スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

めるせはマギカに魔法をかけてっ!!まどかはアバランに魔法をかけるっ!!

こんにちは!

みなさん、休日はいかがお過ごしだったのでしょうか?( ´∀`)?


早いもので、もう10月も後半に突入しまして。

今年も残り2ヶ月。なんていう時期に。



しかし!

そんな残り2ヶ月は結構、イベントが盛りだくさん( ・`ω・´)

先日、大型アップデート「レジェンドアップデート」の第一弾を実装したばかりのメイプルストーリーも例外ではない様子(*´∀`)

どれどれ。

ちょっと、覗いてみましょうか… |ω・`)





"レジェンドアップデート"特集2記事目! ~あの子も私もタカビーなメルセデス~
レジェンドアップデート

はい、どうも。

こんにちは。

実装初日にネットカフェに活き込んで行ったものの、まさかの深夜3時くらいまでメンテナンスでネットカフェにコーヒー飲みに行っただけになりました( ・`ω・´)

どうも、千紀です。こん!

この無駄足の詳細は、前回記事の追記でもお読みになってくださいな。







さてはて。

大型アップデートに大型メンテナスと、大型続きでしたが!

いざ!お休みにログインしてみると…そこには…魔法の国が広がっていました(*´∀`)ノ

いいよね、アップデートの後って。


ルネサンスパッチ辺りから、導入された、オープニングムービー。

正直、当初は「こんなムービー作るより早くログイン画面まで飛ばしてくれ。」と思っていたのですが。

最近になって、いや。今回からなぜか…このオープニングムービーをログインする度に最初から最後までじっくり観てます。(っていっても、まだ2,3回ですけどね^^;)

どういうワケか、見終わったあとに「冒険すっかな? (*´σー`) 」なーんて気持ちになっております。

私だけかな?笑


オープニングムービーで冒険したい気持ちが最高潮に達したところで…いよいよ、今回の大目玉。


新職業を作ります(*´∀`)<あぁ、冒険がしたい!)

メルセデス♪メルセデス♪

何も迷うことなくメルセデスへ。

そして名前を決める…。

案外、「名前」というのが"モチベーション維持"のためには重要な要素のうちの一つなのかもしれない。

そこで私は考える。


しかし、早くヤリタイ。

でも、理性で「後で後悔するゾ」となだめる。

けれども、早くヤリタイ、ていうかヤラせろ。

やっぱり、理性が「取り返しの付かないことになっちゃうゾ」となだめる。

けどけど、目の前にあんな美味しそうなものが転がっているのにオアズケなんて放置プレイもいいところ。


ヤリタイ。ヤリタイ。ヤリタイ。

ナマエなんてドウデモ、エエがな。

やって気持ちよけりゃ、なんでもエエがな。

メイプルぶろぐ106a

そんなわけで、チャッチャと作ります。

勿論、お名前も適当です。前回記事に書いたとおり…

 10/21 レジェンドアップデート!!プレイヤーを生かさず殺さず、上手にイカセマス。


インスピレーションといいますか…

「メルセデスって言ったら…!?」と私の偏見で凝り固まった合コン定番の『山手線ゲーム(古今東西)』を一人でやるわけだが…


「メルセデスって言ったら…?」


パンパン(←拍手の音のアレね。)


「上品♪ ヾ(*´∀`*)ノ」


パンパン(←拍手の音のアレね。)


「お嬢様っ♪ ヾ(*´∀`*)ノ」


パンパン(←拍手の音のアレね。くどい?笑)


「お金持ちっ♪ ヾ(*´∀`*)ノ」


パンパン(←アレね。アレ。)


「かわいっ♪ ヾ(*´∀`*)ノ」








という悲しい一人古今東西、脳内変換で盛り上がったあとは、さらにこれらを合体させた…


「上品でお金持で、かわいいお嬢様」的なナマエを付ければ良いのだっ!のだっ!


