スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

物理編 第3講 大切なのは君と正面から向き合うこと。

こんにちは。

いよいよGWです。前回の記事でも書きましたが今回のGW、私は…ふふふ。

そんな今日は、更新が凍結していた、物理編の記事を久しぶりに書いてみよう。





第1講 物理 運命編 韓国ドラマで初恋を思い出す

第2講 物理 運命編2 立てれるフラグは自分で立てろ




何か物が落ちるとき、ボールが飛んでいくとき、車が動いているとき…この世のあらゆる物体の動き、変化は物理という学問が支配している。

驚くべきところが、このような物体の運動のほとんどは中世ヨーロッパの時代には説明ができるくらいに出来上がっていた。

数学者、物理学者、天文学者、彼の研究は多岐に渡り、王立協会…そうローヤル・ソサイエティの会長を務め、力学の体系を確立し近代精密科学の祖と言われた、彼の名は

ニュートン

言わずと知れた超有名な科学者である。

しかし、そんな彼でも…解決できないことはあった。いや、現代の学問でも未だに紐解くことはできていない。

運命である。
ブログネタ 運命の赤い糸


『心理学』という学問がある。字のとおり、人間の心について扱う学問である。恋に落ちるのは心理学で説明できるんじゃないか。

残念ながら、この心理学をもってしてでも運命については議論できない。勿論、何故男女が恋に落ちるのかはわかるかもしれない。

が。恋に落ちるには、『運命』という、必然か偶然かわからない前提なようなものが必要であると考える。

解りやすく言おう、私と新垣結衣が恋人同士になるには、かなり運が良くないといけないかもしれない。
どうすれば私は新垣結衣と恋人になれるのか。一応ここでは純愛をするということをベースに置いてみよう。

①出会いが必要。
②恋に発展させるまでのプロセスを踏まないといけない。
③晴れて気持ちが通じ合い恋人となる。

大まかに、いや無理やり3つに分けてみた。そう心理学は③を専ら守備範囲にしている。

「一目惚れ」,「女の心理」,etc…こんな具合に①、②をすっ飛ばして③、または③以降を語るのが心理学。

そしてここで私が『運命』と呼ぶのはこの①~③、つまり0から始まって③に終着するまでを運命と呼ぶ。

以上を踏まえ、1講、2講を復習してみて欲しい。





どうだろう、諸君。

2講で運命論者について触れた。あらゆる事象は運命論に従うと結果は見えているそうです。

私がこれから誰と恋に落ちて行くのか。さらに恋の行く末も。

そう、この「運命」というものを操れればいつでも、どこでも、誰とでも、ヤ・レ・ッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

コホン。だからその「運命」を操るにはその正体を知らなければならない。

運命とはなんなのか。

しかし、「運命」という漠然としているものを私がここで余暇の時間を使って解明できるほど単純ではない。そんな単純なものだったら今頃地球で戦争は起こっていない。笑

だからここでは、『男女が出会い、恋に落ちていくまで』これを運命とした。

しっくりこないが、こうすればしっくりくる。

恋愛においての運命とは『男女が出会い、恋に落ちる』。




これから解明していこうとしている「運命」の定義を若干無理やり植えたところでいよいよ本題に入ってみたいと思う。

第2講では、「運命」という人間が勝手に想像し創りだしたものは、自然法則に当てはまっている人間が創りだしたのだから、「運命」も自然法則に従っているのが妥当ではないか。と仮定した。

だから、自然界に存在する4つの力を挙げた。

万有引力・電磁相互作用・強い相互作用・弱い相互作用。この中に「運命」を解き明かす力があるのではないかと考えていたのである。

そして、力の統一の話を少し摘まんで、万有引力だけは統一されていないことに目をつけた。

ブログネタ 万有引力
万有引力

2物体間には常に、それらの質量の積に比例し、距離の2乗に反比例するという引力がはたらく。
F=Gmm'/r^2

この万有引力の法則を発見したのが冒頭で触れた、ニュートン。この法則は彼の3大発見の1つ。光のスペクトル、微積分、そして万有引力。

ではこの万有引力の公式の解説していこう。
単位はMKS単位系に従っている。(補足:kg^2はkgの二乗という意味。)

