スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビシャスに挑む!!~君はいま時間を大切に過ごしていますか?~

こんにちは。


気がつけば、日曜日。


そして、たぶん気がつけば日曜日も終わっているんだろうなぁ・・・(;´∀`)


「・・・あれ・・・?おれなにしてるんだろう・・・?」とかふと思うことがありますが…


うーん。


私は何がしたいんだろう・・・(;・∀・)



っと、過ぎ去っていく日々を眺めていくと、そんな鬱な気分になるのは私だけ・・・?(;´∀`)



・・・


・・・


・・・



「・・・やるせない」 (本音)



・・・


・・・


・・・


さて。


気分は鬱でも、記事は書く。


なんだか、最近自分の中でブログが結構大きな割合を示し始めたのでだいぶ、生活のリズムが狂ってきているような(/ω\)


まぁ、もう今月だけで10記事ですからね・・・(;´∀`)おいおいって話ですよ。




「 お前どんだけ暇なの? 」(^o^)丿 





って言われても仕方のない更新率。


決して暇じゃないんですよ、えぇ。


メイプルストーリーもさ、なんだか4,5年やってると飽きてくるじゃない?


特に最近なんかは、大型アップデートと大型アップデートとの感覚がすごく短いですから、


私みたいなお金もちょっとあって、レベルにも余裕があるようなユーザーは




え?どうせ半年後には来るんでしょ?


今回の大型はもう楽しんだから、また半年後な? ノシ 





くらいなんですよ、うん。


大体、大型の1ヶ月前後で準備から、楽しむのまで謳歌できてしまうのが「慣れ」の怖いところ。


まぁ、ですから、ネクソンのそれを見越しているかのような



大型アップデートを


 「1次」と「2次」で分ける手腕の高さには驚きを隠せません\(^o^)/



まるで、私のために、こうもあきさせないためにやってくれているんじゃないのかな?と思うと


1万円でも2万円でも課金したくなるのは、病気なんでしょうか・・・? 病気ですね!\(^o^)/



・・・


・・・


・・・


で。


本日は、そんな大型アップデートを今月末に控えたメイプルストーリーのネタ。


昨日の記事でお伝えしたように・・・


1枚のどこにでもあるSSからブログの記事を展開していく


そんな昨今の「ブログのネタがないお(´;ω;`)」と嘆くブロガーさんのために私が1つ手本を見せることに。



まぁ、グダグダ書いてても仕方ないので、早速お題のSSをば。


<お題>

メイプルぶろぐ225


一見ただのビシャスを倒しているSSである。


メイプルブロガーであるならば一度は載せたことがあるであろう、ビシャスネタ。


ただこのネタが2回目、3回目になると「今日はビシャスに行った」でSSすらも省かれてしまう、そんな悲しいボスなのだ。


そこで今日はそんなビシャスさんに今までの感謝を込めて、私も記事を書いてみたいと思う。


そして願わくば、メイプルブロガーさんにも「ビシャスプラント」というボスがだれだけ、ブログのねたになるのかを解っていただければ幸いである。



★縛り:「ビシャス(ファントム)プラント」関連のネタ以外一切禁止だお!( ^ω^)



