スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エロゲーだめ? え? 警告来る? 知らんがな。




【 エロゲー 】



それは年間数百本という数のソフトが市場に出まわる。


昨今は、18禁アダルトソフトメーカーが、15禁となる美少女ゲームの開発により、



大きな友達だけにとどまらず、若年層の育成を始めたのは言うまでもない。



きっと将来、エロゲ市場を盛り上げるのは「ダ・カーポ!ダ・カーポ!(゚∀゚)!!」などと騒ぐ子供たち。


違法ダウンロードが未だに後を絶たない、厳しい世界ではあるが、私、管理人の千紀さんもエロゲメーカーには


厳しい「今」を乗り越え、これからも日本が世界に誇る現代美術の頂点に立つアートを大事にしてもらいたい。








好きな言葉は、「諦めない・投げ出さない・博愛の心



好きなジャンルは、「調教・陵辱・触手・痴漢


もちろん、「純愛」も大好きである。



さて。



今までこのブログでは、ちょくちょくエロゲの紹介こそしていたものの、1記事まるまるとエロゲ記事にしたことはなかった。



無料オンラインゲーム「メイプルストーリー」ファンブログの看板を掲げる以上、下手なことは書けなかった。



しかし!



・CIRCUS(サーカス)が『ダ・カーポⅢ』を15禁仕様に。


・minori(みのり)が『すぴぱら』を15禁に。


・TYPE-MOON(型月)が『魔法使いの夜』を15禁。



大手アダルトソフトメーカーがここまで若年層を将来有望なエロゲーマーに仕立て上げる、育成を始めている。



私もこの機会に是非、皆さんがエロゲをやらずに過ごしている・・・という



どれだけ人生を半分も楽しめない過ごし方をしているのか。



が解っていただけたら幸いです。



素晴らしき日々


「 休日の昼間から、コイツはなに書いてんだ? 」 とか野暮なことは聞かないでくださいね。


とりあえず、今日はというか、この記事では、エロゲカテゴリーができるから!っていうのがお伝え出来ればいいのです。


そして既に、1記事目は完成しているという。


一応、旬モノをレビューでもしながら書いていけたらなぁとか思ってるんですけど。


まぁ、過去作とか私のお好きな作品については、発売日、年関係なく記事になるかもしれません。


私とて、毎日画面見て、ムスコさするほどヒマじゃないので過去作、また今年の作品ですら、まだまだ取りこぼしがある次第です。



お酒も、エロゲも好きだけど、もちろんAVだって大好きデス


AVのレビューサイトでもいいかもしれない、とか一瞬迷ったんですけど、AVのパッケージですら載せようものなら、警告来そうなので遠慮しときました。





話がそれましたけど、これからはロクナナもブログの生き残りをかけて、ついにお色気コンテンツ導入というわけです。


ぐふふ。





口癖は、次元の壁を超える。です。



幼馴染とか、メイドとか、女教師とかナースとか、熟女に人妻、お嬢様、妹、お姉ちゃん。



裸を拝んでいないジャンルの女性は既にいない、と言っても過言ではありません。



※病院の紹介は結構です、私は正常です。





・・・



・・・



・・・



世の中のゲームは、18禁」か「それ以外」で分けられるのが、正しい分類方法です。



ちなみに、「それ以外」に価値を見出すのは、人生負け組であり、私が病院を紹介しよう。



「メイプルストーリー」や「ル・シエル・ブルー」等のオンライゲームはもちろん後者の部類です。



要は、脱ぐ」か「脱がないか」という非常にわかりやすい線引きであります。





けどけど、千紀さん。


「グラセフとか18禁だったお」とご質問なさる方がいるかもしれません。




しかし、よく考えてみてください。


グラセフ等の、バッサバッサと人を殺すようなゲーム、人の首や血が飛んでいくような、とんでもゲームはわざわざ「ゲーム」としてプレイする必要はないのです。


だって、なぜなら、時間的にも、快感的にも



実際にやってしまったほうがいいに決まってます。




さぁ、両手を上げて最寄りの交番に出頭しましょう。


穢翼のユースティアA


エロゲ


それは、生物の3大欲求のうちの1つ『性欲』を完全にカヴァーするものであり、また「健全な生命の営み」を描写するという、


現代のピカソと呼ばれる絵師さんたちが日本には、数多くいらっしゃいます。



ゲルニカ』なるぬ、エロゲエ



エロゲの良さを1ことで言うならば、最終目的がどれも1つだということ




そう。




やる』か『やらないか』




言うまでもなく、エロゲは『やる』にロックオン。



また日本語は綺麗だなぁと思うところは、




【犯る】、【輪姦る】、【痴漢る】、【虐る】、【強姦る】




フリガナなしで、どれも「やる」と読めるのは賞賛に値します。






さらに、エロゲはこのあとも更に分岐するのがオモシロイところ。


私は、エロゲの良さというのは、


ほぼすべての性癖をカヴァーしてくれる懐の深さにあると思います。




正直、もうこうしたレビューサイトを作るくらいなら、訪問してくれた方に、私がやり終えたソフトを手渡しで上げてしまいたいくらいの気分です。



さてさて。



「エロゲ」のカテゴリでこれから綴っていこうとは思っていますけど・・・


こう最初から、気合い入れて文字のフォントとかいじってると次回以降もやらないといけないような衝動に駆られそうですけど・・・


初回だけですから。



っと・・・ではでは、これから新カテゴリの始動ですよ!



これからも「6×7スタイル!」をよろしくお願いしますよ!!














 ※このカテゴリ、18禁な? 




関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/06/09 14:00 ] 大人の時間 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。