Fは力、つまり引力の大きさ。単位はN(ニュートン)
Gは万有引力定数。これは物体の種類に無関係な普遍定数。単位は、N・m^2/kg^2
m。言わずと知れた、質量を表す。単位はkg(キログラム)
rは2物体間の距離を表す。単位はm(メートル)

まあ、こんな小さいことは気にせずに見ていこう。

繰り返して言う。2物体間には必ずこの万有引力が働いている。どんな物体にも。

そう。人間と人間の間にも。

では実際に値を代入してみよう。

A君とB子さんがいるとしよう。
A君の体重は60㎏。B子さんは40㎏。
二人は1mの距離にいる。

日常の中でもよく見られる光景である。学校、会社、はたまた道端。人と人とが1mの距離をとるというのは難しいことじゃない。では実際どのくらいの力が働いているのか。

A君とB子さんの2人の体重の積(掛け算)を計算してみる、mm'=60×40=2400(kg^2)
距離r=1(m)であるから…

よって、F=G×2400(kg^2/m^2)。

ここで気になることがある。定数Gに与えられている値である。ただもう諸君はこのGという値がどんな値かは予想できるはずである。

極端に小さいのか、それとも大きいのか。

答えは前者の極端に小さいである。もし大きければ、この二人にはたらく引力の大きさは大きくなり、引き合うはずである。磁石のように。
男と女

ちなみに、あまり聞きたくもない定数Gの大きさは

G=6,67×10^-11 (N・m^2/kg^2)

見間違いじゃないぞ、6,67×10のマイナス 11乗だ。

小数点の計算を渋っている諸君らの代わりにやってあげよう

G=6,67×0,0000000001=0,00000000667

…ここまで来ると小さすぎて意味が分からない。

そして先程の方程式に代入。するとFの値が出てくる。

F=0,00000000667×2400≒0,000001584(N)

…考えたくもないが考えよう。この2人にはたらく鼻くそみたいな引力を。

そもそもN(ニュートン)とはどんな単位か。

質量1kgの物体に働いていて1m毎秒毎秒(m/s^2)の加速度を与える力の大きさ。のこと。

嫌いな人はチンプンカンプンのはず。

いや、わからなくて当然。私もこれを聞いてイマイチぴんとこないのが事実。

では簡単に説明しよう。


重さをNで表すには、質量に、重力加速度9.8m/s² [メートル毎秒毎秒] をかけ算します。

重さ (N)=質量 (kg)×9.8 (m/s²)

地球上で質量1kgの物体の重さは、
1 (kg)×9.8 (m/s²)=9.8 (N)
となります。

つまり、1kg重=9.8N です。

これを逆算すれば、1N= (1÷9.8) kg重=0.102 (kg重)
となるので、1Nは102gの物体にはたらく重力とわかります。

ふむふむ(´・ω・`)

じゃあ、もっと簡単にするには自分の体重と合わせてみれば解るかも…

仮に体重50㎏だとしよう。50㎏=500N。つまりは、普段500Nの力で地球から引っ張られていることになるね。
でもそんな引っ張られているような感じはしない。

普段500Nでも何も感じないのに、0,000…1584Nって…

ていうか、0Nに近いです。0N。つまり何も感じないんですΣ(´∀`;)

え…

じゃあ万有引力って…なんだよ(´~`)って方がいらっしゃるとおもう。
確かにこの力は万物に働いているし、今でも頻繁(?)に使われている。

なんせこの万有引力はもともと…















惑星間の引力を知るための物だったんだから( ´ー`)

…(・.・;) 人と人に使っても答えは最初から決まっている。限り無く0に近いけど0じゃない。笑

つまりだ。長々とやってきたが

力の統一理論から確かに万有引力はまだ外れているものの、我々が知りたい「男女が引きあう(惹きあう)運命という力」ではないようだ。

ん?ちょっと待てよ…(´~`) 完璧と言われたニュートン力学。

しかし。ある一定条件下ではこのニュートン力学では説明ができないことがある。





「運命」という定義付けが極めて困難で曖昧な物…そもそもがバカげている…しかし私は1つの光を見つけた。

そう「光」を。

ニュートン力学で唯一カバーできないのが

「光速で運動する物体」について。つまりニュートン力学は完璧ではなかった。(日常物理ではニュートン力学に従う。)

