スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜の新宿、街の灯に妖しく照らされる。



その日の午前、雨が降っていた。



午後になり、雨がやんだ。




私は少し遅い、昼食を食べ終え、家を出る支度をした。




午後6時。




小田急に乗る。





経堂で降り、急行へ乗り換える。




これで数分、新宿へ早く着くはずだ。





下北沢・・・




代々木上原・・・・




さぁ、次だ。




終点、新宿。




これまで乗っていた多くの人がここで降りる。





私も人ごみ流されるように、電車を降り、改札を目指した。






改札をくぐり、出口を目指す。




ここから一番近いのは、西口か・・・。




既に、7時近い時間になっている。




日はほとんど沈み、当たりは暗くなり始めている。






ビルの光・・・自動車のテールランプ・・・






私はおもむろに、カバンより数キロあるソレを取り出し、構えた。




新宿1a


                                 photo by 千紀





シャッターを押した瞬間、「一瞬、時が止まる」というのは、




アマチュアであろうが、プロであろうが味わえる、写真家にとって至高の時間なのかもしれない。





一体、どんな写真が撮れているのか、そんなことを想像するだけでも胸がいっぱいになる。






しばらく、見晴らしがいいポイントで夜景を楽しむことにした。






橋の上、階段の踊場。







新宿の夜景は、人や車、ビル・・・人が作った“光”で満ち溢れている。








しばらく新宿の街を歩くことにする。







午後7時を迎えたが、まだ人は多い。






むしろ、6時台に比べれば、増えたくらいだ。






信号を待てば、すぐに回りは人でいっぱいになる。






こんなに人がいるのに、私は1人。





だれか1人くらい知り合いが混じっていてもおかしくないのではないだろうか。






ふ、とそんなことも考えるが、再び、私はカメラを構えた。




新宿2a


                                 photo by 千紀




信号が青になれば、ものすごい数の人が歩き出す。





当たり前の光景ではあるが、こうして遠目に見てみると面白い。






一体、あれだけの人がどこから来て、どこへ行くのだろう。






ましてや、あちらは駅とは反対方向である。







不思議だ。









午後8時。









私もきっと道行く人には同じようなことを思われてるに違いない。









先程、写真を撮った、歩道橋の上に戻ってきた。








私は歩道橋の上で辺りを見回した。






さっきここで写真を撮ったばかりであるから、とくにこれといったものが目に写ったわけではない。












ただそこに人がいた。













ただそこに、女性がいた。














彼女は何をしているのだろう。













いや。














何を見ているのだろう。
















黒い衣服に身を纏う、彼女。

















スカートから覗く足が、光に照らされて、妖美に映る。













声をかけようか。














誰かを待っているのだろうか。
















友達を待っているのだろうか・・・それとも彼氏を待っているのだろうか。


















気がつけば、シャッター切っていた。















街(待)人
















カメラから視線を上げれば、彼女は携帯を取り出し、電話をかけていた。
















そして、数分して彼女は、橋の上から去っていった。

















私は彼女の立っていたところと同じ位置に立つ。























どんな景色を見ていたんだろう。
















新宿の夜は始まったばかり。

















そこには8時を過ぎても、横断歩道を行き交う人の群れ、自動車が走り抜ける忙しい道路。













歩道橋の下を先ほどの女性が歩いている。















隣にいるのは、彼氏なのだろうか。
















力強く手が握られていた。

















彼女は、新宿という街の街人であり
















同時に、新宿という街で、待人であった。
















 2012 5/13



 新宿にて。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/28 14:00 ] 写真記 | TB(0) | CM(3)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。