そして私の頭のなかで変換すると…



なぜか…



どういうわけか…



「お茶の水大学の女子大生」しか思い浮かばないのだっ!のだっ!ヾ(*´∀`*)ノ
女子大生

いや…別にいまのお茶の水大学の女子大生がどうなのかは知らないけれども…。

ただただ…私の中では…。青学だとかよりも、昔から「お茶の水大学はお嬢様しかいないんだ((o(´∀`)o))」、「一度入ってみたいなあ((o(´∀`)o))」、「見下されたいなあ((o(´∀`)o))」でして。

そういうわけでして…?(どういうわけでしょう?)

無事にメルセデスという単語が…


メルセデス→「変換」→お茶の水大学女子大生


なんということでしょう( ´∀`)σ あのどうもヨーロピアンな響きで近寄りがたかったメルセデスという響きは消え、「女子大生」なんて素敵な響きに。

そして、そこにはキラリと光る匠の技。

「お茶の水大学」と、形容詞付きです。お茶の水大学という形容詞です。「可愛い」、「綺麗」だとかに匹敵するプラスなイメージの形容詞です。


あとは簡単。

わたしのナマエと合体させるだけ。接合させるだけ。1つにするだけ。


ん…ドレドレ…

うわー、綺麗だねぇ…ムフフ…

あぁ、でもちょっとキツイかな…

なかなか入らないや…

ちょっと滑りを良くしてみよっか…待っててね…


うん、うん。いいねぇ…。

そうそう、力抜いて。あんまりリキまないでね。


痛くない。痛くない。

そのうち大丈夫になるからね。









変な想像しちゃ駄目だゾ。








そんなこんなで。

名前もスタイリッシュに決まりました。


そして名前も決まりいよいよ「冒険だぁ」なんて思っていると性別が選べるではないですか…。

えぇぇぇぇぇええ(´;ω;`)

男のIDで作っておけばよかったなぁと後悔。(「精霊」とか高いですし…)

しかし…「純正なネカマ」を作るには…(純正?)やっぱり♀のキャラクターで♀を選ぶに越したことはないのだっ!のだっ!

むしろ、女子大生を操ってる気分で燃えるのだっ!のだっ!



そうして、やっとこさ。メイプルワールドへ。


おかしな話で、こんなに書いてきたのに…わたくしまだプレイした内容など一切触れておりません。笑

開始早々、またもオープニングムービーを見せられる。

しかし、今までの私はクッリクでも連打して飛ばしていただろうが…今回の「お茶の水大学女大大生」を分身を操る私はひと味違う。

目の前にいる「お茶の水大学女大大生」の分身のキャラクターにわたしのアイデンティティーを乗せるのである。

オープニングムービーからじっくりとなめ回すように拝見し、体も心も1つになるのだっ!のだっ!


そうして…いろいろ…いろいろ…暗黒の魔法使いのあーだこーだやエルフのあーだこーだを聞きつつ…

やっと自由にヾ(*´∀`*)ノ

メイプルぶろぐ107


正直、初期設定の「目」が嫌いである。

わざとSSのほうは笑ってあるのにしたのだが…わたしには少し生理的に無理。スットプ、お断り。

というわけで、恐らくレーシック手術を受けてもらうことになりそうだ。

え?

視力じゃない?

そうそう、だからいずれ二重まぶたを作ってもらうことにする。

「千茶ノ水」…自分でもなんて読んでいいのかわからない。笑

痛がるところに無理やり繋がってしまったために…こんな…(ノД`)でも俺悪くないもん。

…ちちゃのみず?…せんちゃのみず…?

ちちゃのみず のほうが可愛いな。


まぁ、そんなことはどうでもよくて、

メルセデス代わりまして、「お茶の水大学女子大生」の"ちちゃさん"に起こった事実を大雑把にでも把握しておく必要がある。

なんせ、これから一緒に冒険するのだからっヾ(*´∀`*)ノ


というわけで。

見逃したキミのために!ていうか飛ばして話し全然読めなくなったあなたのために!