そう。光速のもと…


あの理論を使うのか…いや…でも…ちょっ…























相対性理論だ
アインシュタイン


Σ(´∀`;)!?たしかに「運命」が光並に早ければ?使える理論だ。

…しかし…危険過ぎる。え?何がかって?そりゃ、上手く説明できないに決まってるだろ!!

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

E=mc^2 言わずと知れた有名な式も。まだまだ重力場も。時空の歪みも。

…。結論から言おう。




私には無理だ(ゝω・)

もはや「運命」という定義すら曖昧なものを私はどう扱えと…。

さらにそこに相対性理論が絡む?もう論文書けそうである。笑

もともとこのコンテンツの目標、いや目的はみんなに物理、自然科学に興味を持ってもらうための物。色々なことを紹介してきた。自然界の4つの力。ニュート力学、万有引力。相対論。さらにはこのあと相対性理論は2つに分岐する、一般相対性理論、特殊相対性理論。

そして量子力学にも話は進むのかもしれない。

勉強が嫌いな人はどうでもいいし、この先生きて行く上で別に気にしなくてもいいものばかり。先へ進めば進むほど複雑で難しくなっていく…。

けれど、私の好きな科学者でもある、アインシュタインも、過去の偉大な科学者たちも初めはほんのちょっとした興味から、好奇心から現在に残る物理法則を残してきたんじゃないだろうか。

別に物理に限ったことではない。

大事なのは、1つの物事に興味を持ち、それに長く深く向き合えるか。

アインシュタインはこんな風に言っている。「私は天才ではない。ただ、他の人よりも一つのことと長く付き合ってきただけ。」

「運命」。たぶん力学じゃ説明できないんじゃないだろうか。自分で書いてて恥ずかしく思う。カオス理論なんかに飛んでいきそうである。(予測できない複雑な様子を示す現象を扱う理論。)

でも私はいつかこの「運命」というものを解き明かしてみたい。それが机上の空論でも。空想でも。

最後にアインシュタインが残した言葉を贈って第3講を締めたいと思う。








『空想は、知識よりも重要である。知識には限界があるが、空想は世界すら包み込む』
アインシュタイン


それでは、また。





ランキング参加中
メイプル・攻略ブログ押すと頭が良くなるかも。




スポンサーサイト
[ 2011/04/29 12:20 ] 自然科学を学ぶ | TB(0) | CM(0)

物理編 第2講 立てれるフラグは自分で立てろ

こんばんは。


この記事は、ちょっと他の記事に比べたら




かなり、くだらない。



また前置きが長くなると、最後グダグダになるので…。



前回の、「自然科学を学ぶ-物理編」の「韓国ドラマで初恋を思い出す」の


続きの第2講ということで。



※この記事に掲載されている事は管理人が
 
面白半分に書いたものであり、実際の事実及びその他もろもろとは

絶対に一緒にしないでください。


それでは、開講!






こんにちは!


前回までの復習をしてみよう。



なにをやっていたかというと…



現代の男女の年頃盛んな1組の動物が言う言葉に


『運命』という非科学的なものがある。


運命とはなんなのか。

ブログネタ 運命の赤い糸



そう。その運命について考えていたのである。


なんども悪いのだが原点回帰しておくと(また違った目線で)


運命を辞書なんかで引くと、


「人間の意志にかかわりなく、身の上にめぐって来る吉凶禍福。」


そして、そんな運命というものから


『運命論』なんてものが叫ばれるようになった。


もう言わなくてもわかるとおもう。


運命論者が言うには、


「この世の人事、現象の進行は、すべてあらかじめ定められた運命によって支配されている。人間はこの運命を変えることに対しては無力。」


そして、最後にこう言います。


「その運命を乗り越えようと、ロマンティックな英雄主義に通づる。」




これ何が言いたいかって?