・・・


・・・


・・・


・・・








チック、タック、チック、タック・・・




「時計」



それは「時」を刻むもの。



「時計」



それは「時」を知るもの。



「時計」



それは・・・





それは・・・・・・






それは・・・・・・・・・・・





「時」は、有限なのか、無限なのか。


今も世界中では数多くの科学者たちがこの難問に頭を抱えている。


有限であるならば、それはいつまでなのか。


また、無限であるならばそれはなぜか。どうしてなのか。



「時」は宇宙創成の時より、刻まれているものなのだろうか。



ふっと、考えてみる。


私は今までどのくらいの「時」を生きてきたのだろう」かと。


これについては誰でもすぐに答えられるだろう。


なぜなら、「生きてきた年数」がその解なのだから。


けれど、ここで1つ思うことがある。


年数」とは、人間が決めた、勝手な、いや便宜上の単位である。


そう、「時計」もそうだ。


「時間」を「分」や「秒」や「時」で表している、人間が定めた定義に従って表しているだけだ。


数百年前、かの有名な科学者である「ニュートン」はこう言った。




「時間は過去から未来へとどの場所でも常に等しく進むもので、それは空間と共にされていると想定する。」



そしてこのような舞台をニュートンは「絶対時間」と名付けた。


つまり、ニュートンは全宇宙で時間とは同一とみなしていたのだ。



しかし、ニュートンの理論から数百年後、アインシュタインの「相対性理論」によって、この「絶対時間」は否定される。


「特殊相対性理論」「一般相対性理論」の2つによって否定されることになるのだ。



・・・


・・・


・・・



歴史の中でも、科学の中でも、宗教の中でも、人間は「時」を定め、また便宜上の単位を扱い、


人間世界での「時」を構築したのだ。



しかし・・・



どうだろう?



最近の人間はあまりにも、「時間」、「時」を無駄にしてきているのだはないだろうか。



「時」を表す「時計」という概念の導入。



どうして、わざわざ「時」を示すものが目の前にあるというのに、時間をただ怠惰に過ごすというのだろう。



なぜ・・・



なぜ人間はこうも愚かなのだろうか・・・・・



私が・・・私が・・・・・




時の執行者」として、




 時 を ニ ン ゲ ン の 手 か ら 解 放 す る の だ 





・・・・




・・・・




・・・・




――――――ルディブリアム 時間の通路――――――


メイプルぶろぐ226



千鶴 「うわ・・・。なぁに・・・ここは・・・。」



私は思わず声に出してしまうほどの歪みを感じたのだ。



最近、ルディブリアムの街から「時間」の流れがおかしいという知らせを聞いた。


すぐさま駆けつけた私だったけど・・・


時間の通路の管理者に聞けば、奥に進めば進むほど、歪みは酷いのだという。


モンスターたちがいたずらでもしているのかな、と思っていたけれど、これは気を引き締めていかないと痛い目にあいそう…。


そう、私の第六感が伝える。



・・・


・・・


・・・



時間の通路を進めば、進むほどモンスターは歪みを強く受けた強敵になってるし・・・


空間自体も歪み始めてる・・・。


急がなくちゃ・・・。


ルディブリアム・・・広がってしまえば、メイプルワールド全体の「時」がおかしくなっちゃうよ!



メイプルぶろぐ227


ここかしら・・・。


扉の向こうから、すごい歪みを感じる・・・。


一刻も早く、この歪みを止めないと!!




ギィィィィ




扉を開け、部屋の中に入ったら、その先に私が見たのは機械仕掛けの部屋だった。


部屋の中は、歪みが酷いものばかり思っていたけれど、むしろこの部屋の中では時が止まっているかのような気分。


ん・・・


あの、部屋の中で光る、あの玉は何・・・?



メイプルぶろぐ228


思わず、吸い込まれそうになるほどの引力・・・。


立っているだけでも辛い・・・。


どうやら、歪みはこの玉から、発生しているみたい・・・。



渾身の一撃でこの玉を破壊しなくちゃ!!!



えいっ



玉はいとも簡単に割れてしまった。


その瞬間、私の頭の中には、走馬灯のように私が今まで、見てきてモノ、経験してきたもの、すべてが思い出される。


小さい頃の思い出・・・。


初めて学校に通い始めたときのこと。


初めて仕事でお給料を貰った時のこと。



頭を振り払っても、これでもかというくらい私の頭に流れ込んでくる、数々の私の思い出。



何分たったのだろうか。


いや、数十秒だったのかもしれない…。



ただ私は、声を聞いた。




??? 「 時 を 解 放 す る 。 




私の目の前にいたのは巨大な機械のモンスターだった。


私の身長のおよそ5倍はあるのだろうか。


非常に大型モンスターであるのは間違いない・・・。



けれど、私はたしかに今、このモンスターから 声 を聞いたのだ。



千鶴 「あなたは、なに?」



私は聞いた。


この部屋の主であろう、目の前の機械のモンスターに。



??? 「私は時の執行者。」



千鶴 「時の執行者?あなたがこの歪みを作っているの?」



??? 「すべては時を解放するために。」



千鶴 「言っている意味が分からないわ。」


ドラえもん かいそうに


こんなひとコマを思い出す。


千鶴 「と、とにかく、私はこの歪みを正すために、この部屋に来たの!」



??? 「ならば・・・ここで貴様は時を動かす歯車となればいいっ!!!」



千鶴 「どうやら交渉は、不成立だったようね。(←言ってみたかった。)」



??? 「我が名は、ビシャスプラント、時の執行者である!」(←会話が噛みあってない。)



