スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

物理編 第2講 立てれるフラグは自分で立てろ

こんばんは。


この記事は、ちょっと他の記事に比べたら




かなり、くだらない。



また前置きが長くなると、最後グダグダになるので…。



前回の、「自然科学を学ぶ-物理編」の「韓国ドラマで初恋を思い出す」の


続きの第2講ということで。



※この記事に掲載されている事は管理人が
 
面白半分に書いたものであり、実際の事実及びその他もろもろとは

絶対に一緒にしないでください。


それでは、開講!






こんにちは!


前回までの復習をしてみよう。



なにをやっていたかというと…



現代の男女の年頃盛んな1組の動物が言う言葉に


『運命』という非科学的なものがある。


運命とはなんなのか。

ブログネタ 運命の赤い糸



そう。その運命について考えていたのである。


なんども悪いのだが原点回帰しておくと(また違った目線で)


運命を辞書なんかで引くと、


「人間の意志にかかわりなく、身の上にめぐって来る吉凶禍福。」


そして、そんな運命というものから


『運命論』なんてものが叫ばれるようになった。


もう言わなくてもわかるとおもう。


運命論者が言うには、


「この世の人事、現象の進行は、すべてあらかじめ定められた運命によって支配されている。人間はこの運命を変えることに対しては無力。」


そして、最後にこう言います。


「その運命を乗り越えようと、ロマンティックな英雄主義に通づる。」




これ何が言いたいかって?


聞きたいのか?







『おまいらの未来なんか決まってるんだよ』




『良かろうが悪かろうが変えれねーよ』




『彼女できないのもあらかじめ決まってたんだよ』



ブログネタ 金八先生




『そーいうやつって、大抵、妄想に走るんだよ。』




簡単に言うとこんな感じ。


もうね、運命論者は非リア充にとっては敵以外の何者でもないです。


しかーし!


ここでそんな奴らの唱えてることを


受け入れるのは、「真の負け組」に成り下がるのに他ない。


いいか、諦めるな!


理想は高く!遠く!ちょっとくらいムリかなっていうくらいがちょうどいい。


運命なんて言葉で片付けられちゃ、


スポーツマンは


「どーすんだあああああああ!」
ブログネタ 室伏広治









さて、前回、この地球を取り巻く自然界の力は


大きく4つに還元するといいました。


なんでしたっけ?


覚えてますよね。そうです。


万有引力・電磁相互作用・強い相互作用・弱い相互作用


この4つです。



運命なんてものは所詮、地球があって自然があって生命があって


そこに成り立つものだと思う。
ブログネタ 銀河


つまり土台は、大宇宙の法則にのっとっている可能性が大いにありうる


むしろもっと限定できて、この自然界の中に存在しているものとしてもいいはずだ。



じゃあ、運命という未知、眼に見えない力は


この4つの力の中に隠れているのではないか。


うん。そうだ。


そして、ここでこの4つの力はなんと


2つに分類というか、


今現在、この4つの力を科学者たちはまとめようと日々頭を捻らせているのだが


すでに3つが統合されているではないか。


ちょっと説明すると…


この4つの力は宇宙誕生の初期には一つに統一されていて、次々に分離してきたと考えられている。


まず重力が先に離れていったらしい。


次に原子核を固めている強い力(核力)が分離、


最後の電磁力と弱い力が分離してったんだってさ。


っていうのを扱うのが『量子論』!!かっこいいね。


湯川秀樹とかね!


で、だ。


「電弱統一理論」があって、「大統一理論」の確率が期待されてるんだって。


これは粒子によって組み立てられている理論で、


残念ながら、重力にはグラビドンっていう粒子があるって考えられているだけで


確認されていないのです。


つまり、電磁力・核力(強)・核力(弱)は統一しかかっている。


けれども、重力(ここでは万有引力)はまだ統一しきれていない。



(※もっと知りたい人へ:ここで全く別の考え方で4つの力を統一しようする研究が行われているのだ!それは「超弦理論」(スーパー・ストリング理論)で、物質の最小構成要素は素粒子ではなく、振動する短いひもであるとし、「弦;ひも」といっても、その長さは10のマイナス35乗センチメートルで、宇宙は10次元時空をもち、われわれが目にする3次元と時間の1次元以外の次元は、ビッグバン以降成長することなく、「超弦」の中に閉じこめられているとされています。まだ確率はされていないものの、ブランク時間とかが説明できるようになって、期待されている理論の一つ。かっこいいなあ。)






ん?


万有引力?コイツはまだ統一からはずれてるのか。


ん?…怪しい。


ひょっとしてこの万有引力っていうのが


運命という力の正体…?


ブログネタ 男と女


たしかに、このあらゆる物体に引力が働くとすれば


こう、ギュッとまでいかなくとも


ピタッくらいにはなるんじゃないか。


そうか。それがみんなが言う、「赤い糸」なんだな。



よーし、万有引力だ!


こいつを調べてみようじゃないか!!!



さ、勉強が嫌いになるのかならないかはここが大きな分かれ道。



諸君!もう今回は時間切れだが…


次回は、













紙とエンピツを用意しとけ
ブログネタ 万有引力





みんなが幸せになれますように。笑




またね

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/04 05:20 ] 自然科学を学ぶ | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。