聞きたいのか?







『おまいらの未来なんか決まってるんだよ』




『良かろうが悪かろうが変えれねーよ』




『彼女できないのもあらかじめ決まってたんだよ』



ブログネタ 金八先生




『そーいうやつって、大抵、妄想に走るんだよ。』




簡単に言うとこんな感じ。


もうね、運命論者は非リア充にとっては敵以外の何者でもないです。


しかーし!


ここでそんな奴らの唱えてることを


受け入れるのは、「真の負け組」に成り下がるのに他ない。


いいか、諦めるな!


理想は高く!遠く!ちょっとくらいムリかなっていうくらいがちょうどいい。


運命なんて言葉で片付けられちゃ、


スポーツマンは


「どーすんだあああああああ!」
ブログネタ 室伏広治









さて、前回、この地球を取り巻く自然界の力は


大きく4つに還元するといいました。


なんでしたっけ?


覚えてますよね。そうです。


万有引力・電磁相互作用・強い相互作用・弱い相互作用


この4つです。



運命なんてものは所詮、地球があって自然があって生命があって


そこに成り立つものだと思う。
ブログネタ 銀河


つまり土台は、大宇宙の法則にのっとっている可能性が大いにありうる


むしろもっと限定できて、この自然界の中に存在しているものとしてもいいはずだ。



じゃあ、運命という未知、眼に見えない力は


この4つの力の中に隠れているのではないか。


うん。そうだ。


そして、ここでこの4つの力はなんと


2つに分類というか、


今現在、この4つの力を科学者たちはまとめようと日々頭を捻らせているのだが


すでに3つが統合されているではないか。


ちょっと説明すると…


この4つの力は宇宙誕生の初期には一つに統一されていて、次々に分離してきたと考えられている。


まず重力が先に離れていったらしい。


次に原子核を固めている強い力(核力)が分離、


最後の電磁力と弱い力が分離してったんだってさ。


っていうのを扱うのが『量子論』!!かっこいいね。


湯川秀樹とかね!


で、だ。


「電弱統一理論」があって、「大統一理論」の確率が期待されてるんだって。


これは粒子によって組み立てられている理論で、


残念ながら、重力にはグラビドンっていう粒子があるって考えられているだけで


確認されていないのです。


つまり、電磁力・核力(強)・核力(弱)は統一しかかっている。


けれども、重力(ここでは万有引力)はまだ統一しきれていない。



(※もっと知りたい人へ:ここで全く別の考え方で4つの力を統一しようする研究が行われているのだ!それは「超弦理論」(スーパー・ストリング理論)で、物質の最小構成要素は素粒子ではなく、振動する短いひもであるとし、「弦;ひも」といっても、その長さは10のマイナス35乗センチメートルで、宇宙は10次元時空をもち、われわれが目にする3次元と時間の1次元以外の次元は、ビッグバン以降成長することなく、「超弦」の中に閉じこめられているとされています。まだ確率はされていないものの、ブランク時間とかが説明できるようになって、期待されている理論の一つ。かっこいいなあ。)






ん?


万有引力?コイツはまだ統一からはずれてるのか。


ん?…怪しい。


ひょっとしてこの万有引力っていうのが


運命という力の正体…?


ブログネタ 男と女


たしかに、このあらゆる物体に引力が働くとすれば


こう、ギュッとまでいかなくとも


ピタッくらいにはなるんじゃないか。


そうか。それがみんなが言う、「赤い糸」なんだな。



よーし、万有引力だ!


こいつを調べてみようじゃないか!!!



さ、勉強が嫌いになるのかならないかはここが大きな分かれ道。



諸君!もう今回は時間切れだが…


次回は、













紙とエンピツを用意しとけ
ブログネタ 万有引力





みんなが幸せになれますように。笑




またね

[ 2011/04/04 05:20 ] 自然科学を学ぶ | TB(0) | CM(0)

生物編 特別講 あぁ。そこ。うん、いいの。だって、かゆいから

こんにちは!