わたくしことが軽く、この一般にメルセデスと呼ばれている職業に用意されたあらすじを説明しよう。


説明しようっ!

時は200X年。
世界は核の炎に包まれた。
人々から秩序は消え、暴力だけが支配する世の中になったのだ!

ゆーあ しょっくっ

おれのこころーはやくなるー






すまない。真面目にやる。





時代はいまのメイプルワールドの100年前から、お話は始まる。

平和だったメイプルワールド。

しかし、ある日"暗黒の魔法使い"がメイプルワールドを支配しようとメイプルワールドを攻撃してきたのだ。

そこで立ち上がったのが、後に"英雄"と呼ばれる彼、彼女。

その中には、メルセデスもエルフの王として、また最高の実力者として暗黒の魔法使いに他の英雄たちと立ち向かうのである。

英雄たちは苦戦を強いられながらも暗黒の魔法使いを封印することに成功する。

しかし、暗黒の魔法使いも黙ってやられるほど、優しくない。

メルセデスに始まり、他の英雄たちにも暗黒の魔法使いは"呪い"を掛けたのだ。


メルセデスは氷漬けの呪いを掛けられてしまう。

そして、それはエルフの村が氷漬けになってしまうことと同値なのである。

なぜならエルフの王とエルフの村は運命共同体なのだから。


やがて村全体が氷漬けになっていく。

そうしてエルフの村は静かな眠りに就くのである…。


それから100年後。


彼女を覆っていた氷に亀裂が走る。

彼女は再び、メイプルワールドの世界に目覚めたのであった。

彼女の運命やいかに。村を救うために彼女の取った行動は。

そして再びメイプルワールドの支配を企む暗黒の魔法使いに彼女はどう挑むのか。

メイプルぶろぐ109A








こんな感じだった気がする。

正直、私もほとんど読んでいないので細かいところまで把握はしていないのだが。


そして、やっぱり私はここでもいいように、この開発側が一生懸命に作ったストーリーを現代版に「変換」してみたいと思う。








時は平成。

わたしの名前はちちゃ。

毎日、毎日、社会に潜む闇と戦う女学生だ。

しかし、1年前に起こったある事件により彼女の周りは一変する。


現代社会という巨大な敵が繰り出した、セカンドインパクト…


そう「受験戦争」


それまで、もともとお金持ちであった彼女は優雅な暮らしをしていたがこの間、実施された模試の結果がお父さまにバレてしまった。

そしてお父様は私にこう言った。


「一年間、お前を勉強のなかに氷漬けにする。天下のお嬢様大学、"お茶の水大学"に入るまでお前に優雅な生活はない!」


(・(ェ)・)…くまー。


3時のティータイムも、夕飯のあとのティータイムも。

綺麗なお洋服も…。パーティーにも…。

私の周りの全ては氷漬けになってしまったのだ。

そしてそのことは私が氷漬けになることと同値。

だって、私から優雅な暮らしを引いたら何も残らないんですもの。


そして私は氷った。カッチカチに。

しかし、もともと小さい頃から英才教育を受けていた私にとって見れば数学など数遊び。

英語など、沖縄の方言のほうが難しく聞こえるほど簡単だ。


一年が経った。

私はやっと氷漬けから解放されたのだ。

そして晴れて私は「お茶の水大学女子大生」となったのだ!


しかし、一年間のブランクは大きい。

もともと優雅な生活レベル200が10レベルまで落ちてしまったのだから。


彼女の運命やいかに。

彼女に待ち受けるキャンパスライフとは!?