メイプルぶろぐ225


時の執行者、ビシャスプラントは強い。


数々の攻撃の手段を持ち合わせ、まるで時が流れるかのような攻撃をしてくる。


私は無限に弾幕を張る以外攻撃手段を持ち合わせていないので、ぜひ見習いたい。


降り止まない、ビシャスプラントの攻撃。



<Vicious(ビシャス)>・・・冷酷な、邪悪な、危険な



ビシャスとは英語で確かそんな意味だ。



<Plant<プラント>・・・機械、施設


つまり、「ビシャスプラント」とは、【冷酷な機械


私の目の前には、今、冷酷な機械が立ちふさがっている。


この冷酷な機械を倒さなければ、ルディブリアム、いいや、メイプルワールド全体の時が歪み、


そして、ビシャスプラントの言う、「時の開放」が起こってしまう。



一刻も早く、私はビシャスプラントを倒さなくちゃ。





ビシャスプラント 「グギギ・・・。ジャマをする・・・?」



千鶴 「時の開放が何なのか知らないけど・・・。今の時間の流れが狂ってはダメっ!」



ビシャスプラント 「ふふ。怠惰とは困ったものだ。」



千鶴 「怠惰・・・?」



ビシャスプラント 「そうさ、貴様ら人間の時間の使い方・・・時間を怠惰に使うような貴様らに『時』を支配する資格はない!」



千鶴 「人間が時間を無駄に使っているから、あなたは『時間を解放する』と言っているのね!」



ビシャスプラント 「あぁ!!さぁ、すでに『時の開放』が最終段階まで来ているのだ!!そこをどけぇぇぇええ!!!」



千鶴 「きゃっ!」



そのとき、部屋全体が光り始めた。


はやく、はやく、ビシャスプラントを倒さなくちゃ・・・。


ゆ、歪みが・・・っ。


私は、今まで以上の速さで弾丸を打ち続けた。




ビシャスプラント 「むぅ・・・。」



ビシャスプラントが唸ったその時・・・


ビシャスプラントを覆っていた装甲が崩れ落ちた。


メイプルぶろぐ230


ビシャスプラント 「そのくらいでは、この歪みは止められぬうううう!」



千鶴 「あっ!」



なんとビシャスプラントは私に向かって、物凄いスピードで突撃してきた。


間一髪でそれをかわす私。


もうビシャスプラントの乗っているソレはボロボロであり、ビシャスプラントすらも傷だらけである。


どうしてそこまでして・・・。



千鶴 「どうしてそこまでして・・・『時の開放』を望むの!?」



ビシャスプラント 「愚問よ・・・。『時間』とは一体どのくらい大切なモノなのか、人間に知らしめるため。」



千鶴 「・・・え?」



ビシャスプラント 「失った時に、初めてそのものの大切をしるのが人間なのだろう・・・。」



千鶴 「・・・あなたは・・・」



ビシャスプラント 「人間は、・・・私を作った人間は時間を忘れた人間はただの猿だと言っていた・・・」



ビシャスプラント 「人間が進歩を忘れた時、その時に警鐘を鳴らす、それが時の執行者としての務め・・・。」



千鶴 「・・・待って!!」



ビシャスプラント 「もう時は来た…。」



千鶴 「あなたのやろうとしていることは!!」



ビシャスプラント 「お前は"歪み"をわざわざ調べに来る、なんて人のために時間を使える素晴らしい人間だ。」



千鶴 「・・・え?」



ビシャスプラント 「お前みたいな人間がもっと増えれば良いのにな・・・。」



千鶴 「・・・」



ビシャスプラント 「案ずるな・・・少し警鐘を鳴らすだけ・・・。進歩の歩みを止めてはならない。」



千鶴 「・・・」



ビシャスプラント 「進化なき生物は、廃るのが世の定め。さぁ、今一度、目を覚ませ、人間どもよ!!」





ピカッ!!!



