい。


3回くらいエロシーン見るとヒロインは仲間になって、働いてくれます。


DEMONION CG4DEMONION CG5


続いて、侵略パート。


ご覧のとおり、侵略できるマップは10個程度。


正直、物足りない感マックスで、毎ターン毎ターン、地下要塞へは冒険者がなだれ込み、防衛パートに強制突入ですから飽きてきます。


せめて、侵略が成功したら防衛パート省いてくれよ、とか思いました。


おそらく総冒険者数が、魔物の数より多い事実。


で。


侵略パートなんですけども、攻めたい街を選んで、右側のような戦闘パートへ突入です。


ここでも我々プレイヤーは魔物やヒロインを設置するだけで、あとは勝手に自動で殴り合いを始めます。


正直、回を重ねるごとになにが楽しいのか、麻痺してきますけども気にしたらパッケージを潰しかねないので気にすることはやめました。




・まぁ…処女作だし…こんなもんだよな。


  ★★★☆☆ 星3つ!!








【Hシーン・CG・音楽】


やっぱりですね・・・わたしは思うわけですよ。


このゲームは、防衛・侵略パートというゲーム性がメインなわけでもなく、もちろんADVがメインなわけでもなくてですね、


エロシーンがメインだということです。


今更「エロゲなんだから当たり前だろっ」って突っ込まれたくはないんですけども。


まぁ、しかしさすが、アトリエかぐやのスタッフさんだな、というエロさは満足です。


こちらがエロになにを求めているのか、わかっていらっしゃってる。


ほぼすべてのエロシーン・シチュエーションを保管してある、というのはやっぱり評価は高いです。


DEMONION CG6


さきほどは、調教シーンを眺めさせられるだけ、と言いましたが本来そういうゲーム!というふうに割り切れば、ヒロインたちが堕ちていく様は私が求めているモノでした。


「私は日曜の真昼間から何書いてんだろう」とか思ってますけども気にしたらダメですね、はい。


CGの9割はエロCGです。


もう素敵すぎですよね。


総シーンだけでもものすごいと思います。


捕獲は3回しなければならないのですが、捕獲ごとにシーンがありまして、ヒロインが9人いますからそれだけで25シーンほど。(2シーンのやつとかいました。)


で、調教シーンも各ヒロイン3回程度。


それでさらに25シーン。もうこれだけでそのへんのエロゲのエロシーンを凌駕するシーン量ですがこれだけではありません。


さらには魔物に犯されるという異種交配は目からうろこです。


ヤラれます、犯されます、アヘります、狂います、孕みます。


耐性が無い方は見ないほうがいいです。


これで10シーン。


あとはエンディングによって、ハーレムルートが存在する。


これが3シーンくらい?


あとは侍女、ミスカとジリオラとのエッチシーン。


これも10シーンほどあった気がします。


このゲームはターン制でタイムリミットが決まってるんですけども。


ミスカとジリオラとのエッチシーンは最初から見れるので、もう私は最初から侍女とのエッチシーンを楽しんでいたせいで、一周目がゲームオーバーでした。


今作って、変わってるなぁって思ったのがですね、


エロシーンが見たい時に見れる、便利さですよね。


SLGエロゲっていうと、特定マップを制圧したら、ヒロインのレベルがあがっら、ご褒美としてヒロインとのエロシーンがあったりしたんですけども。


DEMONIONに関しては、いつでも見たい時に見れる、この即席性を備え、かつエロいというのはいいですよね。


音楽も可もなく不可もなく、という具合でした。


別段、とくに気にもならなかったので良かったと思いますよ。




・やっぱり、ADVもSLGもおまけ。エロがメイン。



 ★★★★★ 星5つ!!



DEMONION CG7






【総評】


総評ですか・・・。


まぁ、書くまでもなく・・・今まで書いてきたことがそうなんですけども・・・。


アストロノーツ・シリウスからの第1弾としては、大成功といっても過言ではないと思います。


物語の終わりでは、DEMONIONの続編を作るぜ!みたいなフラグが立つような魔王さんのセリフなど、まだまだアストロノーツ・シリウスからは目が離せないですね。


結構評価も高く、売れてるみたいなので、おそらくですが「DEMONION2」作りますよね。笑


それくらい面白かったですよ、全然楽しめました。


今年発売された遊べるエロゲとしては、いまのところトップクラスといってもいいはずです。


「英雄戦姫」もまたレビューを近いうちに書こうとは思いますがいまいちでしたし、「創刻のアテリアル」もぱっとせず。


「乙戦3」はこれからですけども、どうなることやら。


既に2012年も半分が過ぎましたけども、まだ「DEMONION」をプレイしていないのなら、やってみたらいかがでしょうか。




  総評:やっぱりエロゲはエロくなくっちゃっ!



   総合得点:75点

DEMONION CG8





余談ですけども、もう少し魔物とヒロインの絡みがあればよかったなぁ( ^∀^)


そういう意味では、ソフトな調教・異種交配のゲームでした。


耐性無い人も、ある人も楽しめる仕様でしたね。


次回作も期待してます。


では、また。


追記でお疲れ会。







関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/01 13:05 ] 大人の時間 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。