そして、彼女は果たして管理人の望む女子大生になれるのか。











いいっ

本家にも劣らない。笑

まさにお嬢様の苦悩と葛藤をこれからまさに描いて行けそうな…予感。

メイプルぶろぐ110A


しかし。

もう一回繰り返すが。

ここまでズラーッと長ったらしく書いてきたが、まだ"ログインしただけ"である。

ここまでくると、低燃費なのか高燃費なのか解らない。笑


そうこう言っているうちに、そろそろ私の体力の限界が。

もう書けない。と。


というわけで、この「お茶の水大学女子大生ちちゃさん」はまた次回ということで。









ちょっとお話が変わるのですが。

メイプルストーリーのタイアップイベント。

今回はなんと「魔法少女まどか☆マギカ」というアニメとコラボすることになるらしい。

10月26日水曜日から、「ヘアクーポン」、「アバターランダムボックス」、「ペット」等がタイアップ商品として実装されるわけである。

魔法少女まどか☆マギカ

私は如何せん、ライトノベルなんてものを読まないので、当然深夜アニメで話題になっていたの知っていたが興味が沸かなかった。

しかし、今回。

メイプルストーリーとタイアップすると聞いて驚きである。

正直、意味が分からなかった。

確かにローソンだとかでタイアップしてたのも知ってる。しかしだよ、ワトソンくん…。

ローソンなんかはまだいいよ。


しかしメイプルストーリーってユーザーの半数は中学生だったり、高校生でしょう?

それに対して、「魔法少女まどか☆マギカ」のファンだったりしたのは"大きなお友達"でしょ?笑


一体全体、何を考えているのだろうと。

しかし、調べてみるとかなりのアニメらしい。

「かなり」というのも実際見ているわけではないのでなんとも言えないのだが…ポップな絵とは裏腹に重い作品になっているらしい。

なんでも放送当初は画像から見て取れるような明るい「魔法少女」っていうものだったらしいのだが。

回を重ねるごとに魔法少女となった彼女たちに待ち受ける過酷な運命に苦しんでいく展開を見せ始め…。


と言った具合に(?)、語るには大分長くなりそうなのである。

私も時間が出来たら一度、観てみようかなと思ったのだが…うーむ。どうしようか。


実際、この「魔法少女まどか☆マギカ」のDVDはいままでのアニメDVD史上、最大の売れだったらしい。

テレビの最終回の放送もかなり話題を呼んだとか。


で、だ。

おそらく、メイプルストーリー内にも熱狂的なファンはおそらくいる。

いや、いる。

そして無期限アバター等、メチャクチャ売れそうである。

それはつまり何も意味するのか…。

もちろん、ネクソンの利益的なアレもあるかもしれないが、これは魔法少女になんの未練もないプレイヤーに撮ってみればチャンスかもしれない。

なぜならメイプルストーリー内にいる熱狂的なファンは、きっと無期限アバターを望む。喉から手が出るほど望む。ほしい。ほしい。と。

そしてこのタイアップが終わった時、イベントに何らかの事情で参加できなかったファンに、高額な値段で売ればいいのである。

もちろん、我々魔法少女に執着がないプレイヤーがアバターランダムボックスを買って、無期限アバターを当てないといけないのだが。

しかし…。

元は取れそうな気がする…。


だが、しかし。まだ逆説は続く。


ここは、オンラインゲームの天下を取ったネクソンのやることだ。

きっとアバターランダムボックスがバカ売れするのを見越して…無期限アバターが出る確率を△○×□なんてことしないとも言い切れない。


1個190ポイント。

10個で大体2000ポイント。

20個で4000ポイント。

何個無期限出るかなあ…。

ちょっと久しぶりにポイント使おうかしら。


10月26日が勝負の日である。

いくら課金しよう…メルセデスの「目」は整形しておきたいし…髪型も見るに耐えないヘアースタイルだし…

でも無期限アバターがどれくらいでるのか調査もしてみたい。

予想としては、10個買って1個くらいでるんじゃないかな。とか思っているのだが…。

10分の1?10%? うーん。


次回のメイプルストーリー関連記事の更新は10月26日以降ということで。


いい結果が報告できるといいですなぁ。



それでは、また。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/22 14:00 ] メイプル成長記録 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。