最近は暖かいけど、花粉がひどいですね。。


目はかゆいし、くしゃみは出るし…。いいことないです。


ブログネタ スギ花粉


憎いです。スギ花粉…。


しかし、憎む前になぜ、こーなったのか


こういう事態が引き起こった原因を知る必要がありそうだ。


スギ花粉症の原因…昔々のことじゃった


第二次世界大戦後、日本は復興、都市開発のために木材の需要が急速に高まった。


一方で国内木材の供給量は不足気味で、林業の拡大と造林は当時の日本において急務であった。


このため農林水産省は戦後に拡大造林政策を行い、その一環として各地にスギやヒノキなど


成長が早くて、建材としての価値が高い樹木の植林、代替植樹が始まった。





もうおわかりだろうが…木が足りなくてボンボン植えたら、スギ花粉が増えたっていうだけの話なのだ。



ブログネタ スギ花粉症




が!!   事態はそんな簡単なものではなかったのだ!!!!






スギ花粉症の原因その2…高度成長期を迎えた日本では林業が衰退。


また外国からの質が良くて安い木材の輸入により、国内の木材は需要が低迷。


大漁に植えたスギの伐採、間伐が停滞傾向になる。





そう。もうこのあとは容易に想像がつく。



管理者の高齢化、後を継ぐものがいなくなり、杉の個体数は増え、比例して花粉の舞う量が増え


花粉症患者は増加の一途をたどる。


すでに日本国民の5分の1は、花粉症と言われているらしい。





ん?なんだい?


え?まだ花粉症には原因が存在するだって?





スギ花粉症の原因その3…近現代の日本の都市化により土地が土や草原からアスファルトやコンクリートなどの


花粉が吸着・分解されにくい地盤となり、一度地面に落ちた花粉が風に乗り何度も舞い上がって再飛散するという状態が発生。


さらに、排気ガス、光化学スモッグなどを長期間吸引し続けることによってアレルギー反応は増幅。







(ヾノ・∀・`)ないない とか思ってるそこの君。






『こいつらに蝕まれればいいのに』
ブログネタ スギ花粉2



そう、このドラクエのスライムに似てるかわいいこいつが



スギ花粉である。ブログネタ ドラクエ スライム

『なんと スライムが おきあがり

きみのからだの なかに はいりたがっている かふんしょうに なりますか』
 




>はい

  いいえ
 






こんな具合である。たぶん。



ここでこんな怒りと疑問が湧いてくる。。


植えまくった農林水産省は対策はなにもしないんかい!?ヽ(`Д´#)ノ




してるんだってさ。


伐採しちゃうとか、スギの無花粉バージョンに植え替えてみるとか


検討されてるんだってよ?



でもね。












こうなるのは時間の問題
ブログネタ バイオ






「日本国民とスギ・ハザード


スイラム(スギ)が体の中に侵入した場合、24時間以内にスギ化する

これは日本池袋地下で、傘社が極秘で作り出した、「SUGI-ウイルス」

目に見えない悪魔が、命あるものを見るも無残な生ける屍へと変化させる。


ある日、研究所のメインコンピューターである、「すぎクイーン」が暴走をする。

研究所の研究員はみな、SUGI-ウイルスに感染し池袋地下はまさに地獄絵図。

そんな事態のなかで記憶を亡くした女「杉子」

救援に来た特殊部隊隊長の話によると杉子は特殊部隊の一員だったらしい。


特殊部隊の使命は暴走した、すぎクイーンを停止させること。

すぎクイーンの仕掛けたトラップにより隊員はスギ化していくが

なんとか使命を果たす彼ら。



しかし彼らはまだ気がつかない。

研究所の動力をダウンさせたことで解除されたドアロック。

開け放たれたドアから、ゆっくりと歩み出た、おぞましい者たちがいることを…。






ブログネタ バイオ アリス

杉子の運命は?

