スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パス抜き。今一度考え直すべきこと。

こんにちは。

今日はメイプルストーリーの話題を。

大型アップデートである"ルネサンス アップデート"を2日後に控えているネクソン オンラインゲーム メイプルストーリー。

しかし…

ここにきて盛り上がりを見せているものの、陽と陰といわけではないですが、

影の部分が大分、大きくなっている模様。


私の周りでは最近は聞かなくなったものの、ブログを初めてからというものの情報を受け取るし、受け取りに行くし、

今回はそれがよかったのか悪かったのか。

現在、いや昔から行われていましたが、

"パス抜き"いわゆる、"アカウントハック"が多発してます。

"不正アクセス行為"ともいうようですが、最早"パス抜き"という単語でオンラインゲームでは定着しているようです。

このパス抜きといわれるものですが、私が遊んでいるメイプルストーリーに限らず、他のオンラインゲームでも被害は出ている模様。

ここ最近、オンラインゲーム業界が波に乗っている中こういった犯罪が横行するもの時間の問題だったにせよ、何しろ、現状は「ひどすぎる」としか言い用がない状態。

株式会社ネクソンのオンラインゲームの被害は他の会社よりも大手だけあるせいか、被害が尋常ではない。

それに加えて、ユーザーのセキュリティには限界があるにも関わらず、

ネクソンポイント(現金より変換可能でゲーム内ポイントアイテム等を買う際に使用する。ウェブマネーのようなもの。"現金"に等しいものの、使用用途がネクソンが提供するサービス内のみ。)の管理体制や、パス抜き等のアカウントハックによる保証もほとんどできていない。

ここでネクソンの管理体制を非難しても恐らく何も変わらないのだが、

オンラインゲームをプレイしている人には知っておいてもらいたいこともあるから私は今日記事にすることにした。

メイプル月灯物語12


被害に遭われた方は「まさか自分が…」と口にすることも。

私が遊んでいるメイプルストーリーでの今までの対策など過去色々あり対策しているにも関わらず、パス抜きをされてしまったという人もいるようです。

確かに今までは、「パスワードをこまめに変更する。」、「ポイントショップ、トレードシステムなどポイントを扱う所に頻繁に入らない」等々。

さらには専門的なことになると、

•安易にURLをクリックしない。
 →中国系ドメイン.cnや、.exeが混じるURLでないかを確認する。

•Wikiのリンク先は改ざんされやすいので、リンク先が「同一ドメイン下か」を確認する。
 →罠サイトへのリンクに張り替えられている可能性がある。

•「Windows update」で常にWindowsを最新の状態を保っておく。
 →罠はセキュリティーホールを突いてきます。

•ウィルススキャンソフトをインストールし、常に最新の状態を保っておく。
 →ウィルスだけでなく、ファイアーウォールまで付いている総合ソフトを選ぶと良い。

•スパイウェアスキャンソフトをインストールしておく。
 →SpyBotと言うフリーソフトが有名。

•そもそも、ゲームをやるパソコンではインターネットを見ないようにする。
 →これが究極の方法。Windowsを最新版にして、ウィルスソフトをインストールしておけば盤石!

など、極論まで入った対策方法もある。

今回、パス抜きの被害に遭われた方は、どこまで対策されていたのかは定かではないですが、正直ユーザーもここまで対策に手がまわらないのも事実。

そもそも、サービスを提供する側が安々とユーザーのパスワードを流出させてしまうようなプログラムである会社側の責任でもある。

しかし、それを議論するには、パス抜き、アカウントハックの方法を細かく見ていく必要もある。

なぜなら、現在のアカウントハックには多種多様な方法があるのだが、今回問題になっているのが"無差別的に不正利用者がコンピューターを通してアカウントハックを行っている"らしいからである。


「え?じゃぁ、私たちって明日は我が身ってこと?」

「無差別で強制的に抜かれるなんて意味分かんないよ。」

って言う方も多いはず。いや、私だって実際そうなのである。正直、開き直っているところもあるのだが。

幸運(決してそう呼べるものではないのだが。)なのかもしれないが、今回メイプルストーリーで無差別的にアカウントハックの被害に遭われた方は、装備やアイテムではなくて、

"ネクソンポイント"のみを盗まれてしまったようです。

いや、語弊がある。

ネクソンポイントと、パスワードを盗まれてしまったことになる。

私には、パスワードが盗まれるということは、ネクソンが個人情報を流していることに等しいんじゃないかなんて思ってしまう。






そして、私は今一度今回の件を受け、ネクソンの利用規約たるものを読んでみた。

私は昔、友達からアカウントハックに遭ったら泣き寝入りだよって聞いたことがある。

そして今回自分で調べてみてもあれから2年ほど経つもののネクソンの対応は変わっていないようです。

規約にはこんな一文がある。



利用規約 第7条(会員ID)