ビシャスプラントは部屋の動力源であろう、機械へ自分の全エネルギーを託すかのように



体当たりをし、爆発した。



私が見たのはそこまでだった。




・・・



・・・



・・・



・・・



・・・



あとで聞けば、ビシャスプラントとは昔、ルディブリアムの時計技師が作った、大きな時計だったようだ。


それがいつからか、技師が作った時からなのかは定かではないが、一人で動くところを見た人がいたとのこと。


何十年も前の話であり、ビシャスプラントは何十年も昔から我々、人間の生活を見てきたのだ。



そして、私がビシャスプラントと戦闘を繰り広げ、ビシャスプラントが爆発したであろう、直後の時間は


ルディブリアムを始め、メイプルワールドの時間が少し止まったようなのである


それがどのくらいなのか、誰も知る由もない。


そして、どうしてそうなったのかも。


けど、どうだろう。


少し時間が止まっていただけなはずなのに、街はこんなにも忙しく動いている。



街人A 「いやぁー、今日の仕事のノルマが全然終わってなくて・・・」



街人B 「洗濯物、全然干してないわっ・・・・」



街人C 「あっ、今日の課題やってないや・・・」



どうやら、ビシャスプラントは時を止めたわけではないようだ


我々、人間に無理やり、何もさせることなく時間を進めたようである



そうすることで、怠惰に生きてきた人間に少しでも、時間というものを感じて欲しかったのかもしれない。



さぁ、今日も1分1秒を噛み締めて、明日に向かって生きてみよう!




・・・・・・・・・・・





・・・・・・・





・・・・




・・


















―――――― 6月10日は「時計の日」 ――――――――――










・・・





・・・






・・・





っていうのを考えたんですけど、どうでしょうか?


「ネクソン」と「時計メーカー」のタイアップイベントなんて素敵そうですけど・・・(;´∀`)


まぁ、即興で作ったので出来についてはとやかく言わないでください。



最近は、ビシャスプラントなんて行く人いるんでしょうか。


4次転職してしまえば、CW(クリムゾンウッド)で当て吸い?してるほうが美味しい的なことを聞いたんですけどね(^o^)丿


「効率化」が騒がれる、いまのオンラインゲーム界ですけど、楽しいコンテンツをもっと増やして欲しいですね。



しかし、次の「ジャスティスアップデート」の第2弾は、5月30日ですか・・・(;´∀`)


まだ2週間以上あるんですね・・・。


なげえな。


というかですね、あれなんですよ。


5月25日の、金曜日。


これだけで、ビクンッと反応しちゃうヤツは相当のエロゲーマー


なんですけどね?


そうなんですよ、5月25日はいろいろと発売するんですよおー(;・∀・)


ちなみに、5月が私の中で熱くてですね?


「桜ノーリプライ」だとか…「HUTSUNO FANTASY」だろ・・・?


「このおおぞらに翼を広げて」でしょ・・?「恋妹SWEET☆DAYS 」だろ・・・むふふ。


「神がかりクロスハート」も確かそうだったな。


あとは乙戦、もとい「決戦!乙女たちの戦場3」もゲーセン18から出ますな。


あとは、まぁ・・・ここに載せられないような強烈なタイトル続きますからやめますけど・・・


これから、自分の中で順位をつけつつ、購入順位を決めて、決めて・・・


全部買うんですけど、なにか?


うむ。


今回、5月の新規ソフトに関しては体験版をほとんどやっていないので・・・ぶっちゃけ、怖いソフトは数本ありますけど・・・。


まぁ、地雷踏んだらその時はその時で。


今年は、私の好きなメーカーさんが、8月~12月にかけて発売するので・・・それまでに5月分を紐解いて・・・。


でも6月もまた熱いんだよなあ・・・。



おっと、


いけない、いけない。



(^o^)丿18才未満は見なかったことにしてくれっ!



じゃぁ、お兄さんまだこないだ買ったばかりのやつ、終わってないからやってくるおっ( ^ω^)



ではでは、またね!!


関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/13 17:00 ] メイプル成長記録 | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。