今年の春、日本中はスギ化する…。






キャーッ



最初のあいさつだけで触れるつもりが


結局記事1枚書いてしまうという。失態(ノД`)


しかし、ホント困りますよね。花粉。




最後に、東京都が今後10年でスギ花粉を2割減らすことを2006年に石原都知事が会見で述べた。











『それは、わたし、いままで花粉症じゃなかったけど、去年あるときなってから、急きょ、問題意識が。』


ブログネタ 石原都知事


              



『人間ってそんなもんだよ^^』   




ハックションっ




またね;                
[ 2011/03/23 16:46 ] 自然科学を学ぶ | TB(0) | CM(0)

物理編 第1講 韓国ドラマで初恋を思い出す

こんばんは!


新カテゴリィ!ひまだったからね。


『自然科学を学ぶ』どうよ!


これを読めば、明日から君は知的な生命体!!!


とりあえず、方針としてはだよ…。うん、そーだな。




中、高校生にも解りやすく、ブログネタ 学ラン














年齢認証サイトで楽しむかを教え



ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )






ちがう。









先生より解りやすく隣の席の女の子に科学を教えられる学力を身につけてもらいたい
ブログネタ 青春




残念ながら僕はこれができないばかりに









ロクな学生生活を送れなかった( ;∀;)







さらに残念なことに、女子禁制かもしれない。


言ってみれば、ネタバレになりかねない。


先に知ってしまうと










ドキドキしないだろう(´∀`∩)↑↑





では、開講 


キンコンカンコン





1時限目ー


『運命』ってなんだろう。


女の子がときめく言葉のひとつじゃないだろうか。うむ。


よく『運命の赤い糸』だったり、『私たちが巡り会えたのは運命』なんて耳にするが



果たしてそうだろうか。ブログネタ 運命の赤い糸


なぜ、男と女は引かれ合うのか。


運命?・・・・いやいや。そんな2文字て片付けていいのか


むしろ、そんな『運命』を超越したものを見たくはないだろうか。




しかし、男と女を、いったいどんな力が1組のカップルを生み出すのか。



ブログネタ 男と女



この力の存在を明らかしに、自由に操れたときこそ、僕らって










覚醒できるんじゃないだろうか!!!!!!!!
ブログネタ ゴジラ





では、その力がなんなのか、解明してみようじゃないか…。


そもそも、力ってなんですか?って、うむ、力を辞書で引いてみると


「物体の運動状態、あるいは形を変化させる原因」


まあ、「力」の定義の仕方は様々だが、教科書なんかじゃ、ニュートンの『プリンキピア』にしたがって



物体の運動における運動量の時間変化の変化率=『力』

なんてしている。


まあ、ぶっちゃけ意味不明だよね。笑


高校の物理じゃ、微分使っちゃいけないとか文科省の裏のルールがあるみたい?だし。



簡単に言うと、いや、教科書的に言うと、力っていうのは、


物体から物体に働いて、変形させたり、速度を変化させる働きをもつってことかな。




うん、お気づきだろうが…運命という言葉の打破に物理というモノを使って取り組んでいくことになる。



では、その力には一体どんなものがあるだろうか…。



ん?じゃあ、そこの君!


A君「念力!」


ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )シネ


でたな、クラスに必ず2,3人いるふざけた不安定な因子たち!



まあ、いい。予想済みだよ。笑えないんだよ。そんな答え…。



ふざけるなら…












竹内 力って言ってみな!!!!
ブログネタ 竹内力





ちがう。こんなことがやりたいんじゃない(ノД`)


早くしないと、授業が終わってしまう。


えー、物理的な力にはですね、


重力とか、引力とか、電気力とか、磁力とか、核力(強、弱)なんかも


でね、この自然界のすべての力はだね…4つに還元することができるのだ!!!



万有引力・電磁相互作用・強い相互作用・弱い相互作用の4つである。



そう!つまりだね。


大事なのは、相互作用!!!(2つ以上のものが互いに影響しあっている)



もう解ったね!!!


この4つのなかに、『運命』を紐解く鍵があるはーずだー!


キンコンカンコン♪






1枚の記事でまとめようと思ったのに;;;


いつもくだらない絵とか貼るから…膨れて膨れて;;


悪いクセです。。


では、第2講はまた次の機会に



またね!


[ 2011/03/23 03:58 ] 自然科学を学ぶ | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。