5. 会員の責に帰すべき事由の有無を問わず、会員IDおよび会員パスワードを使用して第三者が本サービスを利用した場合においても、当該本サービスの利用は会員によってなされたものとみなし、会員は一切の債務を負担するものとします。



簡単に要約するならば、あなた以外の人が勝手にあなたのIDでゲームにログインして何したって、私たち(ネクソン)は責任なんて負わないよ。

っていうこと。

さらに、極めつけにもう一文続けざまにこんなことまで。



利用規約 第7条

6. 会員の責に帰すべき事由の有無を問わず、会員IDおよび会員パスワードの不正使用による会員の不利益および損害について、当社は何等の責任も負わないものとします。



もうユーザーのサポートを放棄するよって言っているような条文。

この条文に関しても、過去より多くの方が警鐘を鳴らすもやはり…といった具合。

勿論、私のブログでこういったことをして時が経てば風化してしまう。

ただ、いま見ている人には伝えたい。その一心と、"変わってくれたらいいな"という思いで書いているのも事実。


ネクソンのオンラインゲームをやる上では、この「利用規約」こそが「ルール」となる。

実際に存在する「法」とはまた全然異なるものなのだが、ネクソンのオンラインゲーム上ではこの「利用規約」こそが絶対なのだ。


じゃぁ、我々はどうすればいいのか。

手の出しようがないじゃないか。

被害に遭われた方の体験談など読ませていただいても、ネクソンに被害のメール、及び補償についてのメールを送っても、

メール自体返ってこないのがほとんどであり、万が一返ってきても補償については一切なされることはない。

またそういった被害に遭われた方は「警察」へ向かうという選択肢もあるようだ。

詳しくはこちらを。パス抜きをされないために・もしされてしまったら 

実際に被害に遭われた方が、自分たちのような人を出さないようにとセキュリティの大切さを心から訴えているブログです。


ノートパソコン

ネットワークという便利なシステムが私たちのすぐ近くに存在するようになってから、

それだけ犯罪というものも我々の近くに存在することになる。

インターネットを通じて、外の世界と繋がるとはそういう事なのかもしれない。

インターネットは多くの人間がいる。そのなかで多種多様な価値観があり、勿論その中には我々には到底理解出来ない様なところに価値を置く人間もいる。


残念ながら私にはこれといった対策を皆さんに教えることもできない。

別に意地悪で教えないわけではないのは理解していただきたいのだが、私だって知りたいくらいである。


ただ私にも言えることは、結局自分のID、PWを守れるのは自分。

ある程度ネクソンのようなオンラインゲーム会社の管理下のもと守られているとはいえ、完全ではない。

まだ被害に遭っていない方も、いつ被害に遭うかは解らない。

けれど上記に挙げたような方法を少しでも実践するだけでも違うのではないだろうか。

極端な対策もあるものの、それくらいやらなければ、穴あきの運営会社の管理下のもとでは不完全ということ。








事態は急務である と昔から騒がれているものの対策を運営会社が行おうとはしない。

この事は最早、オンラインゲームをプレイするユーザーには当たり前になっている今日。

アカウントハックは"犯罪"。

アカウントハックをさてれて多大な被害を被った方達のブログを見させてもらいましたが、犯人は未成年。つい出来心で。といったケースも。


今回のケースはよくわかっていないのではっきりとは書けないのですが、

なんども言うようでクドイですが、"今一度、出来る範囲で対策をしていただきたい。"

そして、オンラインゲームの世界には、"未だにこういった闇(犯罪)と隣合わせ"であることを肝に銘じて欲しい。

また、出来ればでいい。

こういった、私のようなブログでも記事として取り上げていくことが何かアカウントハックに対するユーザーへの警鐘を鳴らすことにも繋がるので、

ぜひ、ブログ、サイトをお持ちの方は呼びかけてもらいたい。



この件につきまして情報等お持ちの方がいればぜひ教えていただきたい。

また、ブログなどのコメントにあるURL等から別サイトへ飛ぶ場合は、その先をご確認の上飛んでください。

当ブログでは、一応コメントに禁止ワード等設けておりますが十分ではない点もあるかと思います。




まだまだ発展途上のオンラインゲームが良い方向へと向かっていくことを切に願いながら。


それでは、また。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/11 13:00 ] メイプル成長記録 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。